佐賀県

巡査長が酒気帯び運転

佐賀新聞LIVE
2019年10月19日(土)10時00分

巡査長が酒気帯び運転容疑で書類送検  佐賀県警

 佐賀県警は18日、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで、県警警務部に所属する40代男性巡査長を佐賀区検に書類送検した。県警は同日付で巡査長を停職6カ月の懲戒処分にし、巡査長は依願退職した。巡査長は県中部の自宅で飲酒後、車を運転し、唐津市内で警察官に見つかったという。

 県警監察課によると、巡査長は5日昼から夜までの間、自宅で缶ビールを8~9本飲んだ。家族と口論になり、軽乗用車に乗って自宅を飛び出し、家族が通報。同日午後11時20分ごろ、唐津市の市道を走っている巡査長の車を警察官が見つけて調べたところ、巡査長から呼気1リットル中0・72ミリグラムのアルコールを検出した。「逃走や証拠隠滅の恐れはなかった」として逮捕はしなかった。

 巡査長は病気のため勤務を休みがちで今年4月から病気休暇を取得、7月以降は休職扱いで自宅療養していた。酒気帯び運転を認め、「申し訳ありませんでした」と話しているという。

 石橋憲茂首席監察官は「県民を挙げて交通事故防止対策に取り組んでいる中、警察官が酒気帯び運転したことは誠に遺憾。指導教養を徹底し、再発防止に努めていく」とコメントした。

次女殴り鼻骨骨折 自衛官逮捕

佐賀新聞LIVE
2019年10月18日(金)9時13分

目達原所属の自衛官、中2次女殴る 傷害容疑で逮捕

 佐賀県警神埼署は17日、中学生の娘を殴ってけがを負わせたとして、傷害の疑いで、父親で陸上自衛隊目達原駐屯地の九州補給処所属の1等陸曹(51)=神埼郡吉野ヶ里町立野=を逮捕した。

 逮捕容疑は16日午後9時40分ごろ、自宅で中学2年の次女に対して顔などを殴る、蹴るなどして鼻骨骨折のけがを負わせた疑い。「間違いありません」と容疑を認めている。

 神埼署によると、40代の妻が「主人を止めてください」と110番した。容疑者からは呼気1リットル中0・45ミリグラムのアルコールが検出された。仲裁に入った妻や10代の長女も打撲のけがを負ったという。動機や日常的な暴力の有無などを調べる。

 九州補給処の吉野俊二処長は「隊員が逮捕されたことは誠に遺憾。今後、把握した事実関係に基づいて厳正に対処する」としている。

警部補が盗撮

共同通信
2019年10月4日(金)20時50分

佐賀県警警部補が盗撮疑い
女性のスカート内

 佐賀県警は4日、女性のスカート内を盗撮したとして警察署地域課の30代男性警部補が熊本県迷惑行為等防止条例違反などの疑いで同県警に書類送検されたと明らかにした。佐賀県警は同日、減給10分の1(6カ月)の懲戒処分とし、警部補は依願退職した。

 佐賀県警によると、書類送検容疑は8月11日、熊本県内の高速道サービスエリア施設内で20代女性のスカートの下にスマートフォンを差し入れて撮影するなどした疑い。「これまでに50回くらいした」と話しているという。

 佐賀県警の石橋憲茂首席監察官は「警察官としてあるまじき行為。事実関係をふまえ厳正に対処した」とのコメントを出した。


記事検索
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ