岐阜県

県防災ヘリ運航できず 整備士パワハラで懲戒処分

岐阜新聞
2019年11月30日(土)07時52分

県防災ヘリ運航できず 整備士パワハラで懲戒処分

 岐阜県は29日、消火や救助、搬送活動を担う防災ヘリ「若鮎Ⅲ」の自主運航を10月1日から停止していることを明らかにした。県防災航空センターの同機を実質的に1人で整備していた男性整備士(48)が部下の20代の男性整備士に行ったパワハラを調査するため、見合わせていた。29日付で停職1カ月の懲戒処分を受けた整備士は12月末で退職する意向を示しており、同機の運航を再開する見通しは立っていない。

 県によると、整備士は2015年4月から17年7月までの間に指導の一環として、少なくとも7回にわたって部下の頭をたたいたり、足を蹴ったりしたほか、「なめ腐ってんじゃねえぞ」などと暴言を吐いた。部下は18年12月に精神疾患で休職した際に県人事課に被害を訴え、今年4月に復帰したが、「陰で悪口を言われる」と9月に再び被害を伝えた。部下は16年4月以降、センター長らに複数回相談し、センター側は整備士を指導したが、同課に報告していなかった。当時のセンター長ら4人を文書による厳重注意とした。

 センターは若鮎Ⅲと民間に運航委託している「若鮎Ⅰ」の2機を運用している。県警と若鮎Ⅲを共同利用しているが、機体に問題はなく、県警は継続して使用する。県警の飛行時には県警所属の整備士が機体を点検しているが、県は「指揮命令系統が違うため、県警の整備士に替わってもらうことはできない」とし、「県警や応援協定を結ぶ他県の支援を受けられることから県の運用に支障はない」と説明している。今後、若鮎Ⅲの整備士を確保する方針。

 若鮎Ⅲは、2009年に高山市の北アルプスで救助活動中に墜落した「若鮎Ⅱ」の後継機として11年11月に運航を開始した。

 また、若鮎Ⅲに備え付けられ、救助時に人をつり上げる「ホイスト」と呼ばれる装置について、処分を受けた整備士が製造メーカーの求める頻度での点検を行っていなかったことも判明した。

 県によると、点検は1カ月ごとか3時間の使用などを基準に必要だが、同整備士は1カ月の基準を70日間過ぎてから点検したことがあった。また、同整備士がガソリンや灯油などの消防法に定められた危険物約1200リットルを原則認められていないヘリの格納庫に保管していたことも発覚した。センターが今月28日までに全て撤去した。

自衛官の男女2人逮捕 女子浴室に盗撮目的で侵入か

中京テレビニュース
2019年11月27日(水)16時40分

自衛官の男女2人逮捕 女子浴室に盗撮目的で侵入か 航空自衛隊岐阜基地

 女子浴室に盗撮目的で侵入したとして自衛官の男女2人が27日、建造物侵入の疑いで逮捕されました。

 逮捕されたのは航空自衛隊岐阜基地の2等空曹・長畑公喜容疑者(35)と、空士長・野田ひかり容疑者(24)の2人です。

 警察によりますと、2人は共謀して2017年10月ごろから去年3月ごろまでの間に、岐阜基地内にある女子浴室の脱衣場に盗撮する目的で侵入した疑いがもたれています。

 岐阜基地は「誠に遺憾である。厳正に受け止め、再発防止に全力を期す」とコメントしています。

横領で小学校事務職員を逮捕

メーテレ
2019年8月27日(火)01時21分

岐阜市の小学校で学校名義の口座から横領 事務職員の男を逮捕 学校の金を1人で管理

 岐阜市の小学校で学校の口座から37万円を横領したとして事務職員の男が逮捕されました。

 逮捕された岐阜市立岩小学校の事務職員、篠田誠生容疑者(27)は22日、勤務先の学校名義の複数の口座から現金約37万円を引き出した疑いがもたれています。

 篠田容疑者は26日朝、「公金を横領した」と警察に自首していて、容疑を認めています。

 岐阜市教育委員会によりますと、篠田容疑者は事務職員として、1人で給食費や各学年の教材費など複数の口座を管理していたということです。

 岩小学校では180万円以上の給食費未納分が不明金となっていて、警察が余罪を調べています。

記事検索
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ