新潟県

新潟市職員児童買春容疑で逮捕

2017年06月08日(木)13時10分 BSN新潟放送

新潟市職員児童買春容疑で逮捕

SNSで知り合った女子高校生にみだらな行為をしたとして新潟市水道局に勤務する51歳の男が児童買春の疑いで逮捕されました。
児童買春の疑いで逮捕されたのは新潟市水道局の主査藤崎智宏容疑者51歳で3月上旬、SNSで知り合った当時16歳の女子高校生に18歳未満であることを知りながら現金を渡してみだらな行為をした疑いが持たれています。県警のサイバーパトロールで事件が発覚し藤崎容疑者は「18歳未満とは知らなかった」などと容疑を一部否認しています。新潟市水道局は「事実が確認されれば、厳正に対処する」としています。


「橋から人が…」消防士がウソの通報

2017年2月23日(木)12時55分 日テレNEWS24

「橋から人が…」消防士がウソの通報

 「橋から人が飛び込んだ」というウソの通報で警察の業務を妨害したとして、新潟県長岡市の消防士が逮捕された。

 偽計業務妨害の疑いで22日夜、逮捕されたのは、長岡市消防本部・新町出張所の消防士・加藤柊生容疑者(21)。22日午前7時40分ごろ、「長岡大橋から人が信濃川に飛び込んだ」と110番通報があり、警察と消防約70人と県警ヘリが捜索にあたった。

 しかし現場に通報者がおらず、警察が調べたところ、加藤容疑者の携帯電話から偽名で通報されていたことがわかった。調べに対し加藤容疑者は、「ウソの110番をしたことは間違いないが、人に言われてやった」と話しているという。

 長岡市消防本部は、「事実を確認した上で厳正な処分を行う」とコメントしている。

警察官が女子中学生にわいせつ行為

2016年1月10日(月)23時01分 NHK NEWS WEB

警察官が女子中学生にわいせつ行為の疑い 新潟

 新潟県長岡警察署の33歳の警察官が、インターネットのSNSで知り合った女子中学生にホテルでわいせつな行為をしたとして、警察に逮捕されました。

 逮捕されたのは、新潟県長岡警察署地域課の巡査長藤田涼太容疑者(33)です。警察の調べによりますと、藤田巡査長は先月下旬、2回にわたって新潟県内の14歳の中学2年生の女子生徒に、ホテルでわいせつな行為をしたとして、県の青少年健全育成条例違反の疑いが持たれています。

 警察によりますと、生活面などに不審な点を抱いた女子生徒の母親から年末に相談が寄せられ、女子生徒から聞き取りなどを行った結果、行為が判明したということです。

 警察の調べに対し、藤田巡査長は相手の年齢を知っていたと容疑を認め、去年11月ごろにインターネットのSNSを通じて知り合ったなどと供述しているということです。また、女子生徒は警察に対し、「向こうからホテルに誘われた」と話しているということです。

 新潟県警察本部の大竹保和首席監察官は「被害者や県民に深くおわび申し上げる。捜査を尽くして処分を含めて厳正に対処したい」としています。


記事検索
最新トラックバック
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
QRコード
QRコード
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ