岐阜県

暴力団関係者に捜査情報漏らす

岐阜新聞
2021年04月02日(金)08時51分

警部補、暴力団関係者に捜査情報漏えい疑い 組員の交際女性に伝えたか

 岐阜県警の30代の男性警部補が暴力団関係者に捜査情報を漏えいしたとして、県警が地方公務員法(守秘義務)違反の疑いで捜査していることが1日、捜査関係者への取材で分かった。県警は警部補の自宅を家宅捜索しており、事実関係を慎重に調べている。

 捜査関係者によると、警部補は高山署の刑事課に勤務。暴力団排除や知能犯事件の捜査などを担当していた。捜査のために暴力団関係者が出入りする高山市内の飲食店を頻繁に利用していたといい、知り合いの暴力団組員の交際女性を通じて捜査で知り得た情報を伝えていたとみられる。

 県警は今年に入って外部からの情報提供を受け、漏えいの疑惑を把握。内部調査を進めている。

のぞき

岐阜新聞
2021年03月31日(水)08時40分

脱衣所の同僚をのぞき見、共謀した巡査2人を処分

 警察施設内の脱衣所にいる同僚職員をのぞき見たとして、岐阜県警が本部の部署に勤務する巡査2人を、それぞれ減給10分の1(3カ月)と同(1カ月)の懲戒処分にしていたことが30日、岐阜新聞の情報公開請求で分かった。処分は2月4日付。監察課によると、処分後に2人は依願退職した。

 2人は共謀してのぞき行為をしていたとみられ、主導的に行為に及んでいた巡査に対してより重い処分を科した。県警の聴取に、2人は警察施設以外でののぞき行為は行っていない、と答えているという。

 監察課は2人の行為が県迷惑行為防止条例(卑わいな行為の禁止)に抵触する可能性があるとした上で「発表事案ではないため、詳細は差し控える」とした。

盗撮で巡査部長を逮捕

CBCテレビ
2021年03月27日(土) 7時06分

当直明けに…ホテルで女性の下着姿を盗撮容疑、岐阜県警巡査部長 逮捕

 岐阜県警の巡査部長が女性の下着姿を盗撮したとして逮捕されました。逮捕されたのは、岐阜県警岐阜中警察署巡査部長の小森俊宏容疑者(38)です。

 警察によりますと、小森容疑者は26日午後4時半すぎ、岐阜市内のホテルで風俗店の女性従業員の下着姿を盗撮した県の条例違反の疑いが持たれています。

 小森容疑者は犯行当日、当直勤務明けで、警察の調べに対し容疑を認めているということです。警察官の逮捕を受け、桂川勝広首席監察官は「事実関係を捜査し、厳正に対処したい」としています。


記事検索
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ