北海道

女性非常勤職員を解職処分 札幌市、470万着服で

産経新聞
2020年1月20日(月)12時36分

女性非常勤職員を解職処分 札幌市、470万着服で

 札幌市は20日、同市白石区にある地区会館の改修費用など計約470万円を着服したとして、町内会や住民団体の活動支援を行う「菊水まちづくりセンター」の女性非常勤職員(40)を解職処分にしたと発表した。処分は17日付。

 市は当初、刑事告発する方針だったが、女性職員が全額返還したことから告発を見送った。

 市によると、女性職員は同センターに平成29年4月から勤務。30年1月ごろから、住民団体などから預かっている通帳や、現金を保管している金庫から着服を繰り返していた。「生活費が不足していた」と説明したという。

盗撮で現行犯逮捕

北海道文化放送
2019年12月29日(日)18時06分

「女性の足見るとムラムラして」札幌に帰省中の"陸自幹部"現行犯逮捕…スマホ使い書店で下着や足動画盗撮

 北海道札幌市内の書店で20代の女性のスカートの中をスマートフォンで盗撮したとして、自衛官幹部の男が、北海道迷惑行為防止条例違反の現行犯で逮捕されました。

 逮捕されたのは、北海道にある陸上自衛隊・別海駐屯地所属の一尉、高島章容疑者(52)です。

 高島容疑者は2019年12月28日午後7時40分ごろ、北海道札幌市清田区美しが丘1条5丁目の書店で、20代の女性のスカートの中にスマートフォンを差し入れ、下着や足などを動画で撮影しました。

 警察によりますと、男性警備員が犯行を見て、高島容疑者を取り押さえ、その後警察に引き渡しました。

 高島容疑者は、休暇中で帰省していたということです。警察の調べに対し「女性の足を見るとムラムラして、撮影したくなる」「衝動的にやってしまった」などと話しています。

酒気帯び運転の容疑で自衛官を逮捕

北海道新聞
2019年12月14日(土)11時20分

酒気帯び運転の容疑で自衛官を逮捕 網走署

 【網走】網走署は14日、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで、網走市つくしケ丘5、航空自衛隊網走分屯基地所属の自衛官中山陽敦容疑者(38)を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は同日午前0時半ごろ、同市南8東3の市道で酒気を帯びた状態で軽乗用車を運転した疑い。

 同署によると、検問で中山容疑者の呼気から基準値を上回るアルコールが検出されたという。

記事検索
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ