高知県

強制わいせつ容疑 高知市職員逮捕

2017年6月8日(木)12時55分 産経WEST

帰宅途中の20代女性、後ろから近づき触る 市職員の男逮捕

 高知南署は8日、女性の体を触ったとして、強制わいせつの疑いで、高知市瀬戸南町、同市東部環境センター職員の沢村智貴容疑者(32)を逮捕した。

 逮捕容疑は、5月12日午前1時ごろ同市内の路上で、帰宅途中の面識のない20代女性の体を、後ろから近づき触ったとしている。

 同署によると、同様の手口による被害届が数件あり、関連を調べる。


女性巡査長が居眠り運転 はねられた男性大けが

2017年2月28日(火)11時57分 産経WEST

高知県警の女性巡査長、居眠り運転で男性はね、大けがさせる

 勤務中に居眠り運転をして人身事故を起こしたとして、高知県警は28日までに、自動車運転処罰法違反(過失運転致傷)の疑いで中村署の女性巡査長を書類送検した。2月15日付。

 県警交通指導課などによると、昨年12月28日午後3時ごろ、同県四万十市の国道で、事件捜査中の巡査長が運転する捜査車両がセンターラインをはみ出した。自動販売機で商品の補充をしていた男性会社員をはね、顔の骨を折るなどのけがを負わせた。

 同課によると、現場は片道1車線の緩やかな左カーブで、巡査長は「居眠り運転をした」と話したという。

飲酒運転で自損事故 巡査長を書類送検

2016年12月8日(木)10時46分 産経WEST

巡査長が飲酒運転でガードレール激突…通行人110番 高知県警、書類送検へ

 高知県警本部に勤務する30代の男性巡査長が11月、飲酒運転し自損事故を起こしていたことが8日、捜査関係者への取材で分かった。県警は、道交法違反(酒気帯び運転)容疑で巡査長を書類送検する方針。

 捜査関係者によると、巡査長は11月、高知県内で乗用車を運転中、ガードレールに衝突する事故を起こした。通行人が110番し、県警が調べたところ、呼気から基準値を超えるアルコール分が検出されたという。

 県警監察課は「適切な段階で発表する」としている。

続きを読む
記事検索
最新トラックバック
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
QRコード
QRコード
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ