石川県

酔った町議がセクハラか 叱責されガスメーター破壊

テレ朝news
2018年10月15日(月)18時06分

酔った町議がセクハラか 叱責されガスメーター破壊

 議員による不祥事だ。飲食店でセクハラを繰り返していたのは、石川県の町議会議員だった。議員の取った驚きの行動とは。

 セクハラを疑われている磯貝幸博町議会議員だ。前後不覚の状態で一体、何をしたのか…。それは7日、磯貝議員は地元の石川県内灘町の公民館で開かれたソフトボール大会の打ち上げに参加。酒を飲んだ後、20人余りで町内の飲食店を訪れたという。そこで磯貝議員は19歳の女性アルバイト従業員の腰の辺りを何度も触ったとされている。磯貝議員は妻子ある43歳。その後、セクハラ行為を仲間に叱責(しっせき)されると泣きながら店を出ていったという。妻子ある43歳がセクハラの末、泣きながらガスメーターを破壊した疑い。磯貝議員は自身の行いを振り返ると再び、涙腺に変調を来した。15日、内灘町議会に提出された磯貝議員の辞職願は午後の本会議で審議されて認められた。

警部補が飲食店で女性店員の尻を触る

産経WEST
2018年6月27日(水)12時47分

女性店員の体触った警部補、条例違反で書類送検 石川県警処分も公表せず「勤務時間外の私的な行為」

 石川県警が、飲食店で女性店員の尻を触ったとして、県迷惑行為等防止条例違反の疑いで、同県警の50代男性警部補を書類送検し、減給10分の1(1カ月)の懲戒処分としたことが27日、県警への取材で分かった。いずれも1日付だが公表していなかった。

 書類送検容疑は3月25日、県内の飲食店で女性店員の尻を触った疑い。容疑を認めているという。女性店員が通報し発覚した。

 このほか2月23日付で、不相応な借金をしたなどとして30代男性巡査長を減給10分の1(6カ月)、不適切な異性との交際があったなどとして40代男性警部を戒告の懲戒処分としたことも判明。巡査長は同日付で依願退職した。

 県警は3件とも「勤務時間外の私的な行為」として発表していなかった。県警監察課の小畑忠良次席は「今後より一層指導を徹底し、再発防止と信頼回復に努める」とコメントした。

約290万円を私的流用 白山市職員停職

毎日新聞
2018年2月21日(水)

懲戒処分
団体預金290万円を白山市職員流用 /石川

 白山市は20日、総務部の男性職員(56)が市交通安全推進隊の預金口座から約290万円を私的流用したとして、停職6カ月の懲戒処分にしたと発表した。業務上横領容疑での刑事告訴を検討している。

 市によると、同隊は市が隊員報酬や活動費を支出する任意団体で、職員は1991年から個人として所属。2015年8月から隊の預金通帳を管理し、昨年11月までに16回にわたって現金を引き出すなどした。投資目的で購入した東京都内のマンションのローン返済に充てたという。今年1月、別の隊員が報酬について市に問い合わせて発覚し、職員は全額を返済した。

 山田憲昭市長は「社会的責任は重大」とのコメントを出し、謝罪した。

記事検索
最新トラックバック
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ