宮崎県

巡査長が強制わいせつ未遂疑い

NHK NEWS WEB
2019年11月15日(金)12時19分

巡査長が強制わいせつ未遂疑い

ことし9月、日南警察署の30代の巡査長が、職務上知り得た女性の家を訪れて、わいせつな行為をしようとしたとして、警察が強制わいせつ未遂の疑いで捜査していることが捜査関係者への取材でわかりました。
警察は、容疑が固まりしだい巡査長を書類送検する方針です。

捜査関係者によりますと、ことし9月下旬、日南警察署の生活安全課の30代の男性巡査長が、県内の女性の家を訪れて女性に抱きつき、キスをしようとしたとして警察が強制わいせつ未遂の疑いで捜査しているということです。

巡査長は、警察がこの女性についての相談を受けたことをきっかけに女性の家を把握し、訪れていたということです。

これまでの調べに対して、巡査長は、容疑を認めているということで、警察は、容疑が固まりしだい書類送検する方針です。

酒気帯び運転で停職

FNN PRIME
2019年10月2日 水曜 午後0時03分

酒気帯び運転で町職員を懲戒処分 宮崎県高原町

高原町は、今年8月に酒気帯び運転をした男性職員を、停職4か月の懲戒処分としました。

懲戒処分を受けたのは、高原町農畜産振興課の30代の男性主査です。

男性職員は今年8月、高原町内の飲食店で酒を飲んだあと車を運転し、駐車場から出た所を警察に発見されました。

呼気検査で基準値を超えるアルコールが検出され、先月、道路交通法違反で罰金30万円の略式命令を受けました。

町はこの職員を先月25日付けで、停職4ヶ月の懲戒処分としました。

高原町の高妻町長は、「全職員が服務規律の順守を徹底し、信頼回復へ全力を尽くしたい」としています。


現金3万円盗んだ自衛官を懲戒免職

宮崎放送
2019年8月30日(金)11時31分

現金3万円盗んだ自衛官を懲戒免職

 同僚の財布から、現金3万円を盗んだとして、えびの駐屯地に所属する20歳の自衛官が懲戒免職処分となりました。
 30日付けで懲戒免職となったのは、西部方面特科連隊の隊員で、えびの駐屯地に所属する20歳の1等陸士です。えびの駐屯地によりますと、この自衛官は、去年4月、駐屯地内で、同僚隊員3人の財布から、合わせて現金3万円を盗みました。現金がなくなったことに気づいた同僚たちが上司に報告し、発覚。この自衛官は、「金が欲しくて盗んだ」と話しているということです。今回の不祥事を受け、西部方面特科連隊の栗木幹雄隊長は、「二度とこのような行為を起こさないよう、隊員指導を徹底し、再発防止に努めます」とコメントしています。

記事検索
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ