宮崎県

捜査費など窃盗容疑 巡査長送検

NHK NEWS WEB
2019年01月25日(金)18時09分

捜査費など窃盗容疑 巡査長送検

高岡警察署の40代の巡査長が、署内で保管されていた捜査費や同僚の所持金あわせて24万円を盗んだとして、宮崎県警察本部はこの巡査長を窃盗の疑いで書類送検するとともに、停職6か月の懲戒処分にしました。

窃盗の疑いで書類送検されたのは、高岡警察署に勤務する40代の巡査長です。

宮崎県警察本部によりますと巡査長はおととし4月、同僚が引き出しの中に封筒に入れて保管していた捜査費1万円を盗んだほか、その後去年9月までに、同僚3人の財布などから現金合わせて23万円を盗んだ疑いが持たれています。

捜査費は税金でまかなわれる公費で、協力者への謝礼などにあてるため、月の初めに上司から一人ひとりに手渡されているものです。

これまでの調べに対し、巡査長は「パチンコ代や生活費などにあてた」と話し、金を盗んだことを認めているということで、宮崎県警察本部は25日、窃盗の疑いで書類送検するとともに、停職6か月の懲戒処分にしました。
巡査長は25日付けで依願退職したということです。

今回、巡査長を逮捕せず、免職の処分にもしなかったことについて、警察は「逮捕できるだけの証拠が集まらなかった。処分は警察庁の指針を参考に決めた」と説明しています。

またこれとは別に、警察本部の施設装備課に勤務する50代の事務職員についても、車の中で10代の少女2人の胸を触るわいせつな行為をしたとして書類送検するとともに停職3か月の懲戒処分にしました。
宮崎県警察本部の中川正純首席監察官は「このような事案を起こしたことを深くおわびします。職員に対する指導を徹底し、再発防止を図ります」とするコメントを出しました。

被災地で家電盗む 宮崎県職員を懲戒免職

毎日新聞
2018年5月27日(日)

懲戒免職
県職員、被災地派遣先で家電盗む 熊本地震で 売却し借金返済に /宮崎

 宮崎県は、熊本地震の被災地支援のため熊本県阿蘇市に派遣していた県人事課の成田祐輔主事(31)が職員宿舎の家電などを盗み出してリサイクルショップに売却したとして、懲戒免職処分にしたと発表した。相当額が弁済されているため刑事告発はしない。

 同県によると元主事は今年1月、阿蘇市内の職員宿舎にあった冷蔵庫や電子レンジなど7点計15万円相当を4回にわたって宮崎県内のリサイクルショップに売却し、約2万円を受け取ったという。

 元主事は昨年度の1年間、熊本県阿蘇地域振興局に派遣され復旧事業のための用地取得を担当。休日などに家電や家具を持ち出して宮崎県内で売却していたという。元主事が退去した3月26日に熊本県の担当者が気付き、宮崎県に連絡。宮崎県は熊本県に謝罪した。元主事は「借金返済や遊興費に使った。家電などは新たに購入して返すつもりだった」と話しているという。

 元主事は今年2、3月にも宮崎県の県立学校名義で購入した電動工具など23点計70万円相当をリサイクルショップに売却し、約24万円を受け取っていたという。販売した量販店が学校に請求書を送っても支払いがなかったことから発覚した。

日南市職員 無免許運転で停職

毎日新聞
2018年3月23日(金)

懲戒処分 
無免許運転の日南市職員 停職4月 /宮崎

 日南市は22日、無免許運転をしたとして市建設課の主任技師級の20代男性職員を停職4月の懲戒処分にしたと発表した。

 市によると男性職員は、2016年3月に運転免許の有効期限が失効していながら、今年2月9日、出勤のため軽乗用車を運転したとしてパトロール中の警察官に道交法違反で違反切符を切られた。男性は免許失効に気付きながら日常的に車を運転し、市の業務で公用車も運転していたという。

記事検索
最新トラックバック
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ