消防士

飲酒運転の疑い 消防士長逮捕

NHK NEWS WEB
2018年04月01日(日)11時41分

飲酒運転の疑い 消防士長逮捕

31日夜壱岐市で、市の消防本部の29歳の消防士長が酒を飲んで乗用車を運転したとして酒気帯び運転の疑いで逮捕されました。

 逮捕されたのは壱岐市消防本部の消防士長、高山学容疑者(29)です。

 警察によりますと高山消防士長は31日夜11時半ごろ、壱岐市郷ノ浦町本村触の市道で酒を飲んで乗用車を運転したとして、酒気帯び運転の疑いが持たれています。

 警察署に「高山消防士長が酒を飲んでいるのを見た。飲酒運転をしているようだ」と通報があり、取り締まりを行っていたところ、消防士長の車を見つけたため停止させて検査を行い、息から基準値を超えるアルコールが検出されたということです。

 調べに対し高山消防士長は「酒を飲んで運転したことは間違いありません」と、容疑を認めているということです。

 消防士長が酒気帯び運転の疑いで逮捕されたことについて、壱岐市消防本部はNHKの取材に対し「あってはならない行為で、市民にご迷惑をおかけしたことをおわびします。事実関係を確認したうえで対応を協議します」とコメントしています。

119番通報の情報で女性と会い、停職1か月

日テレNEWS24
2018年3月29日(木)20時26分

119番通報の情報で女性と会い、停職1か月(山形県)

山形県米沢消防署に勤務する22歳の男性職員が、119番通報で得た情報を使って、交通事故でけがをした女性と会った問題を巡り、この男性職員がきょう付けで停職1か月の懲戒処分となりました。停職1か月の懲戒処分を受けたのは、米沢消防署に勤務する  22歳の男性消防士です。置賜広域行政事務組合消防本部によりますと男性消防士は消防本部の通信指令業務に従事していたおととし10月、交通事故による119番通報で得た情報をもとに、けがをした女性と連絡をとり、会っていたものです。男性消防士は、通報があった当日に「ツイッター」を使って「けがは大丈夫か」などと      女性に連絡し、数か月後に会ったということです。その後も、「LINE」などを通じて連絡を取っていましたが、数か月後に連絡が途絶え、ことしの1月27日に女性の知人の男性から米沢消防署に通報があり発覚しました。消防本部では、全職員に対し守秘義務順守の呼びかけや教育指導を徹底し、再発防止に取り組むと話しています。

東京消防庁 6人を懲戒処分

産経ニュース
2018年3月23日(金)14時00分

詐欺未遂で逮捕の消防士など6人を懲戒処分 東京消防庁

 東京消防庁は23日、特殊詐欺の「受け子」の容疑で逮捕された男性消防士を懲戒免職にするなど、職員6人を懲戒処分にした。

 懲戒免職処分となったのは深川消防署の男性消防士(20)。男性消防士は2月2日、千葉市の70代男性から、息子の代理人を装って現金をだまし取ろうとしたとして、詐欺未遂容疑で千葉県警に現行犯逮捕されていた。「クラブで知り合った男に誘われた」などと話し、容疑を認めているという。

 また、預かった消防少年団の運営費約24万円を私的に使うなど不適切に扱ったとして、多摩消防署の男性消防司令補(42)を停職6月、JR西船橋駅構内で女性のスカート内を盗撮したとして、品川署の男性消防副士長(29)を停職1月とした。2人とも23日付で依願退職した。

 このほか、休憩中の腕相撲で部下を骨折させ、事故を隠すよう虚偽の報告をさせた目黒消防署の男性消防士長(37)など、3人を減給100分の20(1月)の処分とした。


記事検索
最新トラックバック
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
QRコード
QRコード
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ