和歌山県

拳銃放置で懲戒処分

毎日新聞
2021年3月19日(金)16時29分

実弾入り拳銃17時間放置 和歌山県警、駐在所の巡査長を戒告

 実弾が入った拳銃などを約17時間駐在所内事務室に放置したとして、和歌山県警監察課は19日、県北部の駐在所に勤務する20代男性巡査長を戒告の懲戒処分にしたと発表した。このうち約4時間半は事務室が施錠されないまま無人の状態だった。

 同課によると、巡査長は1人勤務。2020年12月27日午後6時15分ごろ、外出先から戻って事務室に実弾入り拳銃や手錠などを放置した。そのまま事務室を施錠して夕食などに行った後、別室で就寝。非番の翌28日午前7時ごろ、事務室を施錠しないまま外出した。同11時20分ごろ、別の警察官が駐在所に立ち寄って、放置されたままの拳銃などを発見した。

 県警は内部規定で、拳銃を保管庫に入れて鍵をかけて管理するよう定めている。巡査長は「気の緩みが出た」と話しているという。同課は「巡査長のプライバシーと駐在所管轄地域の治安維持のため」として、駐在所名を明らかにしていない。


拳銃や警察手帳を放置、施錠せずに駐在所を出た巡査長を処分

読売
2021年03月20日(土)14時58分

拳銃や警察手帳を放置、施錠せずに駐在所を出た巡査長を処分

 和歌山県警は19日、無施錠の駐在所に拳銃などを放置したとして、県北部の警察署に勤務する20歳代の男性巡査長を戒告処分にしたと発表した。

 発表によると、巡査長は駐在所勤務だった昨年12月27日、勤務後の午後6時15分頃から翌28日午前11時20分まで、同駐在所事務室に実弾入りの拳銃や警察手帳、手錠などを放置していた。非番だった28日は午前7時から駐在所の施錠をせずに外出しており、同日、巡回で立ち寄った別の警察官が発見した。

 駐在所内に警察官がいなかったのは約4時間で、防犯カメラの映像から、この間、ほかに人の出入りはなかったという。

 県警の川上和彦首席監察官は「拳銃などの適正な保管管理を徹底するとともに、指導監督を強化して再発防止に努める」とのコメントを出した。


無免許運転で懲戒免職

フジテレビ
2020年12月7日 月曜 午後7時39分

”13年間無免許運転”で和歌山県職員が懲戒免職 県に報告せず『不正に手当てを取得』

13年にわたって無免許運転を続けていたなどとして、和歌山県職員の男が懲戒免職となりました。

和歌山県によると、県立医科大学付属病院・紀北分院事務室課長補佐の男性職員(57)は、2007年に酒気帯び運転の疑いで逮捕され、免許取り消しとなって以来、無免許運転を繰り返していました。

また、男性職員は逮捕されたことを県に報告しなかったうえ、自動車を使用する旨の通勤届や出張伺いを提出し、不正に手当を取得していたということです。

和歌山県は男性職員を懲戒免職にするとともに、手当の返還を求めていて、詐欺などの疑いでの刑事告訴を検討しています。


記事検索
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ