消防士

飲酒死亡事故の車に同乗していた消防士を停職処分

共同通信
2018年1月12日(金)16時32分

飲酒死亡事故の車に消防士が同乗
停職処分、神奈川・茅ケ崎

 神奈川県大井町で昨年12月、酒気帯び運転でパトカーに追跡されている最中に死亡事故を起こした乗用車に同乗していたとして、同県茅ケ崎市消防本部は12日、男性消防士(21)を停職6カ月の懲戒処分にした。消防士は同日、依願退職した。

 消防本部によると、消防士はいったん逃走し、その後、県警小田原署で事情聴取を受けた。消防本部の聞き取りに「パニックになった」と話している。

 事故は昨年12月15日深夜に発生。大木司被告(20)=自動車運転処罰法違反などの罪で起訴=がパトカーの追跡を逃れるため、時速約100キロで交差点に進入して女性の車に追突し、女性が翌日死亡した。

スカートの中盗撮容疑消防士逮捕

NHK NEWS WEB
2018年01月05日(金)16時10分

スカートの中盗撮容疑消防士逮捕

秋田市消防本部の27歳の消防士が、市内の大型雑貨店で女性のスカートの中をスマートフォンで盗撮したとして県の迷惑防止条例違反の疑いで逮捕されました。
逮捕されたのは、秋田市消防本部の城東消防署に勤務する消防副士長、加藤祐輝容疑者(27)です。
警察によりますと、加藤容疑者は4日午後6時半ごろ、秋田市旭北錦町の大型雑貨店で、20代の女性のスカートの中をスマートフォンで盗撮したとして、県の迷惑防止条例違反の疑いが持たれています。
女性が盗撮に気付いて腕をつかもうとしたところ加藤容疑者は逃走し、その場を目撃していた店員に取り押さえられたということです。
警察の調べに対し容疑を認めていて、押収したスマートフォンからは盗撮した画像が見つかったということです。
秋田市消防本部は「現在、事実関係を確認中だが、事実なら公務員としての自覚を欠いた許されない行為であり、被害に遭われた方や市民の皆様に深くおわび申し上げる」とコメントしています。


酒酔い運転で消防分署長逮捕

千葉日報
2017年12月27日(水)05時00分

消防分署長が酒酔い運転 容疑で逮捕、追突事故も 館山署

 館山署は25日夜、道交法違反(酒酔い運転)の疑いで鋸南町吉浜、館山消防署鋸南分署長、中村栄容疑者(59)を逮捕した。

 逮捕容疑は同日午前9時50分ごろ、同町大六の国道127号で、酒に酔った状態で軽乗用車を運転した疑い。

 館山署によると、中村容疑者が前の車の左折を待っていた南房総市の女性(66)の軽乗用車に追突し、容疑が発覚した。女性は首に痛みを訴えていたという。

 中村容疑者は「酒を飲んだのは本日未明のことなので、酔っている感覚はなかった」と容疑を一部否認している。

 安房郡市消防本部総務課によると、中村容疑者は昨年4月から同分署長となり、17人の隊員を率いていた。真面目で部下への面倒見も良かったという。24時間の2交代制で勤務しており、中村容疑者は24日午前8時半まで勤務し、25、26日は非番だった。

 館山消防署の石崎昌史署長は「職員が飲酒し事故を起こしたことは、住民の信頼を著しく失墜させる行為で、深くおわび申し上げる。事実関係を詳細に確認し、厳正に対処するとともに、職員の教育を徹底し住民の信頼回復に努める」とコメントした。


記事検索
最新トラックバック
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
QRコード
QRコード
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ