香川県

知人女性の車に剥離剤をかける

瀬戸内海放送
2020年04月28日(火)18時14分

「SNSに悪口」と腹立て知人女性の車の塗装剥ぐ 香川県職員の男に6カ月間の減給処分

 知人の車に剥離剤をかけて塗装をはがした香川県の男性職員が6カ月間の減給10分の1の懲戒処分を受けました。

 香川県長尾土木事務所で主任技師を務める職員(29)は3月上旬、知人の女性と口論になり、SNSに悪口を書き込まれたことに腹を立て、女性の車に剥離剤をかけました。4月3日に器物損壊の罪で罰金30万円の略式命令を受けています。

 職員は、29日から仕事に復帰する予定です。


内部資料を誤って流出

瀬戸内海放送
2020年04月13日(月)18時15分

朝刊とともに“内部資料”配達…警察署が資料を誤って流出 同じプリンターで印刷の募集チラシに混入 高松東警察署

 3月、高松東警察署が、容疑者の名前などが入った内部資料を誤って流出させていたことがわかりました。資料は新聞の折り込みチラシとともに一般家庭に配られていました。

 香川県警によると、流出したのは、犯罪統計に関するデータベースの一部で、2枚の資料に容疑者の名前や被害にあった5つの法人名などが書かれていました。

 3月13日に高松東警察署の女性署員が、データベースの情報を確認するために2枚を印刷したところ、同じ時間帯に同じプリンターで印刷していた警察官募集の折り込みチラシ2400枚の中に混ざりました。

 資料は、5日後、新聞の朝刊とともに高松市の家庭に配達されました。気付いた住人の知人が警察に持ってきたため、1枚は回収しましたが、もう1枚は見つかっていません。

 香川県警は、容疑者と被害者に謝罪するとともに再発防止に努めるとしています。

警察官が妻の首絞め暴行

瀬戸内海放送
2020年04月14日(火)18時15分

妻の首を締めるなど暴行しけがさせた疑い…香川県警の警部補47歳男を逮捕

 去年の1月から3回にわたって妻の首を締めたなどとして、香川県警の警部補が逮捕されました。

 暴行と傷害の疑いで逮捕されたのは、高松市東植田町に住む香川県警本部交通指導課の警部補、須和宏人容疑者(47)です。

 警察によると、須和容疑者は去年1月から今年1月までの間に3回にわたって56歳の妻の首を締めたり、床に引き倒したりして顔や首に最大で全治2週間のけがをさせた疑いです。

 今年1月、妻から110番通報があり発覚しました。須和容疑者は大筋で容疑を認めています。

 香川県警の河合潤一郎主席監察官は「警察官が逮捕されたことは誠に遺憾。明らかになった事実に基づいて厳正に対処する」とコメントしています。

続きを読む
記事検索
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ