自衛隊

同僚の高額ギター、無断売却…陸自隊員を懲戒免

2017年06月20日(火)07時39分 YOMIURI ONLINE

同僚の高額ギター、無断売却…陸自隊員を懲戒免

 陸上自衛隊第7師団(千歳市)は19日、同師団の第11普通科連隊に所属する男性3等陸曹(33)と第7特科連隊所属の男性自衛官候補生(19)を懲戒免職にした。

 発表によると、3等陸曹は3月9日午前11時頃、東千歳駐屯地内で生活する30歳代の同僚隊員のエレキギター(42万円相当)を無断で持ち出し、千歳市内のリサイクルショップに5万円で売却。金はパチンコなどに充てたとみられ、3等陸曹は「遊ぶ金がほしかった」と話しているという。

 自衛官候補生は4月9日に同駐屯地から外出したまま戻らず、無断欠勤が20日を超えたため処分された。自衛官候補生は現在、道外の親類宅にいるという。

釣り道具を万引き 海士長を逮捕

MBC南日本放送 2017年06月18日(日)00時07分

鹿屋基地自衛官が万引き 現行犯逮捕

海上自衛隊鹿屋航空基地に所属する自衛官の男が17日、万引きをし現行犯逮捕されました。窃盗の疑いで現行犯逮捕されたのは、鹿屋航空基地第1整備補給隊に所属する段諒・海士長(21)です。鹿屋警察署によりますと、段海士長は17日午後4時半すぎ、鹿屋市内のホームセンターで、店内に陳列してあった、釣りざおを収納するロッドケースなど釣り道具3点、販売価格にしてあわせて4万2360円分を盗んだ疑いです。段海士長は、レジを通らずに店の外に出たところを店員に取り押さえられました。警察に対し「釣りを始めようと思った」と話しているということです。第1整備補給隊司令の森孝弘1等海佐は「本事案を重く受けとめ、再発防止に向け今後一層、服務指導の徹底に努めていく所存です」とコメントしています。

自衛隊員が酒気帯び運転

朝日新聞 2017年6月17日(土)12時42分

蛇行運転の車が逃走、酒気帯び容疑で自衛官を逮捕

 17日午前2時ごろ、北海道釧路市光陽町の道道で、軽乗用車が蛇行運転しているのを道警のパトカーが見つけた。停止を求めたところ約2キロにわたって逃走し、道路沿いの店舗の壁に衝突して止まった。

 道警は、軽乗用車を運転していた陸上自衛隊釧路駐屯地の陸士長、山口純史容疑者(21)=釧路町別保=を道路交通法違反(酒気帯び運転)の疑いで現行犯逮捕し、発表した。容疑を認めているという。

 釧路署によると、山口容疑者の呼気から基準値の3倍を超えるアルコールが検出されたという。軽乗用車には同僚の20代の男性自衛官が2人乗っており、事情を聴いている。


記事検索
最新トラックバック
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
QRコード
QRコード
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ