山梨県

不適切発言

テレビ山梨
2021年04月02日(金)21時15分

合同入社式のあいさつ 甲府市幹部が不適切発言 謝罪と撤回

山梨県甲府市で行われた中小企業の合同入社式の中で、甲府市の産業部長が「なるべく異性と遊んでほしい。そうすれば少子化は少しでも解消する」などと発言しました。

部長は、「発言は不適切だった」として謝罪し、撤回しました。

合同入社式に来賓として出席した甲府市産業部の志村一彦部長は、仕事だけでなくプライベートも充実させてほしいという趣旨のあいさつの中で「なるべく遊んでいただきたい。遊ぶのも男性同士、女性同士じゃなくて、楽なんですけどね、気持ちとしてはなるべく異性と遊んでいただければと思います。そうすることで少子化が少しでも解消されると思いますので」と発言しました。さらに「男性のほうにはお願いなんですけど、ジェンダーフリーとか、男女共同参画とか言われていますけど、遊びに行くときには男性のほうから誘っていただければと思いますので」と続けました。

個人の自由である交友関係や出産、それにジェンダーへの理解を欠いた発言ともとれます。

志村部長は式の後、UTYの取材に対し「結婚を意識してほしいという趣旨だったが、不適切だった。

不快に思われた方にはお詫びし、発言については撤回したい」としています。
この発言について山梨英和大学の近藤弘教授は「交友関係や出産などは、個人の領域に関するもので、公の場で言及することは適切とは言えない。
固定的な男女観にとらわれず、多様性に配慮して発言することが重要」と話していて、男女共同参画やジェンダーについて正しく理解してほしいとしています。

警官が事故届けず 高校生骨折、山梨県警

産経新聞
2021年3月3日(水)18時28分

警官が事故届けず 高校生骨折、山梨県警

 山梨県警は3日、南アルプス署生活安全課の男性巡査長(27)が出勤中に乗用車で事故を起こし、男子高校生(17)が右足骨折とみられるけがを負ったと発表した。巡査長は事故を届け出なかったと認めており、県警が道交法違反(事故不申告)の疑いで捜査している。

 事故は2月26日午前7時10分ごろ発生。甲府市内の道路を右折した際に、自転車の高校生と出合い頭にぶつかった。双方でけがの程度を確認した上で、現場を離れたという。高校生は同日夜に病院を受診した。甲府署が保護者から連絡を受け、運転手を捜していた。


時計店で万引

産経新聞
2021年3月2日(火)18時32分

甲府市教委職員を逮捕 静岡で23万円の模型万引

 腕時計の模型を万引したとして、静岡県警御殿場署は2日、窃盗の疑いで甲府市教委学事課主任、草野一徳容疑者(32)=山梨県甲斐市長塚=を逮捕した。

 逮捕容疑は昨年9月21日午前11時ごろ、静岡県御殿場市深沢の御殿場プレミアム・アウトレット内の時計店でモックアップと呼ばれる腕時計の実物大模型(約23万円)を盗んだとしている。

 逮捕を受け、甲府市の数野保秋教育長らが記者会見し、「事実関係を確認し、適切に対処する」と述べた。勤務態度に問題はなかったとしている。


記事検索
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ