岩手県

県職員が酒気帯び運転で死亡事故 県が陳謝

岩手放送
2020年02月17日(月)19時00分

県職員が酒気帯び運転で死亡事故 県が陳謝/岩手

16日夜、岩手県釜石市で道路を横断していた80代の女性が乗用車にはねられ死亡し、運転していた県職員の男が酒気帯び運転などの疑いで現行犯逮捕されました。これを受けて17日、県は会見し陳謝しました。

逮捕されたのは県水産技術センターの利用加工部長・田老孝則容疑者(56)です。警察によりますと田老容疑者は16日午後7時ごろ、釜石市新町の市道で乗用車を運転中に、横断歩道を渡っていた釜石市上中島町の無職・澤田孝子さん(87)をはねました。澤田さんは頭などを強く打ちその後、死亡が確認されました。田老容疑者は現場での呼気検査で基準を上回るアルコールが検出され、酒気帯び運転と過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕されました。田老容疑者は酒を飲んでいたことを認めているということです。

「深くお詫びを申し上げます。大変申し訳ありませんでした」

田老容疑者の逮捕を受けて県は17日、会見し陳謝しました。県は田老容疑者の16日の行動など詳細はまだ把握できておらず、処分については事実確認ができ次第、厳正な対処を検討するとしています。県水産技術センターの稲荷森輝明所長は田老容疑者について、「勤務態度に問題はなく、酒に関するトラブルについても聞いたことがない」と話しています。

免停中に報告せず救急車6回運転、消防士を懲戒免職

読売
2020年01月16日(木)10時39分

免停中に報告せず救急車6回運転、消防士を懲戒免職

 免許停止期間中に救急車を運転したとして、岩手県花巻市は花巻北消防署の男性消防士(26)を14日付で懲戒免職処分にした。

 市によると、消防士は昨年6月、金ヶ崎町の東北自動車道を自家用車で走行した際、時速147キロを出して30日間の免許停止処分を受けたが、報告せずに9~10月の免停期間中に計6回、救急出動時に救急車を運転した。花巻区検は昨年12月24日、道路交通法違反で略式起訴した。

 市は監督者責任も問い、市消防本部の消防監1人と消防司令長2人を減給10分の1(1か月)の懲戒処分とした。上田東一市長は「消防職員に対し運転免許証の保持・有効期限確認を1か月に1度行うなどして再発防止に取り組んでいく」とのコメントを発表した。

滝沢市議を逮捕 パチンコ店で窃盗容疑/岩手

岩手放送
2020年01月08日(水)11時54分

滝沢市議を逮捕 パチンコ店で窃盗容疑/岩手

滝沢市の市議会議員が、盛岡市内のパチンコ店でほかの客のICカードを盗んだ疑いで、7日、逮捕されました。

窃盗の疑いで逮捕されたのは滝沢市室小路の市議会議員、工藤勝則容疑者(66)です。警察によりますと、工藤容疑者は7日午前11時半ごろ盛岡市内のパチンコ店で、市内の33歳の女性客が席を離れたときに落とした残高およそ6000円のICカードを盗んだ疑いがもたれています。女性が店に相談しICカードの使用履歴と防犯カメラの映像を調べたところ、工藤容疑者がICカードを拾っておよそ3000円分使用していたということです。工藤容疑者は「私は他人のカードなんて使っていない」と容疑を否認しています。工藤容疑者は2011年に滝沢村議に初当選し、現在は3期目で予算決算常任委員長などを務めています。

2020-01-08、IBC岩手放送

記事検索
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ