北海道

暴行と脅迫容疑 巡査部長を逮捕

NHK NEWS WEB
2020年08月01日(土)22時31分

暴行と脅迫容疑 巡査部長を逮捕

函館西警察署に所属する40歳の巡査部長が帰宅途中の30代の女性に肩をつかむなど暴行したうえで「大声を出すと殴る」と脅した疑いで逮捕されました。

逮捕されたのは、函館西警察署交通課に所属する巡査部長の谷内章憲容疑者(40)です。

警察によりますと、谷内巡査部長は先月27日午後10時前、渡島地方にある住宅の敷地内で帰宅途中の30代の女性の肩をつかむなどしたうえで「大声を出すと殴る」と脅したとして、暴行と脅迫の疑いが持たれています。

被害に遭った女性はその場で警察に通報し、その後、警察が近くの防犯カメラの映像などを調べた結果、谷内巡査部長の関与が強まったということです。

警察の調べに対し、谷内巡査部長は容疑を認めているということです。

女性は「巡査部長とは面識がない」と話しているということで、警察はストーカー行為の可能性もあるとみて捜査しています。

北海道警察本部の高田重栄監察官室長は「警察官がこのようなことを起こし誠に遺憾だ。被害者の方に深くおわびを申し上げるとともに厳正に処分します」とコメントしています。


自衛官が横領で懲戒免職

フジテレビ
2020年7月28日 火曜 午後9時00分

「お金に困っていた」 24歳男性自衛官が懲戒免職処分 外部団体の会費など約107万円横領発覚で

 自衛隊外部の団体の活動会費から現金約107万円を横領したとして、陸上自衛隊上富良野駐屯地に所属する24歳の男性自衛官が懲戒免職処分を受けました。

 7月28日付で懲戒免職の処分を受けたのは、陸上自衛隊上富良野駐屯地第4特科群に所属する24歳の男性3等陸曹です。

 陸上自衛隊によりますと、3等陸曹は2018年9月ごろから2019年3月ごろかけて、部隊の外部団体の会費などから現金107万円を横領しました。

 この団体が「会計面に不明瞭な点がある」と部隊に連絡したことから横領が発覚しました。

 自衛隊の聞き取りに対し3等陸曹は「お金に困っていた」と話しているということです。

 今回の処分について、第4特科群長は「国民の信頼を失うような事案が発生したことについては大変申し訳なく思います。調査の結果、判明した事実に基づき厳正に対処しました。今一度襟を正し、このようなことが二度とないよう、健全な部隊・隊員を育成する所存です」とコメントしています。


死亡事故 2等陸曹を停職

北海道新聞
2020年06月23日(火)16時00分

死亡事故 2等陸曹を停職

 陸上自衛隊第11旅団(札幌)は23日、私有のオートバイで男性をはねて死亡させたとして、同旅団第11飛行隊(同)の松山孝行2等陸曹(42)を停職60日の懲戒処分にした。

 同旅団によると、松山2曹は昨年8月7日午後10時5分ごろ、札幌市東区の道道交差点で自転車で道路を横断していた男性をオートバイではねて死亡させ、自動車運転処罰法違反(過失致死)の疑いで札幌東署に現行犯逮捕された。

記事検索
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ