岐阜県

自治会費531万円「生活費に」副区長が着服か

岐阜新聞
2019年03月13日(水)07時57分

自治会費531万円「生活費に」副区長が着服か

 岐阜県多治見市西坂町の自治組織役員の40代の男性が、住民から集めた自治会費531万2千円を着服した疑いがあることが12日、分かった。男性は、同町が区域になっている第39区の5人いる副区長のうちの1人。区長らが先月26日に多治見署に被害届を提出した。

 男性区長(69)によると、男性は会計を担当し、昨年4月から11月の間に、531万2千円を8回に分けて金融機関の口座から引き出した。先月24日に発覚し、区長らの聞き取りに対して男性は「生活費に充てた」と説明したという。

 男性はこれまでに278万円を返済した。区長は取材に「自治会費は地元の祭りなどで使うもの。このままでは今後の活動に支障を来す」と早期返済を求めるとした。署は「現在は捜査中」とコメントした。

岐阜市職員が建造物侵入

中京テレビニュース
2019年3月2日(土)11時06分

岐阜大学の建物に侵入した疑い 岐阜市職員の男、逮捕 岐阜市

 1日午後、岐阜市で岐阜大学の建物に侵入したとして、同市上下水道事業部職員・伊藤峻容疑者(27)が建造物侵入の疑いで現行犯逮捕されました。

 警察などによると、伊藤容疑者は1日午後1時半ごろ、岐阜大学の建物に侵入した疑いがもたれています。調べに対し、伊藤容疑者は容疑を認めたうえで「たばこを吸いに入っただけだ」と供述しているということです。

 岐阜市によると、伊藤容疑者と岐阜大学に接点はなく、1日午前11時半から有給休暇を取得していたということです。職員の逮捕を受けて市は再発防止のためのメンタルケアの方針を示し、処分については事実確認を精査してから検討するとしています。

2019年03月02日、中京テレビ

岐阜県警、セクハラで警官2人を処分

中日新聞
2019年2月28日(木)00時59分

岐阜県警、セクハラで警官2人を処分

 知人女性の体に触れるなどのセクハラ行為をしたとして、岐阜県警が男性警察官2人を懲戒処分にしていたことが、県警への取材で分かった。

 県警監察課によると、酒席で知人女性の体に触れるなどしたとして、県内の警察署勤務の男性巡査長を減給10分の1(3カ月)の懲戒処分とした。また、別の女性にセクハラ発言をしたとして、県警本部勤務の男性警部を戒告の懲戒処分とした。

 いずれも処分は1月30日付。県警は、いずれも職務とは関係ない私的行為だったとしている。

記事検索
最新トラックバック
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ