警察官

盗撮で巡査部長を書類送検

YOMIURI ONLINE
2017年11月21日(火)10時11分

「高揚感忘れられず」女性安全対策課の警官盗撮

 女性のスカート内を盗撮したとして、千葉県警子ども女性安全対策課に勤務していた男性巡査部長(45)が、県迷惑防止条例違反容疑で千葉地検に書類送検されていたことが20日、捜査関係者への取材でわかった。

 巡査部長は依願退職した。

 捜査関係者によると、巡査部長は勤務を終えて帰宅途中だった9月14日午後9時頃、千葉県船橋市内の駅のエスカレーターで、前方にいた10歳代の女性のスカート内をスマートフォンの動画で盗撮した疑い。不審な行動に気づいた男性とトラブルになっているのを見かけた駅員から110番があり、発覚した。

 県警は逃亡の恐れがないことなどから任意で巡査部長を調べ、今月9日に書類送検。巡査部長は同日付で減給10分の1(6か月)の懲戒処分を受け、依願退職した。「興味本位で始めた。成功した時の高揚感や達成感が忘れられなかった」と話したという。

 県警監察官室は「被害者と県民の皆さまに深くおわび申し上げる。指導を再度徹底し、信頼回復に努める」としている。

女性警察官にセクハラ 男性警部補を減給処分

朝日新聞
2017年11月19日(日)23時22分

警部補、部下の女性警察官の体触る 居酒屋から帰る車内

 部下の女性警察官に対して体を触るなどのセクハラ行為をしたとして、八戸署地域課の30代の男性警部補が減給処分を受け退職していたことが19日、関係者への取材でわかった。

 関係者によると、男性警部補は10月中旬、部下の女性警察官ら10人ほどと県南の居酒屋に行った帰りの車内で、女性警察官の体を触るなどしたという。女性警察官が翌日、県警に相談して発覚した。男性警部補は既婚者だった。

 県警は11月10日付で男性警部補を減給10分の1の懲戒処分とした。男性警部補はその後、依願退職したという。

下着窃盗の巡査を停職6カ月

共同通信
2017年11月17日(金)12時13分

兵庫、署内で女性下着窃盗疑い
巡査を書類送検

 兵庫県警姫路署の道場の更衣室から同僚の女性警察官らの下着を盗んだとして、同県警が17日、窃盗と建造物侵入の疑いで姫路署地域1課の男性巡査(22)を書類送検し、停職6カ月の懲戒処分としたことが捜査関係者への取材で分かった。巡査は同日付で辞職した。

 捜査関係者によると、巡査は今年2月初めから中旬にかけて、署内の道場の更衣室に入り、棚や乾燥機などにあった女性警察官4人の下着やTシャツなど衣類計19点を盗んだ疑いで書類送検された。

 巡査は「女性の下着に興味があった」と容疑を認めているという。

記事検索
最新トラックバック
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
QRコード
QRコード
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ