高知県

警察署職員がセクハラ

スポニチ
2018年9月2日(日)05時30分

高知県警50代課長 女性職員に「大好き」メール、訓戒処分

 高知県警本部に勤める50代の男性課長が複数の女性職員に「大好き」などとメールしたのはセクハラだとして、本部長訓戒の処分を受けていたことが1日、県警への取材で分かった。処分は8月31日付。課長は同日付で依願退職した。

 県警によると、課長は2012〜18年の間に県警に勤める20〜30代の女性職員3人に「仕事頑張っていますね。大好きです」などとメールした。今年6月に女性職員の1人が上司に相談して発覚。課長は「一生懸命仕事をするから人間的に好きでしてしまった」と話しているという。

高知県警の巡査3人、拳銃不適切保管で処分

産経WEST
2018年8月14日(火)21時28分

高知県警の巡査3人、拳銃不適切保管で処分

 高知県警の巡査3人が不適切に拳銃を保管したとして本部長訓戒などの処分を受けていたことが14日、県警への取材で分かった。処分はいずれも7月25日付。

 県警監察課によると、県内の駐在所に勤務する20代の男性巡査が6月上旬、拳銃を決められた保管庫に入れず居室スペースに置いたままにしていたとして、本部長訓戒とされた。

 県内の交番に勤務する10代と20代の男性巡査は5月中旬、着替えなどをする交番の待機室や、同室内のロッカーに拳銃を置いたままにしたとして所属長注意とされた。

 監察課は「重要貸与品の取り扱いを徹底し、再発防止に努める」としている。


高知市幹部ら、豪雨時に函館で競馬

共同通信
2018年7月28日(土)13時30分

高知市幹部ら豪雨時に旅行
函館で競馬、3日間不在

 西日本豪雨で各地に大きな被害が出ていた7日から3日間、高知市の弘瀬優総務部長や横田寿生教育長ら計7人が北海道函館市へ旅行に出掛け、競馬などをしていたことが28日、分かった。横田教育長が取材に認めた。

 横田教育長によると、他に参加したのは総務部副部長、教育次長ら。横田教育長と弘瀬総務部長は4日に設置された市災害対策本部のメンバーで、避難所設置などの重要決定に関わる立場だった。

 7日朝に飛行機で高知を出発し函館市を散策。競馬をしたりすき焼きを食べたりして9日夕に戻ったという。

 高知市では豪雨による死者はおらず、大きな被害はなかったが、高知県内では3人が死亡。

記事検索
最新トラックバック
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
QRコード
QRコード
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ