自衛隊

同僚に暴行の陸士長懲戒 陸自別府駐屯地

産経新聞
2020年1月20日(月)16時02分

同僚に暴行の陸士長懲戒 陸自別府駐屯地

 陸上自衛隊別府駐屯地(大分県別府市)は20日、同僚の隊員2人に暴行を加え、うち1人にけがを負わせたとして、第41普通科連隊の男性陸士長(23)を停職3日の懲戒処分にしたと発表した。

 駐屯地によると、陸士長は平成30年8月、駐屯地から出た生活ごみの分別作業に2人が参加しなかったことに腹を立て、1人の頭を平手打ちし、もう1人にはあごに打撲と口の中を切る約1週間のけがを負わせたとしている。

 同連隊長の山田憲和1等陸佐は「誠に遺憾だ。教育指導を徹底し、厳正な規律維持と再発防止に努める」とのコメントを出した。

パワハラ、3等海佐停職 部下2人に大声

産経新聞
2020年1月20日(月)15時15分

パワハラ、3等海佐停職 部下2人に大声

 平成30年に部下2人に大声を浴びせるパワハラをしたとして、海上自衛隊は20日、当時3等海佐だった50代の男性隊員を停職15日の懲戒処分にしたと発表した。処分は昨年12月24日付。

 海自によると、隊員は陸上勤務の警務隊に所属していた30年6月ごろ、隊員2人を指導する際、大声を出して心理的に圧迫した。部下が被害を申告して発覚した。

 海自警務隊司令の中尾博孝1等海佐は「同種事案の再発防止に努める」とのコメントを出した。

飲酒運転で自衛官を現行犯逮捕

テレビ西日本
2020年01月18日(土)12時00分

航空自衛官の3等空曹の男 4倍超のアルコール検出 飲酒運転で現行犯逮捕 福岡県

18日未明、福岡市南区で酒を飲んで車を運転した酒気帯び運転の現行犯で、航空自衛官の男が逮捕されました。

18日午前0時過ぎ、福岡市南区大橋の市道で、不審な動きをする車をパトロール中の警察官が見つけました。

警察官が停車を求め、運転していた男から酒のにおいがしたため調べたところ、呼気から基準値の4倍を超えるアルコールが検出されたため、男を酒気帯び運転の現行犯で逮捕しました。

逮捕されたのは、福岡県大野城市に住む航空自衛隊春日基地の3等空曹・土井昌文容疑者(35)で、調べに対し飲酒運転を認めた上で「焼酎を飲んだ」などと供述しているということです。

また福岡市東区では中国人の徐奇俊容疑者が、酒気帯び運転で現行犯逮捕されています。

記事検索
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ