埼玉県

バッグ盗難をスマホで御用、埼玉 置引容疑で都職員逮捕

東京新聞
2019年12月3日(火)14時39分

バッグ盗難をスマホで御用、埼玉 置引容疑で都職員逮捕

 埼玉県新座市内で高校生のバッグを置引したとして、新座署は3日、窃盗の疑いで、東京都交通局新宿線電気管理所の課長代理、山下徹容疑者(46)=新座市=を逮捕した。被害者の男子生徒が、バッグに入っていたスマートフォンを位置検索アプリで捜し、容疑者を発見した。

 署によると「交番に届けるつもりだった」と容疑を否認している。酒に酔った状態でミニバイクに乗って逃走した疑いもあり、県警は道交法違反容疑でも調べる。

 逮捕容疑は2日午後10時半ごろ、商業施設の駐輪場で、県立高2年の男子生徒が交際相手から預かり自分のバイクの脇に置いていたショルダーバッグを盗んだ疑い。

中学いじめ訴訟で証拠採用 “虚偽文書”で警察謝罪

テレ朝news
2019年12月02日(月)12時16分

中学いじめ訴訟で証拠採用 “虚偽文書”で警察謝罪

 埼玉県川口市で男子中学生がいじめを受けて不登校になった問題で、警察が生徒側に説明した内容とは別の内容の文書を作成していたことが分かり、警察が生徒側に謝罪しました。

 いじめを受けた少年の母親:「(警察は)事実と違うことを記載してしまったことに関して、おわびをしたいと」
 川口市の中学校に通っていた少年(17)は他の生徒からいじめを受けて、相談を受けた警察が捜査していました。母親によりますと、警察は「少年が加害者を先に蹴ったことにはならない」と説明する一方で、内部文書には「被害者が先に蹴ったことは事実で、原因を作ったのは被害者にあると思われる」などと書いていました。少年側は市を相手に裁判を起こしていて、警察の文書が証拠として採用されていました。

無免許運転を繰り返して懲戒免職

埼玉新聞
2019年11月22日(金)

無免許で公用車運転の危機管理課職員、停職中に無免許で自家用車運転 容疑で逮捕 幸手市が免職に

 幸手市は21日、危機管理防災課の男性職員(58)を懲戒免職処分にしたと発表した。処分は同日付。

 男性職員は無免許で公用車を運転していたとして10月8日に停職3カ月の懲戒処分を受け、同月23日、杉戸町内で自家用車を無免許で運転したなどとして、幸手署に逮捕されていた。

記事検索
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ