警察官

警部補が捜査書類を隠す

top_header_logo4
2018年04月17日(火)20時05分

捜査書類を自宅に隠す=警部補を訓戒、退職-高知県警

 事件処理が終わっていない捜査書類などを自宅に隠したとして、高知県警が30代の男性警部補を本部長訓戒としていたことが17日、県警への取材で分かった。処分は3月16日付で、警部補は依願退職。県警は公用文書等毀棄(きき)容疑で書類送検した。
 県警によると、警部補は2016年3月末、勤めていた署から異動する際に、担当していた詐欺事件など計8件分の捜査書類やメモなどを持ち帰っていた。このうち、拾った財布を警察に届け出ず持ち去った事件は、昨年6月に公訴時効を迎えた。
 昨年12月中旬、元勤務先の署員が点検した際、警部補の担当した捜査書類がないことに気付き発覚。警部補は「業務多忙で事件処理が遅れたので書類を隠してしまった」と話しているという。


巡査長が児童買春

TBS
2018年4月11日(水)20時54分

千葉県警の巡査長逮捕、児童買春の疑い

 千葉県警の巡査長の男が、女子中学生に現金を渡す約束をして、わいせつな行為をしたとして、逮捕されました。

 児童買春の疑いで逮捕されたのは千葉県警千葉南署の地域課巡査長、赤塚信之容疑者(30)です。赤塚容疑者は今年1月、千葉県内のホテルで18歳に満たないことを知りながら、女子中学生に現金を渡す約束をして、わいせつな行為をした疑いがもたれています。

 警察によりますと、2人は出会い系アプリを通じて知り合い、面識はありませんでしたが、赤塚容疑者は女子中学生に対し、自分が警察官であることを伝えていたということです。調べに対し、「自己の性欲を満たすためだった」と容疑を認めているということです。

児童買春 赤塚信之容疑者


警察官が同僚を撃って逃走

NHK NEWS WEB
2018年4月11日(水)22時29分

警察官撃たれ重体 撃ったのは警察官で逃走中 滋賀 彦根

滋賀県警察本部によりますと、11日午後9時ごろ、滋賀県彦根市の河瀬駅前交番で、警察官が同僚の警察官を拳銃で撃ち、その場から逃走したということです。

撃たれた警察官は病院に搬送されましたが、意識不明の重体だということです。

また、撃った警察官は拳銃を持ったまま交番からパトカーで逃走したと見られ、彦根市の隣の愛荘町でそのパトカーが見つかり、警察が行方を捜査しています。


交番は駅前 周辺には住宅街も

滋賀県彦根市にある河瀬駅前交番は、JR東海道線の河瀬駅前にある交番で、周辺は住宅街が広がっているほか、学校などもあります。彦根市中心部にある彦根城からは南に7キロほど離れています。

続きを読む
記事検索
最新トラックバック
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
QRコード
QRコード
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ