石川県

輪島市非常勤職員が住居侵入逮捕

NHK NEWS WEB
2019年02月01日(金)13時40分

輪島市非常勤職員が住居侵入逮捕

31日、穴水町で輪島市の非常勤職員の22歳の男が、女性の住宅の敷地内に許可なく侵入したとして住居侵入の疑いで警察に逮捕されました。

 逮捕されたのは、輪島市のごみ焼却処理施設「輪島クリーンセンター」に非常勤職員として勤務する端谷直也容疑者(22)です。
 警察によりますと端谷容疑者は、31日午後1時前、穴水町で、40代の女性の住宅の敷地内に許可なく侵入したとして住居侵入の疑いが持たれています。
 警察によりますと、容疑者が家の窓を揺さぶっていたところを女性に気づかれ、その後、通報を受けて駆けつけた警察官に家の周辺で見つかったということです。
 端谷容疑者と女性は面識があったということです。
 調べに対して容疑を認めた上で「女性の顔を見たかった」と供述しているということで、警察は詳しいいきさつを調べています。
 輪島市は「市民の皆様の信頼を著しく損ねる結果となったことは誠に遺憾であり、重ねてお詫び申し上げます。今後、事実関係が分かり次第、厳正に処分するとともに、全職員のより一層の綱紀粛正の徹底を図りたい」とコメントしています。

県警捜査員がデータ消去で賠償

NHK NEWS WEB
2018年12月20日(木)10時50分

県警捜査員がデータ消去で賠償

去年11月、石川県警察本部の捜査員が捜査のため解析していたパソコンのデータを誤って消したとして、県警察本部がパソコンを所用する男性に損害賠償金30万円を支払うことがわかりました。

これは、19日に開かれた県議会の商工観光公安委員会で、県警察本部の小柳津直哉警務部長が明らかにしたものです。
県警察本部によりますと、去年11月、県警察本部生活環境課サイバー犯罪対策室の男性の捜査員が、捜査のため解析していた富山県の男性会社員の所有するパソコンのデータを誤って消去してしまったということです。
捜査員が消去したデータは、男性が仕事で使用する顧客のデータや男性の家族の写真など8ギガバイト分にのぼるということです。
県警察本部は男性と交渉し、損害賠償金として30万円を支払うということです。
また、19日の委員会では、いずれもことし6月に、金沢市内で県警察本部のパトカーが車と衝突する事故が起きたほか職員が運転する公用車が一般の車に衝突し、相手の運転手にけがを負わせていたことが明らかになりました。
県警察本部は「今後再発防止につとめていきます」とコメントしています。


酔った町議がセクハラか 叱責されガスメーター破壊

テレ朝news
2018年10月15日(月)18時06分

酔った町議がセクハラか 叱責されガスメーター破壊

 議員による不祥事だ。飲食店でセクハラを繰り返していたのは、石川県の町議会議員だった。議員の取った驚きの行動とは。

 セクハラを疑われている磯貝幸博町議会議員だ。前後不覚の状態で一体、何をしたのか…。それは7日、磯貝議員は地元の石川県内灘町の公民館で開かれたソフトボール大会の打ち上げに参加。酒を飲んだ後、20人余りで町内の飲食店を訪れたという。そこで磯貝議員は19歳の女性アルバイト従業員の腰の辺りを何度も触ったとされている。磯貝議員は妻子ある43歳。その後、セクハラ行為を仲間に叱責(しっせき)されると泣きながら店を出ていったという。妻子ある43歳がセクハラの末、泣きながらガスメーターを破壊した疑い。磯貝議員は自身の行いを振り返ると再び、涙腺に変調を来した。15日、内灘町議会に提出された磯貝議員の辞職願は午後の本会議で審議されて認められた。

記事検索
最新トラックバック
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ