大分県

同僚に暴行の陸士長懲戒 陸自別府駐屯地

産経新聞
2020年1月20日(月)16時02分

同僚に暴行の陸士長懲戒 陸自別府駐屯地

 陸上自衛隊別府駐屯地(大分県別府市)は20日、同僚の隊員2人に暴行を加え、うち1人にけがを負わせたとして、第41普通科連隊の男性陸士長(23)を停職3日の懲戒処分にしたと発表した。

 駐屯地によると、陸士長は平成30年8月、駐屯地から出た生活ごみの分別作業に2人が参加しなかったことに腹を立て、1人の頭を平手打ちし、もう1人にはあごに打撲と口の中を切る約1週間のけがを負わせたとしている。

 同連隊長の山田憲和1等陸佐は「誠に遺憾だ。教育指導を徹底し、厳正な規律維持と再発防止に努める」とのコメントを出した。

警部が女性記者にセクハラ

西日本新聞.
2019年12月21日(土)6時00分

警部が記者にセクハラ疑い 大分県警

 大分中央署の40代男性警部が大分市内の飲食店で、テレビ局に勤める20代女性記者の体を触ったとして、県警が調査していることが20日、関係者への取材で分かった。警部はセクハラ行為を認め、退職する意向を示しているという。県警は近く公安委員会に諮り、処分を検討する。

 捜査関係者らによると、警部は今年秋、同市内の飲食店で、別の報道機関の記者を含めて計4人で酒を飲んだ際、近くの席に座った女性記者の服の上から脚を触ったり、帰り際に抱きついたりしたという。

 女性記者から被害申告を受けたテレビ局が県警に調査を依頼した。県警監察課は「調査していることを含め何も言えない」としている。

犯人隠避の疑いで県職員を書類送検

OBS大分放送
2019年11月8日(金)23時04分

犯人隠避の疑いで県職員を書類送検

中南米生息のワニを許可なく飼育していた大阪の業者にワニを譲り渡した犯人隠避の疑いで県西部保健所の男性職員が書類送検されました。書類送検されたのは、県西部保健所衛生課に勤める男性課長補佐(49)です。男性課長補佐は去年10月、特定動物に指定されている中南米生息のワニ「メガネカイマン」3頭を大分から大阪の業者に移送する際、受け入れ先の業者が飼育の許可を持っていないことを知りながら譲り渡した疑いが持たれています。この事件では大阪の業者が10月、北米原産の魚「トロピカルガー」や東南アジアなどに生息する「アミメニシキヘビ」などを許可なく飼育していたとして動物愛護法違反の疑いで大阪府警に逮捕されています。県によりますと、男性課長補佐は、日田市にある動物取扱店の関係者からワニの引き取り先について相談を受けていたとみられています。また県の聴き取りに対し、「大阪の業者は特定動物の移動に必要な許可をもっていると認識していた」と話し、容疑を否定しています。

記事検索
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ