北海道

警察官が他人のクレジットカードで商品購入

北海道新聞
2019年12月06日(金)01時15分

帯広署巡査部長を逮捕 他人のカード情報で商品購入疑い

 他人のクレジットカード情報でインターネットを通じて商品を不正に購入したとして兵庫県警サイバー犯罪対策課は5日、電子計算機使用詐欺の疑いで帯広市西11南27、帯広署刑事2課巡査部長池田勝丸容疑者(34)を逮捕した。この事件に絡み、県警は帯広署を11月に家宅捜索していた。

 逮捕容疑は昨年8月、不正入手した他人のカード情報を使って決済サービスアプリに登録。インターネット通販サイトで近距離無線通信ブルートゥース対応のイヤホン(1万8千円相当)を購入し、この決済サービスで支払い、不法な利益を得た疑い。

2019-12-06、北海道新聞

陸士長が住居侵入容疑

FNN PRIME
2019年11月25日 月曜 午後7時10分

「部屋に知らない男が…」酔って60代男性の部屋へ侵入 21歳自衛官の男逮捕 北海道

 酒に酔って他人の家に侵入したとして、北海道千歳市の陸上自衛隊の21歳の陸士長の男が逮捕されました。


 住居侵入の現行犯で逮捕されたのは、陸上自衛隊 北千歳駐屯地の21歳の陸士長の男です。


 男は2019年11月24日午前1時35分ごろ、北海道恵庭市泉町にある共同住宅の6階の一室に侵入し、駆け付けた警察官に現行犯逮捕されました。


 この部屋の60代の男性住民から「部屋に知らない男がいる」と通報があり、事件が発覚しました。


 男は男性と面識はなく、当時部屋の鍵は開いていたということです。


 調べに対し陸士長の男は「酔っぱらって覚えていない」と話す一方、部屋への侵入は認めているということです。

救急車を飲酒運転

産経新聞
2019年11月13日(水)12時07分

飲酒後に救急車を運転 26歳消防士、北海道興部町

 北海道興部町の紋別地区消防組合消防署興部支署所属の男性消防士(26)が今月、飲酒後に救急車を運転していたことが13日、分かった。消防組合は男性消防士と同乗していた上司の処分を検討している。

 消防組合によると、男性消防士は非番だった5日午後10時ごろ、宿舎で350ミリリットルの発泡酒1本を飲んだ。午後10時半ごろ、町内で火災が発生、呼び出しを受けて、隣にある支署に徒歩で出勤した。救急車を運転したが、直後に応援不要との連絡があり支署に戻った。往復で計約500メートルを走行した。

 同乗した上司2人が酒の臭いに気付き問いただすと飲酒を認めたため、消防組合は6日になって道警興部署に連絡。男性消防士は「現場に行かなくてはと思い、言い出せなかった」と話しているという。同組合は「住民の信頼を失う行為でおわびする」としている。


記事検索
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ