滋賀県

給食費着服

京都新聞
2018年05月21日(月)22時00分

「パチンコに」給食費688万円着服 滋賀の小学校職員

 滋賀県愛荘町教育委員会は21日、秦荘西小の男性事務職員(21)が、同小の児童と教職員から集めた給食費688万5840円を着服したと発表した。町教委に対し、この職員は着服を認めた上で「パチンコやスロットなどギャンブルに使った」などと話しているという。全額返済されているが、町教委は近く刑事告発する方針。

 町教委によると、職員は昨年8月から今年5月にかけて、計6カ月分の給食費を複数回にわたって通帳から不正に引き出した。5月14日に町給食センターから同小に「多額の給食費が未納になっている」と指摘があり、校長が職員に確認したところ、着服を認めたという。

 男性は県教委の任用職員で昨年4月から同小に勤務し、給食費の通帳管理などを担当していた。昨年11月以降、給食センターから複数回に渡って督促があったが、この職員以外の教職員は把握しておらず、学校側も納付後の領収書の確認をしていなかった。

 職員は現在自宅謹慎中で、「申し訳ない」などと話しているという。着服分は16日に職員の親族が同小に全額返済した。

 会見で植田建次教育長職務代理は「多大なご心配とご迷惑をおかけし心よりおおわび申し上げます」と謝罪した。


警察官が同僚を撃って逃走

NHK NEWS WEB
2018年4月11日(水)22時29分

警察官撃たれ重体 撃ったのは警察官で逃走中 滋賀 彦根

滋賀県警察本部によりますと、11日午後9時ごろ、滋賀県彦根市の河瀬駅前交番で、警察官が同僚の警察官を拳銃で撃ち、その場から逃走したということです。

撃たれた警察官は病院に搬送されましたが、意識不明の重体だということです。

また、撃った警察官は拳銃を持ったまま交番からパトカーで逃走したと見られ、彦根市の隣の愛荘町でそのパトカーが見つかり、警察が行方を捜査しています。


交番は駅前 周辺には住宅街も

滋賀県彦根市にある河瀬駅前交番は、JR東海道線の河瀬駅前にある交番で、周辺は住宅街が広がっているほか、学校などもあります。彦根市中心部にある彦根城からは南に7キロほど離れています。

続きを読む

パワハラ死で大津市が賠償

産経WEST
2018年2月14日(水)12時20分

市職員のパワハラ死、大津市が賠償へ 遺族に800万円 上司から「何回同じこと言わすねん」、精神安定剤大量服用で死亡

 大津市企業局の40代男性職員が課長補佐級の男性上司(55)から叱責を繰り返されるなどのパワーハラスメントを受け、精神安定剤を大量に服用して死亡した問題で、同市は14日、遺族に損害賠償金800万円を支払うことで合意したと発表した。

 同市によると、男性職員は平成26年4月~27年3月の約1年間にわたり、週に2、3回、周囲に聞こえる大声で上司から「何回同じこと言わせんねん」など、非難のような注意を繰り返し受けた。男性は27年3月、精神安定剤を大量に服用した後、急性心不全で死亡した。

 同市はパワハラと大量服用には因果関係があったと認め、大津簡裁で民事調停を進めていた。ただ同市は「精神安定剤は致死量でなかったため服用と死亡との因果関係はない」としている。

記事検索
最新トラックバック
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
QRコード
QRコード
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ