埼玉県

わいせつ行為で逮捕

埼玉新聞
2020年5月28日(木)

深夜3時…路上で女性にわいせつ行為 容疑で小鹿野町職員を逮捕「覚えていない」/越谷署

 越谷署は26日、強制わいせつの疑いで、小鹿野町小鹿野、小鹿野町役場の任用職員の男(25)を逮捕した。

 逮捕容疑は昨年9月2日午前2時45分ごろ、越谷市内の路上で、徒歩で帰宅していた都内居住の20代女性の体を触るなどわいせつな行為をした疑い。

 同署によると、2人に面識はなく、被害直後に女性が交番に届け出て発覚。防犯カメラの映像などから男を特定した。

 男は「身に覚えがありません」と容疑を否認しているという。

 小鹿野町の森真太郎町長は「非常に残念だが、詳細を確認し、厳正に対処したい。綱紀粛正を徹底し、再発防止に取り組んでいく」と話した。

女性の服を刃物る 自衛官逮捕

埼玉新聞
2020年5月26日(火)

10代女性の服、刃物で切る…ゲームセンターで 空自入間基地、2等空尉を処分「仕事でストレス」

 航空自衛隊入間基地(狭山市)は25日、大阪市内のゲームセンターで女性の服を刃物で切ったとして大阪府警に逮捕された、同基地第3補給処調達部所属の2等空尉(29)を停職30日の懲戒処分にしたと発表した。

 同基地によると2尉は2018年6月24日、大阪市浪速区内のゲームセンターで10代女性の服を刃物で切ったとして同9月20日に器物損壊罪で逮捕され、同10月3日に不起訴処分となった。当時近畿中部防衛局所属していて同8月に入間基地へ異動していた。2尉は「仕事でストレスがあった」と話しているという。

DV被害女性の住所漏らす 埼玉・川口市、担当職員を懲戒処分

産経新聞
2020年5月18日(月)18時26分

DV被害女性の住所漏らす 埼玉・川口市、担当職員を懲戒処分

 埼玉県川口市は18日、同市消防局に勤める夫からドメスティックバイオレンス(DV)を受けて市外に転居した女性の住所などの情報を誤って夫へ流出させたとして、職員課の男性主任(38)を同日付で戒告の懲戒処分にしたと発表した。

 市によると、部署間での連絡漏れがあり、消防局消防総務課で保管されるべき書類が、誤送付によって夫のもとへ流出していた。市は慰謝料などとして100万円を支払うことで女性と和解した。

 奥ノ木信夫市長は「被害者はもとより市民の信頼を損なう事態となったことを深くおわびする。再発防止と個人情報の保護に取り組む」との談話を発表した。

記事検索
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ