高知県

訓練中の警官、同僚の顔にエアガン突き当てる

YOMIURI ONLINE
2018年12月30日(日)11時53分

訓練中の警官、同僚の顔にエアガン突き当てる

 同僚を蹴るなどしてけがを負わせたとして逮捕され、略式命令を受けた高知県警機動隊の男性巡査部長(29)について、県警は28日、停職3か月の懲戒処分にした。巡査部長は同日付で依願退職した。

 県警監察課の発表によると、巡査部長は11月、南国市内にある機動隊車庫での訓練中に、同僚を蹴ったり殴ったりして、約2週間のけがを負わせたとして、県警に傷害容疑で逮捕された。

 捜査の過程で、巡査部長が7月下旬にも、訓練中に別の同僚に対し、エアガンを顔に突き当てて約1週間のけがを負わせていたことが発覚。今月17日に傷害容疑で追送検されていた。さらに、複数の同僚から返済能力を超える計約100万円を借り、遊興費やパチンコなどに使っていたこともわかった。

 県警は監督責任として、県警機動隊の50歳代警視と50歳代警部を本部長注意、30歳代警部補を所属長訓戒にした。いずれも28日付。

 原田哲首席監察官は「警察官にあるまじき行為であり、県民の皆様に深くおわび申し上げる」と陳謝した。

女性巡査、グッズ交換巡りトラブル…本部長訓戒

YOMIURI ONLINE
2018年12月29日(土)10時49分

女性巡査、グッズ交換巡りトラブル…本部長訓戒

 高知県警が、信用失墜行為などがあったとして、20歳代女性巡査と30歳代男性巡査長を本部長訓戒、50歳代男性警視を本部長注意にしていたことが、監察課への取材でわかった。処分はいずれも13日付。

 3人はいずれも警察署勤務。女性巡査は、アイドルグループのファン仲間の県外女性2人とツイッターで知り合い、一緒にコンサートに行くなど親しくなったが、6~10月、グッズ交換やコンサートのチケット代の支払いなどを巡ってトラブルに。女性の1人が県警に苦情を届け出て発覚した。巡査は処分が出た今月13日に依願退職した。

 男性巡査長は、8月上旬の深夜、署の懇親会で飲酒した後、泥酔状態で他人の家の駐車場などに入り、無施錠の車から、鍵を持ち帰っていた。巡査長は当時の記憶がなく、敷地内に忘れていった靴やかばんを、住人が署に届けて発覚した。

 男性警視は、親族から「身内と関係がある人物が逮捕されたことがあるらしい。身内が事件に巻き込まれる恐れがあるので調べてほしい」という相談を受け、その人物に逮捕歴があるという捜査情報を教えていた。

 県警監察課は「大変遺憾だ。再発防止に努める」とコメントした。

高知県警巡査部長、宴会で女性に股間押し付け停職

日刊スポーツ 
2018年11月9日(金)20時11分

高知県警巡査部長、宴会で女性に股間押し付け停職

宴会で女性に股間を押し付けるなどのセクハラ行為をしたとして、高知県警は9日、県内の警察署に勤務する20代の男性巡査部長を停職6月の懲戒処分にした。

県警監察課によると、今年7月と8月に県内の飲食店で開かれた宴会で、20~30代の女性3人に対し、股間を相手の尻に押し付けたり、ブラジャーのホックを服の上から触ったりするなどした。巡査部長は「酒を飲んでおり、軽い冗談のつもりだった」と話している。

8月に女性1人から県警に相談があり発覚。県警は捜査の結果、女性側が処罰を強く求めていないなどとして立件は見送った。

県警監察課の原田哲首席監察官は「警察官としてあるまじき行為。県民の皆様におわび申し上げる」と話している。

記事検索
最新トラックバック
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ