警察官

強要や暴行の疑いで書類送検

共同通信
2020年5月27日(水)18時03分

警官、酒に紙幣入れ飲ませた疑い
山形、30代先輩3人を書類送検

 山形県警は27日、後輩に紙幣入りの焼酎を飲ませたりたたいたりしたとして、強要や暴行の疑いで同じ警察署に所属していた巡査部長と警部補の30代男性3人を書類送検した。同日付で停職1カ月などの懲戒処分とした。被害者は当時同じ署に在籍していた20代男性3人。

 巡査部長の容疑は2月中旬、懇親会2次会で焼酎の入ったグラスに1万円札を入れて後輩1人に飲ませ、この後輩を含む2人の服を脱がせ、背中などを平手で数回たたいた疑い。同月下旬の飲み会でも1人の顔をたたいた疑い。

 警部補2人も同じ飲み会で巡査部長の暴行に加わったり、別の後輩の顔を多数回たたいたりするなどした疑い。

女性巡査部長がマタハラ 懲戒処分、静岡県警

産経新聞
2020年5月21日(木)11時51分

女性巡査部長がマタハラ 懲戒処分、静岡県警

 静岡県警の女性巡査部長が同僚女性へのマタニティーハラスメントや同僚男性へのストーカー行為をしていたとして、県警が4月に減給10分の1(6カ月)の懲戒処分としていたことが21日、県警への取材で分かった。

 県警によると、女性巡査部長は平成29年10月ごろ、妊娠していた同僚職員にハラスメント行為をした。昨年10~11月には同僚の男性職員に、執拗に連絡を取ろうとした。

 この件と別に、同県警の男性巡査部長も今年2月に警察情報の漏洩(ろうえい)や複数の女性に対するつきまとい行為があったとして、4月に減給10分の1(1カ月)の懲戒処分にした。県警監察課によると、漏洩したのは重要な捜査情報ではないという。

 県警はハラスメント行為や漏洩先などの詳細や、処分した2人の所属を明らかにしていない。

捜査対象男性と男性巡査が飲食やゴルフ練習 不適切交際で訓戒

京都新聞
2020年5月21日(木)13時40分

捜査対象男性と男性巡査が飲食やゴルフ練習 不適切交際で訓戒

 窃盗容疑で捜査対象になっている男性と飲食するなど不適切な交際をしたとして、京都府警監察官室は21日までに、東山署の20代男性巡査を本部長訓戒の内部処分にした。府警は「捜査情報の漏えいなど便宜供与は確認されなかった」としている。

 処分は4月30日付。府警によると、巡査は別の警察署に勤務していた昨年9月~今年3月、業務を通じて知り合った男性と京都市内で3回にわたり、一緒に飲食やゴルフの練習をした。代金はどちらかが負担し、男性から計10万円ほど支払ってもらっていたという。

 府警の説明では、巡査は男性が捜査対象となっていることを知らずに付き合いを始めた。途中で知ったが、交際を続けたという。巡査は「将来、警察業務の協力者になると思った。自分の考えに甘さがあった」と話しているという。

記事検索
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ