茨城県

消防司令に停職1年 部下6人に浣腸・性器をつかむ

朝日新聞
2020年6月12日(金)10時28分

消防司令に停職1年 部下6人に浣腸・性器をつかむ

 茨城県小美玉市は11日、部下にハラスメント行為を繰り返したとして美野里消防署の消防司令の男性(57)を停職1年間の懲戒処分にしたと発表した。10日付。男性は同日付で依願退職した。

 市消防本部によると、男性は2016年10月ごろ~今年2月ごろ、勤務時間中に、部下の男性職員6人に対し、浣腸をする・性器をつかむなどの身体的なハラスメントや、「バカ」「アホ」など執拗(しつよう)な叱責(しっせき)や暴言など精神的なハラスメント行為を繰り返した。男性は事実を認め、「悪ふざけのつもりだった」「指導の一環できつい言い方になってしまった」と話しているという。

 20代の男性消防士が2月に同本部の相談窓口に通報し、調査を進めていた。この消防士は3月31日付で退職した。また、管理責任を問い、消防長以下3人を減給10分の1(1カ月)の懲戒処分にした。

 関係者は、男性消防司令が「長年にわたってハラスメント行為を繰り返していた」と証言。「一生懸命仕事をしてきた若い職員がハラスメントで辞めざるを得なかったことは残念だ。今回の処分が再発防止の契機になれば」と話した。

女子中学生にみだらな行為 警察官を逮捕

テレ朝news
2020年03月09日(月)13時57分

42歳の巡査部長逮捕 中3女子生徒とみだらな行為か

 茨城県警の巡査部長が当時14歳だった中学3年の女子生徒とみだらな行為をしたとして逮捕されました。

 茨城県警捜査二課巡査部長の近藤克則容疑者(42)は去年11月、千葉県内のホテルで県内の公立中学校に通う中学3年の女子生徒(当時14)とみだらな行為をした疑いが持たれています。警察によりますと、去年12月に女子生徒の母親から「娘が成人男性とみだらな行為をしたようだ」と警察に相談があり、事件が発覚しました。近藤容疑者と女子生徒は事件の前から面識があったということで、警察は余罪についても調べています。

続きを読む

巡査長を免職、書類送検 飲酒当て逃げ事故―茨城県警

top_header_logo4
2020年02月14日(金)14時39分

巡査長を免職、書類送検 飲酒当て逃げ事故―茨城県警

 茨城県警は14日、飲酒運転で当て逃げ事故を起こしたとして、警備部国体対策課の男性巡査長(28)を道路交通法違反(酒気帯び運転など)容疑で書類送検し、懲戒免職処分とした。

 監察室によると、巡査長は昨年12月30日夜、水戸市内で酒を飲んだ後に車を運転。コンビニに駐車中の車に衝突し、事故の報告をせず逃走したとされる。
 衝突された車の所有者が110番した。水戸署員らが翌日、現場から約8キロ離れたホテルで巡査長を発見。その場で飲酒運転を認めたという。
 和地義明・県警首席監察官の話 誠に遺憾。信頼回復に努める。

記事検索
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ