鳥取県

県庁職員 送別会で8人感染

NHK NEWS WEB
2021年03月31日(水)17時25分

県庁職員 送別会で8人感染 知事「県民に深くお詫び」

鳥取県は、新型コロナウイルスの感染が確認された14人が、接待を伴う飲食店の客と従業員だったことから、この店で感染者の集団=クラスターが発生したと発表しました。

14人のうち8人が送別会で店を利用した県職員だったことから、平井知事は「職員に緩みが生じている部分もあり、県民に深くお詫び申し上げたい」と述べました。

クラスターが発生したのは、鳥取市にある接待を伴う飲食店です。

>県や鳥取市によりますと、今月28日から31日にかけて感染が確認された人の行動歴を調べたところ、このうち14人が飲食店の客と従業員だったことがわかり、県はこの飲食店でクラスターが発生したと発表しました。

14人のうち8人は、県東部農林事務所地域整備課の職員で、3月26日に送別会の2次会で店を利用し、午後9時から深夜0時ごろまでマスクを外した状態でカラオケなどをしていたということです。

県は、店側がすべての利用者と連絡が取れたと説明していることから、店名を公表していません。

平井知事は対策本部会議で「新型コロナウイルスを抑え込み、感染対策を率先すべき立場にある県職員が感染し、残念でありショックだ。職員に緩みが生じている部分もあり、県民に深くお詫び申し上げたい」と述べました。

県内では31日、クラスターが発生した飲食店を利用していた県職員7人、それに米子市の女性1人のあわせて8人の感染確認が発表され、これで県内で感染が確認されたのは、あわせて249人となりました。

職員2人を懲戒処分

読売
2021年03月28日(日)13時10分

元アマ横綱の県職員、知人の言動に立腹して暴行…5日間のけが負わす

 鳥取県は26日、知人に暴行を加えてけがをさせたスポーツ課の会計年度任用職員(29)と、62キロ超過の速度違反をした林政企画課の農林技師(24)の男性職員2人を戒告の懲戒処分にした。

 県人事企画課の発表によると、スポーツ課の職員は昨年12月21日午後1時半~2時頃、鳥取市内の知人男性宅で、知人男性の言動に腹を立てて暴行。5日間のけがを負わせた。職員は2017年の相撲の全日本選手権で優勝した元アマチュア横綱だった。

 林政企画課の農林技師は昨年7月18日午後5時40分頃、長野県内の中央道で制限速度80キロのところを142キロで運転。速度違反自動取締装置で発覚して、90日間の免許停止処分と罰金9万円の略式命令を受けた。


女性職員にセクハラ

読売
2021年03月25日(木)12時11分

町主任、公用車を運転する女性職員の尻触る…やめてと訴えても触る

 同僚女性の体を触ったとして、鳥取県琴浦町は24日、30歳代の男性主任を同日付で減給10分の1(2か月)の懲戒処分にしたと発表した。

 町によると、男性主任は2月19日午後3時頃、走行中の公用車の中で、運転していた女性職員の尻を触った。女性職員がやめるよう訴えたが、男性主任に再び触られたという。車内にいたのは2人だけで、公務中だったという。

 読売新聞の取材に対して町は、男性主任が約1週間後、「女性に謝りたい」という旨を上司に相談したことで発覚したとしている。町は「車内は公共の場所にあたらない」などとし、県迷惑防止条例違反などに該当しないと説明している。

 町総務課の山田明課長は「研修を実施してコンプライアンス(法令順守)の徹底に努め、再発防止に取り組みたい」としている。


記事検索
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ