岐阜県

岐阜市が2職員処分 親睦会費流用や事故隠蔽

岐阜新聞
2018年02月10日(土)09時02分

岐阜市が2職員処分 親睦会費流用や事故隠蔽

 岐阜市は9日、職員でつくる親睦会の会費を私的に流用したなどとして、基盤整備部の係長級の男性職員(50)を停職6カ月の懲戒処分とした。また、公務中に起こした人身交通事故を警察に申告せず上司にも報告しなかったとして、農業委員会事務局の男性職員(28)を戒告の懲戒処分とした。

 係長級職員は2016年度に所属する課の親睦会で会計担当を任され、現金で預かった会費計約240万円を親睦会名義の預金口座に入れずに自宅へ持ち帰り、60万円ほどを日用品の購入や税金の支払いなどに充てていたという。新年会などの代金約120万円の支払いを半年近く放置していたため、人事課が今年に入って聴き取りしたところ着服を認めた。全額弁済されているという。

 男性職員は昨年8月に公用の軽自動車を市内で運転中、自転車の50代男性をはねた。相手は軽いけがを負ったが「大ごとにしなくて良い」と言われたとして警察に申告せず、現場を離れた。後日、損傷した車のバンパーを塗装するなど事故を隠蔽(いんぺい)しようとしたほか、車両の損傷を問いただした管財課職員に2度にわたり「知りません」と答えた。事故から9日後にようやく認め、上司と警察に事故を届けた。男性とは示談したという。

巡査部長が信号無視 パトカーに追われ人身事故

岐阜新聞
2017年12月26日(火)08時47分

巡査部長が信号無視 パトカーに追われ人身事故

 岐阜県警自動車警ら隊の30代の男性巡査部長が今月2日、乗用車を運転中に信号無視をしてパトカーに追跡され、その後、人身事故を起こしていたことが25日、捜査関係者への取材で分かった。県警は道交法違反などの疑いで調べるとともに、処分を検討している。

 捜査関係者によると、巡査部長は2日午後10時35分ごろ、本巣市の国道303号を走行中、信号を無視し、パトカーに追跡された。

 パトカーは車を見失ったが、約3分後、巡査部長は信号機のない交差点で、軽乗用車と出合い頭に衝突する事故を起こし、軽乗用車に乗っていた女性2人が軽傷を負った。

 巡査部長は県警音楽隊に所属し、2日は岐阜市内で定期演奏会に出演。その後、隊員らと食事し、帰宅途中だったという。県警監察課は「厳正に対処する」としている。

続きを読む

詐欺で逮捕された男から現金や商品券を受け取る 巡査を懲戒処分

岐阜新聞
2017年12月16日(土)07時52分

詐欺被告にカード渡し謝礼受領 巡査を懲戒処分

 クレジットカードをだまし取ったとして、詐欺罪で起訴された岐阜県羽島郡岐南町八剣北、無職手塚栄一被告(55)の事件に絡み、県警監察課は15日、手塚被告にクレジットカードを貸した見返りに謝礼を受け取り、さらに同僚らを紹介した大垣署の男性巡査(24)を、カードの規約違反に当たるとして、停職3カ月の懲戒処分とした。男性は同日付で依願退職した。

 同課によると、男性は2014年8月ごろ、巡回連絡中に手塚被告と知り合い、今年4月ごろまでの間に、だまされてカード計7枚を渡したという。男性は見返りに現金5万円や商品券計15万円を受け取り、現金76万円も借りたという。

 男性は15年2月~今年5月ごろにかけ、後輩の22~24歳の男性巡査3人を手塚被告に紹介。3人はそれぞれカード3~5枚を渡し、うち2人は現金や商品券で5万円の謝礼を受け取っていたという。

 同課はこの3人についても、同日付で所属長注意の処分とした。佐名健太首席監察官は「誠に遺憾。職員に対する身上指導、職務倫理教養を徹底する」と話した。

記事検索
最新トラックバック
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
QRコード
QRコード
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ