滋賀県

盗撮の臨時職員を懲戒免職 大津市

京都新聞
2017年11月30日(木)18時50分

盗撮の臨時職員を懲戒免職 大津市

 大津市は30日、盗撮して逮捕された市立伊香立児童クラブの臨時職員(34)を懲戒免職にした。

 臨時職員は14日に市内のコンビニで女性客のスカートの下にスマートフォンを差し入れた疑いで、大津署に滋賀県迷惑防止条例違反の疑いで逮捕された。市は「被害者や市民に深くお詫びします。再発防止に努めます」とコメントを出した。

タクシー運転手暴行の職員を懲戒免職

京都新聞
2017年11月30日(木)19時30分

タクシー運転手暴行の職員を懲戒免職 滋賀・米原市

 滋賀県米原市は30日、酒を飲んでタクシー運転手に暴行し、けがを追わせたとして傷害罪で略式起訴された林務課の男性主査(42)を懲戒免職にしたと発表した。

 市によると、主査は「市民の職員に対する評価を落としたことをおわびしたい」と話したという。このほか、経済環境部長を厳重注意、林務課長を戒告、平尾道雄市長は給料1割を来年1月から2カ月自主減額するという。

出産した女児の遺体を放置 女性自衛官を逮捕

毎日新聞
2017年8月1日(火)23時40分

陸自駐屯地 隊舎内で自衛官の女が出産、女児遺体を放置

 出産した女児の遺体を自室に放置したとして、滋賀県警は1日、同県高島市今津町今津の陸上自衛隊今津駐屯地第10戦車大隊に所属する陸士長、田村榛菜(はるな)容疑者(23)を死体遺棄容疑で逮捕した。

 逮捕容疑は今年7月27日午前6時半ごろ、駐屯地の隊舎内で出産した女児の遺体を自室に放置し、遺棄したとしている。県警捜査1課によると、田村容疑者は容疑を認めている。

 司法解剖の結果、女児の死因は窒息で、目立った外傷はなかった。田村容疑者は「同日午前6時ごろに一人で産み、死産だった」と供述しているが、県警は出生時は生きており、6時半ごろ死亡したとみている。女児は新聞紙に包まれていた。

 田村容疑者の同僚が同日午後2時ごろ女児の遺体を発見し、駐屯地を通じて高島署に通報した。

記事検索
最新トラックバック
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
QRコード
QRコード
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ