北海道

相次ぐ職員の不祥事 札幌市

北海道新聞
2017年10月04日(水)05時00分

札幌市、止まらぬ不祥事 17年度上期18件、4件増 防止策効果出ず

 札幌市や札幌市教委で、職員によるわいせつ行為や窃盗、情報漏えいなどの不祥事が2017年度も後を絶たない。市が17年度上期(4~9月)に発表した事例は18件で、16年度上期を4件上回った。10月も1件を公表した。市は不祥事防止策を講じてはいるものの、効果が上がっていない実態が浮き彫りになっている。

 17年度上期の18件のうち、逮捕されたのは住居侵入と窃盗の2件。懲戒免職処分は無許可アルバイト、職員による職場の親睦会費の盗難、わいせつ行為の3件だった。

 市は職場間の情報共有を徹底し、管理職向けの緊急研修を実施。不祥事を未然に防ぐ取り組みを進めてきたが、対策が浸透していない可能性が高い。

 市総務局人事課は、不祥事が多い状態が続いていることを認める。その上で「不祥事の防止に向け、管理職のマネジメント力を向上させるなど、より効果的な取り組みをしていきたい」としている。

北海道新聞、2017年10月4日

札幌市職員 アルバイトで免職

NHK NEWS WEB
2017年09月15日(金)16時59分

札幌市職員 アルバイトで免職

札幌市の57歳の職員が公務員の兼職を禁止する法律に違反してコンビニエンスストアや飲食店などでアルバイトを繰り返し、収入を得ていたなどとして、市はこの職員を15日付けで懲戒免職の処分としました。
懲戒免職の処分を受けたのは、札幌市北部市税事務所の畑山啓造主査(57歳)です。
札幌市によりますと、畑山主査は、おととし2月から2年あまりにわたって市内のコンビニエンスストアや飲食店など12の店舗でアルバイトを繰り返し、あわせておよそ195万円の収入を得ていた上、勤務時間中に居眠りや勝手に席を離れる行為を繰り返していたということです。
畑山主査は、「借金と養育費で生活が苦しかった」と話し、反省しているということですが、札幌市は、公務員の兼業を禁止する法律に違反して信用を失墜させたとして、15日付けで懲戒免職の処分にしました。
札幌市の遠藤康弘税務担当局長は「心より深くお詫び申し上げます。
職員の服務規律の徹底に取り組み、信頼回復に努めていきます」とするコメントしています。
札幌市はこのほか、それぞれ生活保護費の誤って支給したり、工事の発注で不適切な事務処理をしたりしたとして、2人を減給の懲戒処分としました。

女性の胸触った疑い 千歳市職員逮捕

北海道新聞
2017年09月09日(土)19時04分

女性の胸触った疑い 千歳市職員逮捕

【函館】函館西署は9日、道迷惑防止条例違反(卑わいな行為)の疑いで、千歳市青葉2、千歳市職員片倉重文容疑者(33)を逮捕した。逮捕容疑は8日午後11時50分ごろ、JR函館駅に近い函館市若松町の路上で、渡島管内に住む20代女性の胸を服の上から触った疑い。同署によると、片倉容疑者は酔って初対面の女性に声をかけ、背後から胸を触った。女性が交番に届け出た。片倉容疑者は9日に青森県へ向かう途中で、容疑を認めているという。

記事検索
最新トラックバック
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
QRコード
QRコード
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ