大分県

建造物侵入容疑で大分市職員を逮捕

日刊スポーツ
2018年2月22日(木)20時52分

建造物侵入の疑い、大分市職員の37歳男性逮捕

 大分中央署は22日、建造物侵入の疑いで大分市役所の下水道建設課専門員、遠藤浩二容疑者(37=大分市顕徳町)を逮捕した。「女性の下着を盗む目的で入った」と話し、容疑を認めているという。

 逮捕容疑は21日午後11時50分ごろ、自分の職場がある市役所分館に侵入した疑い。当時、女性の下着数点が入ったバッグを所持しており、同署が盗まれたものかどうかなどを調べる。

 署によると、遠藤容疑者は2階の女子更衣室にいるところを警備員に見つかり、逃走した。その後、隣の建物の敷地にある植え込みの陰に座って隠れていたところを、駆け付けた警察官が発見した。

 衛藤亥太見下水道部長は記者会見で「あるまじき行為で、心からおわび申し上げる」と述べた。

臼杵津久見署の巡査部長が盗撮の疑い

OBS大分放送
2018年2月6日(火)19時15分

男性巡査部長が女性のスカートの中を盗撮か

臼杵津久見警察署の男性巡査部長が、女性のスカートの中をスマートフォンで撮影した疑いで、県警から任意で事情聴取を受けていることがわかりました。任意で事情を聴かれているのは、臼杵津久見警察署に勤務する30代の男性巡査部長です。県警によりますと、巡査部長は1月上旬、大分市内の大型商業施設で女性のスカートの中にスマートフォンを差し込んで撮影した疑いです。施設から情報提供を受けた県警が捜査したところ、防犯カメラの映像から盗撮している巡査部長の姿が確認されたということです。取り調べに対し、巡査部長は当時の状況を説明していて、県警は容疑が固まり次第、県迷惑行為防止条例違反の疑いで立件する方針です。臼杵津久見警察署の安倍雅宏副署長は「捜査中の事案であり、コメントできない」としています。

巡査長が女性の尻触り書類送検

合同新聞大分
2017年12月2日(土)06時35分

玖珠署員、女性2人の尻触る 容疑で書類送検

 玖珠署地域課の30代男性巡査長が女性の下半身を触ったなどとして県警は1日、県迷惑行為防止条例違反の疑いで、巡査長を大分区検に書類送検し、停職1カ月の懲戒処分にした。巡査長は同日付で依願退職した。県警が懲戒処分した警察官・事務職員は今年6人となり、別府署の隠しカメラ事件など不祥事が相次いだ昨年の5人を上回った。

 送検容疑は10月29日午前1時ごろ、大分市内のコンビニで、客だった県内の女子大学生(10代)と会社員女性(40代)の尻を触り、さらに会社員女性に対して店の外でスマートフォンを示し、裸の女性の画像を見せた疑い。

 女性が店員に相談し、発覚。当時、巡査長は酒を飲んでいたという。

 県警によると、巡査長は同月中旬にも県内の駐車場で、知人の20代公務員女性に裸の女性の画像を見せていた。会社員女性のときと同様、道を尋ねるふりをしてスマホの画面を示していた。調べに対し、「性的欲求を満たすためだった。被害者、県民、職場に迷惑を掛け、申し訳なく思っている」と述べたという。

 竹田津哲実玖珠署長は「誠に申し訳ない。あってはならないことで、引き続き職務倫理教養の徹底に努める」、工藤秀幸首席監察官は「被害者、県民に深くおわび申し上げる。再発防止に向けた指導を徹底し、信頼回復に努める」とコメントを出した。

 県警はカメラ撮影のできる記者会見を開かず、撮影を禁止した「記者レク」で発表した。仲井重治監察課長は「過去の事案や報道対応などから、総合的に判断した」としている。

記事検索
最新トラックバック
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
QRコード
QRコード
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ