警察官

警察官が酒気帯び運転で停職

NHK NEWS WEB
2019年02月22日(金)21時02分

警察署巡査が酒気帯び運転の疑い

県内の警察署に勤務する20代の巡査が酒を飲んで車を運転したなどとして、県警察本部は酒気帯び運転の疑いで書類送検するとともに停職6か月の処分にしました。

書類送検されたのは県内の警察署に勤務する20代の男性巡査で、去年12月19日、米子市内で酒を飲んだ状態で車を運転したとして酒気帯び運転の疑いが持たれています。

警察によりますと、この巡査は朝8時ごろ、車を運転して警察署に出勤しましたが、酒のにおいがしたため検査した結果、基準を超えるアルコールが検出されたということです。

巡査は午前4時ごろまで焼酎やシャンパンなどをおよそ20杯飲んでいて、内部調査に対し「酒は抜けていると思った」と話しているということです。

また、この巡査は上司に必要な報告をせずに事件捜査の関係者と何度も面会し、時には飲食の提供を受けていたということです。

県警察本部は22日付けで巡査を停職6か月の処分にし、巡査は依願退職したということです。

県警察本部の灘部哲一首席監察官は「警察官がこのような事案を起こしたことは誠に遺憾で、職務倫理に関する指導を徹底し、県民の皆さまの信頼回復に努めてまいります」とコメントしています。


警察官が保険金詐欺

共同通信
2019年2月22日(金)16時31分

巡査長が保険金詐欺疑い、新潟
けがで通院装う

 けがで通院したように装い保険会社から傷害保険金をだまし取ったなどとして、新潟県警は22日、詐欺の疑いで県警本部の男性巡査長(30)を書類送検し、懲戒免職処分とした。

 書類送検容疑は2017年8~12月、医療機関の男性職員と共謀して、ランニング中に足をけがして通院したと偽り、保険会社3社から傷害保険金計18万円を、警察共済組合から医療費約1万円を、それぞれ詐取した疑い。

 県警監察官室によると、巡査長は容疑を認め「小遣いにしたかった」などと説明している。医療機関職員も詐欺容疑で書類送検した。

 岡本義美首席監察官は「深くおわび申し上げます」と話した。

好かれていると勘違い セクハラで巡査部長を処分

産経新聞
2019年2月21日(木)13時04分

セクハラ行為で警察官処分 滋賀

 滋賀県警は21日、女性職員の体を触るセクハラ行為をしたとして、30代の男性巡査部長を所属長訓戒の処分にしたと明らかにした。1月29日付。

 県警監察官室によると、巡査部長は昨年12月19日、勤務する警察署の同僚ら8人と懇親旅行で訪れた名古屋市内の飲食店で、女性職員に「好きだ」と言ったり、路上で腰や肩に手を回したりした。女性職員が上司に相談して発覚。巡査部長は「好感を持ってもらっていると勘違いしていた」と話しているという。

 松山孝監察官室長は「誠に遺憾。再発防止に努めたい」としている。

記事検索
最新トラックバック
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ