消防士

救急車を飲酒運転

産経新聞
2019年11月13日(水)12時07分

飲酒後に救急車を運転 26歳消防士、北海道興部町

 北海道興部町の紋別地区消防組合消防署興部支署所属の男性消防士(26)が今月、飲酒後に救急車を運転していたことが13日、分かった。消防組合は男性消防士と同乗していた上司の処分を検討している。

 消防組合によると、男性消防士は非番だった5日午後10時ごろ、宿舎で350ミリリットルの発泡酒1本を飲んだ。午後10時半ごろ、町内で火災が発生、呼び出しを受けて、隣にある支署に徒歩で出勤した。救急車を運転したが、直後に応援不要との連絡があり支署に戻った。往復で計約500メートルを走行した。

 同乗した上司2人が酒の臭いに気付き問いただすと飲酒を認めたため、消防組合は6日になって道警興部署に連絡。男性消防士は「現場に行かなくてはと思い、言い出せなかった」と話しているという。同組合は「住民の信頼を失う行為でおわびする」としている。


消防士が万引き

KBC 九州朝日放送
2019年11月13日(水)09時07分

戸畑消防署員がパーカー1着万引きした疑いで逮捕

12日、北九州市のスポーツ用品店で、商品のパーカー1着を万引きしたとして、戸畑消防署の消防士の男が緊急逮捕されました。

万引きの疑いで緊急逮捕されたのは、戸畑消防署の消防士・池田智浩容疑者(34)です。

警察などによりますと、池田容疑者は10月、北九州市八幡東区のスポーツ用品店で、商品として置かれていたパーカー1着(販売価格6600円)を万引きした疑いがもたれています。

池田容疑者がパーカーを着たまま店の外に出て、車で逃走する様子を店員が発見し、警察に通報しました。

店員が車のナンバーの一部を覚えていたことや、防犯カメラの映像などから、池田容疑者が捜査線上に浮上し、逮捕に至りました。

調べに対し、池田容疑者は、「間違いありません」と、容疑を認めています。

後輩の消防士を逆さづり・炎の前通らせ… 幹部懲戒処分

朝日新聞
2019年11月12日(火)15時45分

後輩の消防士を逆さづり・炎の前通らせ… 幹部懲戒処分

 後輩の消防士を逆さづりにするなどの暴行を加えたとして、大阪府茨木市消防本部は12日、消防司令補(47)、消防士長(34)と消防副士長(33)の男性職員3人を懲戒免職にし、発表した。

 発表によると、消防司令補は4月、消防署の車庫で20代の消防士の体をロープで縛ってポンプ車の手すりに逆さにつり上げて放置。別の日には、ライターの火に殺虫スプレーを噴射して炎を発生させ、この消防士にその前を通らせるなどしたという。

 一方、消防士長と消防副士長は5月、別の20代の消防士の首に自動血圧計を巻き付け、顔や眼球から出血させた。消防司令補は消防士長らに暴力行為を口外しないよう指示した。消防司令補は4月、この20代消防士を倒して全身を30回以上蹴ったという。

 同本部は、泉頼明消防長を減給10分の1(3カ月)としたほか、幹部3人を懲戒処分した。泉消防長は「良識を逸脱する行為で、市民の信用の失墜を招き、深くおわびする」とのコメントを出した。

記事検索
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ