北海道

海士長が飲酒運転

NHK NEWS WEB
2017年12月4日(月)12時30分

自衛官が信号無視 逃走 衝突か 飲酒運転容疑で逮捕 北海道

4日未明、北海道函館市で、23歳の自衛官が運転する車が信号無視をしたあと、パトカーの追跡を受けておよそ1.5キロ逃走し、止まっていた車に衝突しました。自衛官からは基準を上回るアルコールが検出されたということで、警察は酒気帯び運転の疑いで逮捕しました。

逮捕されたのは、青森県むつ市にある海上自衛隊大湊基地に配備されている護衛艦「ちくま」の海士長の鎌田京治容疑者(23)です。

警察によりますと、4日午前0時すぎ、北海道函館市大町で車を運転中、赤信号を無視して交差点に進入しパトロール中のパトカーが呼び止めましたが、およそ1.5キロにわたって逃走し、駐車していた車に衝突しました。

さらに数百メートル運転したところで警察に取り押さえられ、基準を上回るアルコールが検出されたとして、酒気帯び運転の疑いでその場で逮捕されました。

警察によりますと、衝突した車には誰も乗っておらず、けが人はいませんでした。

調べに対し、「酒を飲んで運転した」と容疑を認めているということで、警察は酒を飲んだ詳しい状況などを調べることにしています。

護衛艦の艦長の話

護衛艦「ちくま」の大矢実艦長は「深くおわび申し上げる。再発防止に努め、服務指導を行うほか、警察の捜査に協力していく」と話しています。

職場提訴の消防士を免職

共同通信
2017年12月1日(金)23時30分

職場提訴の消防士を免職
北海道「組織の秩序乱す」

 北海道十勝地方のとかち広域消防事務組合は1日、職務変更を不服として組合を提訴し、組織の秩序を乱したとして、池田消防署(池田町)の男性係長(47)を懲戒免職処分とした。

 組合などによると、消防器具の点検不備を同僚のせいにするなど、嫌がらせ行為をしたとして4月、男性の職務を現場の消防士から内勤に変更した。男性は「身に覚えがない」と主張。「精神的苦痛を受けた」として7月、組合側に300万円の損害賠償を求め、釧路地裁帯広支部に提訴した。

 男性は1日、帯広市内で記者会見し「裁判を起こしたことで免職になるとは夢にも思わなかった。何とか職場に戻りたい」と訴えた。

自衛官“飲酒運転” 住宅のブロック塀に突っ込む


テレ朝news
2017年10月15日(日)11時52分

自衛官“飲酒運転” 住宅のブロック塀に突っ込む

15日未明、北海道釧路市で酒を飲んだ自衛官が運転する車が住宅のブロック塀に突っ込みました。

 酒気帯び運転の疑いで逮捕されたのは、陸上自衛隊釧路駐屯地所属の陸曹長・石川帝容疑者(49)です。石川容疑者が運転していた車は午前2時すぎ、釧路市の市道で反対車線の歩道に乗り上げ、ごみ置き場や住宅のブロック塀などに衝突しました。付近の住民の通報を受けて警察が駆け付けたところ、石川容疑者の呼気から基準値を上回るアルコールが検出されました。石川容疑者は容疑を認めていて、警察は酒を飲んだ経緯などについて詳しく調べています。



テレ朝new2017-10-16 (1)テレ朝new2017-10-16 (2)




記事検索
最新トラックバック
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
QRコード
QRコード
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ