山口県

女性自衛官 上司を殴り停職処分

読売
2019年08月01日(木)12時10分

女性空士長、上司の頭殴る…「清掃不十分」と注意され

 航空自衛隊防府北基地(山口県防府市)は31日、同基地に所属する女性空士長(20歳代)を停職6日の懲戒処分にしたと発表した。発表によると、空士長は昨年8月6日午後9時半頃、同基地内の隊舎で、上司の女性3等空曹(同)から「清掃が不十分」などと注意され、3等空曹の頭を2回殴った。空士長は「上司の指導に不満を持っていた」と話していて、3等空曹には謝罪し、反省しているという。

盗撮容疑の警察官を書類送検

tys テレビ山口
2019年7月23日(火)12時04分

県警・盗撮容疑で30代男性巡査を書類送検

山口県警察本部の30代の男性巡査が、女性のスカートの中を盗撮したなどの疑いで書類送検されました。県迷惑行為防止条例違反などの疑いで書類送検されたのは、県警本部の30代の男性巡査です。県警監察官室によりますと、男性巡査は今年5月中旬、県内の商業施設でスマートフォンを女性のスカートの下に差し入れて動画を撮影した疑いです。巡査のスマホからは背後から別の女性の上着の中を撮影したり、他人の家を外から撮影したりした動画が見つかり、合わせて3件で書類送検されました。巡査は容疑を認めているということで、今月9日付けで減給10分の1、6か月の懲戒処分を受け、その日に依願退職をしました。県警では「証拠隠滅や逃走のおそれがない」として逮捕していません。県警監察官室では、「誠に遺憾。被害者の方や県民の皆様に深くおわび申し上げる」としています。

女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に

毎日新聞
2019年4月17日(水)02時00分

女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

 山口県警山陽小野田署の20代女性巡査が、出会い系アプリを通して知り合った複数の男性に金額を提示して交際したとして、減給10分の1(1カ月)の懲戒処分を受けていたことが判明した。処分は1日付で、巡査は同日依願退職した。

 県警監察官室によると、巡査は昨年5~8月、スマートフォン向けの出会い系アプリを使い、複数の男性と交際したとしている。関係者によると、巡査が金額を提示していた。今年2月、巡査が監察官室に相談して発覚。「申し訳なかった」と反省しているという。

 県警は基準に当てはまらないとして処分を公表していなかった。処分理由について、監察官室は「出会い系アプリを使って知り合うこと自体が警察官として不適切と判断した」としている。

記事検索
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ