山形県

パワハラで消防司令補を懲戒処分

山形新聞
2018年05月16日(水)08時58分

天童市消防本部でパワハラ、減給3月 消防司令補、部下に厳しい言葉

 天童市消防本部の30代消防司令補が、部下の20代消防士に厳しい言葉を浴びせるパワハラ行為を重ねていたことが15日、関係者への取材で分かった。市は2017年冬、消防司令補を減給3カ月の懲戒処分にしたが、これまで公表していなかった。

 複数の関係者によると、2人は高校の先輩後輩の関係で、2015年度には同本部内で同じ勤務グループに所属していた。消防司令補は訓練や酒席の場で消防士に対し日常的に厳しく接し、「辞めてしまえ」などと暴言を吐くこともあったという。

 消防士は精神疾患になり、16年春から数カ月にわたって職務を休んだ。消防士からの被害申告を受け、市が調査に当たり、「行き過ぎた指導」とパワハラ行為を認定した上で減給処分を下した。消防司令補は「申し訳ないことをした」と反省しているといい、消防士は既に職務復帰した。

 市は処分内容を公表しなかった理由について「事案が発覚した当時の規定では、公務中に関わる懲戒処分について、明確な公表基準がなかった」としている。

119番通報の情報で女性と会い、停職1か月

日テレNEWS24
2018年3月29日(木)20時26分

119番通報の情報で女性と会い、停職1か月(山形県)

山形県米沢消防署に勤務する22歳の男性職員が、119番通報で得た情報を使って、交通事故でけがをした女性と会った問題を巡り、この男性職員がきょう付けで停職1か月の懲戒処分となりました。停職1か月の懲戒処分を受けたのは、米沢消防署に勤務する  22歳の男性消防士です。置賜広域行政事務組合消防本部によりますと男性消防士は消防本部の通信指令業務に従事していたおととし10月、交通事故による119番通報で得た情報をもとに、けがをした女性と連絡をとり、会っていたものです。男性消防士は、通報があった当日に「ツイッター」を使って「けがは大丈夫か」などと      女性に連絡し、数か月後に会ったということです。その後も、「LINE」などを通じて連絡を取っていましたが、数か月後に連絡が途絶え、ことしの1月27日に女性の知人の男性から米沢消防署に通報があり発覚しました。消防本部では、全職員に対し守秘義務順守の呼びかけや教育指導を徹底し、再発防止に取り組むと話しています。

女性の腰を抱き締めるなどした陸自隊員3人処分

河北新報
2018年03月23日金曜日

女性の腰を抱き締めるなどした陸自隊員3人処分

 陸上自衛隊神町駐屯地(東根市)は22日、第6後方支援連隊の男性1等陸曹(52)を停職15日とするなど計3人の懲戒処分を発表した。駐屯地によると、1等陸曹は昨年7月15日午前3時半ごろ、県内のコンビニで面識のない女性の腰近くを抱き締めた。このほか、昨年9月7日午前8時20分ごろ、駐屯地で訓練中に後輩の男性隊員の頬を平手打ちし投げ飛ばすなどしたとして、同隊の男性3等陸曹(33)を減給15分の1(1カ月)、昨年12月15日午前7時10分ごろ、駐屯地内で私有車を飲酒運転したとして、第20普通科連隊の男性1等陸曹(50)を停職15日の懲戒処分にした。


記事検索
最新トラックバック
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
QRコード
QRコード
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ