山口県

女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に

毎日新聞
2019年4月17日(水)02時00分

女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

 山口県警山陽小野田署の20代女性巡査が、出会い系アプリを通して知り合った複数の男性に金額を提示して交際したとして、減給10分の1(1カ月)の懲戒処分を受けていたことが判明した。処分は1日付で、巡査は同日依願退職した。

 県警監察官室によると、巡査は昨年5~8月、スマートフォン向けの出会い系アプリを使い、複数の男性と交際したとしている。関係者によると、巡査が金額を提示していた。今年2月、巡査が監察官室に相談して発覚。「申し訳なかった」と反省しているという。

 県警は基準に当てはまらないとして処分を公表していなかった。処分理由について、監察官室は「出会い系アプリを使って知り合うこと自体が警察官として不適切と判断した」としている。

山口県・児童買春容疑で光市職員の男逮捕

tys テレビ山口
2019年2月26日(火)18時44分

山口県・児童買春容疑で光市職員の男逮捕

山口県光市の職員の男が、岩国市内のホテルで17歳の少女に現金を渡してみだらな行為をしたとして、逮捕されました。児童買春などの疑いで逮捕されたのは、光市福祉総務課に勤務する市内光井の増岡悠一容疑者です。増岡容疑者は去年11月、SNSで知り合った当時17歳の少女に、岩国市内のホテルで現金を渡してみだらな行為をした疑いがもたれています。調べに対し、みだらな行為については認めているものの、「17歳だったかはよく分からない」と容疑を一部否認しています。少女から警察に相談があり、増岡容疑者の犯行が発覚したということで、警察で余罪や動機などについて調べています。光市の市川熙市長は、「公務員としてあってはならない行為で極めて遺憾」とのコメントを出し、全職員に服務規律の徹底を図るとしています。

山口・速度超過で立ち去りの警部補処分

tys テレビ山口
2019年2月14日(木)12時04分

山口・速度超過で立ち去りの警部補処分

速度違反で停車を求められたにもかかわらず、従わずに立ち去ったとして、山口県警の50代の男性警察官が減給10分の1、1か月の懲戒処分を受けていたことが分かりました。県警監察官室などによりますと警部補は去年11月、自家用車を運転し、下関市内の一般道路を走行していたところ、速度違反の取締りをしていた警察官から停車を求められました。いったん速度を落としましたが停車せず、そのまま立ち去ったということです。車のナンバーなどから警部補が特定され、最初は否認したもののその後容疑を認め、速度超過30キロ未満の交通反則切符を交付されました。警部補は「どこに停車していいか分からず、パトカーの追跡もなかったため自分ではないと思った」と話し、すでに反則金を納めたということです。県警監察官室は、「職員への指導を徹底する」としています。

記事検索
最新トラックバック
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ