佐賀県

佐賀・太良町建設課長の男に有罪判決

九州朝日放送
2021年03月03日(水)17時31分

佐賀・太良町建設課長の男に有罪判決

佐賀県太良町で随意契約で発注した業務について、うその文書を作成した罪などに問われた建設課長の男に有罪判決が言い渡されました。

判決によりますと、太良町の建設課長・田﨑一朗被告(60)は2019年12月、太良町が鹿島市の木材業者に発注していた立ち木などを伐採する業務について、住民との調整や機材の調達などで作業が遅延したと偽り、不正に契約期間を延長する文書に別の職員に押印させ、うその公文書を作成するなどしました。

3日の判決公判で、今泉裕登裁判長は「犯行は公文書に対する信頼を害し、町の誤った意思決定を実現させている悪質なもの」と指摘したうえで「前科がなく事実を認めて反省の態度を示している」として懲役1年6カ月、執行猶予3年を言い渡しました。


強制性交容疑

佐賀新聞LIVE
2021年3月2日(火)12時23分

佐賀県内の少女にみだらな行為 強制性交容疑で鹿児島の刑務官逮捕 鳥栖署、2日

 会員制交流サイト(SNS)で知り合った少女が13歳未満と知りながらみだらな行為をしたとして、鳥栖署は2日、強制性交の疑いで、鹿児島県姶良郡湧水町中津川、鹿児島刑務所刑務官の男(22)を逮捕した。

 逮捕容疑は1月6日から同7日までの間、福岡市内のホテルで、13歳未満と知りながら、佐賀県内の少女にみだらな行為をした疑い。「間違いありません」と容疑を認めている。

 同署によると、2月13日、少女と祖父が2人で来署し、「孫が付き合っている男性について調べてほしい」と祖父から相談があった。男は昨年12月、SNSを通じて知り合った。少女を車で迎え、福岡市内のホテルに向かった。メッセージのやりとりで、警察官と偽っていたという。

 鹿児島刑務所によると、男は、昨年2月から同刑務所に勤務。犯行後も通常通り勤務していたといい、勤務態度も特に問題なかったという。同刑務所総務部は取材に対し「逮捕されたことは誠に遺憾。現在警察の方で捜査中の事案ではあるが、事実関係が確認でき次第、適切に対処する」としている。


自衛官を強制わいせつの疑いで逮捕

佐賀テレビ
2021年02月09日(火)12時00分

自衛官を強制わいせつの疑いで逮捕【佐賀県】

吉野ヶ里町の路上で面識がない10代の女性に馬乗りになりわいせつな行為をしたとして、警察は陸上自衛隊目達原駐屯地に所属する19歳の自衛官の男を強制わいせつの疑いで逮捕しました。

逮捕されたのは、吉野ヶ里町在住で陸上自衛隊目達原駐屯地第3対戦車ヘリコプター隊隊員の19歳の男です。神埼警察署によりますと、男は1月25日午後10時前、吉野ヶ里町の路上で、歩いていた10代の女性に馬乗りになり胸をさわるなどわいせつな行為をした疑いがもたれています。男と被害者の女性は面識はないということです。

被害者の母親が直後に通報し、警察が周辺の防犯カメラの映像などを捜査していました。警察の調べに対して男は「押し倒したり抱きついたりしたことは間違いないが、そのほかはいまは思い出せません」と供述しているということです。
第3対戦車ヘリコプター隊長土谷克弘一等陸佐は「被害に遭われた方に大変申し訳なく、心よりお詫び申し上げます。引き続き、警察の捜査に全面的に協力するとともに今後、把握した事実関係に基づき、厳正に対処します」としています。

記事検索
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ