愛媛県

警察官が妊婦に平手打ち

テレビ愛媛
2020年03月23日(月)12時00分

妊婦に平手打ち…松山東署警察官「行き過ぎた」制止 女性に謝罪【愛媛・松山市】

去年12月、男女間のトラブルを巡る通報を受け駆け付けた松山東警察署の警察官が、妊娠中の女性を制止するため頬を平手で叩いていたことが分かりました。県警はその後「行き過ぎた制止行為だった」と女性に謝罪していました。

県警によりますと去年12月下旬、松山市で男女間のトラブルを巡る通報を受け、松山東警察署地域課の交番勤務の男性巡査部長が現場に駆け付けました。

そして通報した当時妊娠中の30代の女性が大声を出すなど興奮状態だったため、制止しようとして女性の首に手をまわし押さえつけたほか、興奮を鎮めようと頬を平手で1回叩いたということです。

県警は、首を押さえつけたことは制止行為の一環としたものの、平手で叩いたのは「行き過ぎた制止行為だった」として、本人と上司が女性に直接謝罪したということです。

県警監察官室は「現時点では処分などを含めてコメントできない」としています。

消防士が10年間もパワハラか 後輩13人に暴力・暴言

テレ朝news
2019年11月28日(木)18時10分

消防士が10年間もパワハラか 後輩13人に暴力・暴言

 10年近くにわたり、パワーハラスメントをしていたということです。

 愛媛県大洲地区広域消防事務組合消防本部に勤務する男性消防士が2009年9月から今年1月まで、後輩の職員13人に対して暴言を浴びせたり、胸や肩を拳で殴るなどのパワハラを行っていました。パワハラを受けた職員が上司に相談して事態が判明したもので、この男性消防士は上司からの聞き取りに対し、パワハラを大筋で認めているということです。事態を重く見た組合では、この男性消防士を28日付で6カ月間の停職処分としました。

拾ったプリペイドカードを換金

テレビ愛媛
2019年10月29日 (火)16時00分

松山駐屯地の陸曹が他人のプリカ換金し停職 ギャンブル負け取り戻そうと…【愛媛】

松山駐屯地に所属する男性自衛官が29日、市内で他人のプリペイドカードをひろい換金したなどとして停職6か月の懲戒処分になりました。

停職処分を受けたのは松山駐屯地・中部方面特科隊の男性三等陸曹(34)です。

三等陸曹は去年8月、市内のパチンコ店で他人のプリペイドカードをひろい、現金3万円に換金するなどした疑いで書類送検されたあと、起訴猶予になっています。

その後、内部調査に対し「ギャンブルの損失分を取り戻そうとした」と話したということです。

三等陸佐は29日付で停職6か月の懲戒処分を受け依願退職しました。

中部方面特科隊の内野敏紀隊長は「誠に遺憾。服務指導の徹底をはかり再発防止に努めていく」としています。

記事検索
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ