警察官

高知県警の巡査3人、拳銃不適切保管で処分

産経WEST
2018年8月14日(火)21時28分

高知県警の巡査3人、拳銃不適切保管で処分

 高知県警の巡査3人が不適切に拳銃を保管したとして本部長訓戒などの処分を受けていたことが14日、県警への取材で分かった。処分はいずれも7月25日付。

 県警監察課によると、県内の駐在所に勤務する20代の男性巡査が6月上旬、拳銃を決められた保管庫に入れず居室スペースに置いたままにしていたとして、本部長訓戒とされた。

 県内の交番に勤務する10代と20代の男性巡査は5月中旬、着替えなどをする交番の待機室や、同室内のロッカーに拳銃を置いたままにしたとして所属長注意とされた。

 監察課は「重要貸与品の取り扱いを徹底し、再発防止に努める」としている。


駅で女性を盗撮 神奈川県警巡査長を懲戒処分

産経ニュース
2018年8月10日(金)17時22分

駅で女性を盗撮 神奈川県警巡査長を懲戒処分

 駅のエスカレーターで女性のスカートの中を盗撮し、神奈川県迷惑行為防止条例に違反したとして、同県警は10日、秦野署留置管理課の男性巡査長(28)を減給100分の10(6カ月)の懲戒処分にしたと発表した。巡査長は同日、同条例違反の容疑で書類送検され、同日付で依願退職した。

 県警監察官室によると、巡査長は6月14日、JR二宮駅の上りエスカレーターで、前に立つ女性のスカート内にスマートフォンを差し向けて盗撮したとしている。通行人が「不審な動きをしている男がいる」と110番通報し、巡査長は駆けつけた大磯署員に声をかけられたという。

 事件当日は休みで、電車で買い物に行く途中に盗撮をしようと思いつき、二宮駅で途中下車した。複数人の女性を盗撮していたとみられる。

 押収したスマホや自宅のパソコンからは、約600点の盗撮画像や動画が発見されており、巡査長は「平成24年の夏ごろから盗撮をしていた」などと供述している。

 県警の千葉証監察官室長は「心からおわび申し上げます」とするコメントを出した。

警部補が捜査書類を隠したせいで時効が成立

top_header_logo4
2018年08月09日(木)12時20分

書類隠して事件時効に=「捜査行き詰まり」警部補送検-愛知県警

 道交法違反事件の捜査書類を自宅に隠すなどしたとして、愛知県警は9日、高速道路交通警察隊の男性警部補(57)を戒告の懲戒処分とし、虚偽有印公文書作成・同行使と公文書毀棄(きき)容疑で書類送検した。事件は時効となった。警部補は「捜査に行き詰まった」と容疑を認めたといい、同日辞職した。

 送検容疑は、東海署交通課の係長だった2013年9月下旬、同年5月にあった道交法違反(飲酒検知拒否)事件の捜査管理簿に、実際は送検していないのに送検したように虚偽の内容を記載して決裁を受け、同年10月上旬、事件の捜査書類を自宅に持ち帰った疑い。
 今年5月、調査で不正が発覚。「飲酒検知拒否事件を処理した経験がなかった。未送検の発覚を免れるため書類を持ち帰った」と話しているという。事件は16年に公訴時効が成立した。

記事検索
最新トラックバック
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
QRコード
QRコード
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ