京都府

後輩にパワハラ

京都新聞
2021年3月30日(火)  20時33分

海曹が鍵の管理不十分として後輩から罰金取る パワハラで停職3カ月の懲戒処分

 海上自衛隊舞鶴地方総監部は30日、パワハラをした「護衛艦あさぎり」の40代の男性2等海曹を停職3カ月の懲戒処分にした。

 同総監部によると、2等海曹は2017年10月~19年8月、鍵の管理不十分などの罰金として後輩隊員3人から計2万6千円を受け取り、別の1人に食品代約600円を支払わせた。徴収した現金は艦内の日常品や、転勤する隊員への記念品購入に充てたという。

警部補が遺体写真を知人女性に送信

www_chunichi_co
2021年3月18日(木)16時00分

被害者遺体写真、京都府警が流出 警部補が知人に送信

 京都府警が捜査した殺人事件を巡り、下京署の三十代の男性警部補が被害女性の遺体写真を知人女性に送信し、外部に流出させていたことが、捜査関係者への取材で分かった。府警は地方公務員法(守秘義務)違反の疑いで調べるとともに、警部補の処分を検討している。

 捜査関係者によると、流出したのは昨年十月に京都市下京区で刺殺された女性=当時(24)=の写真。警部補は接写されたとみられる画像を知人女性に送信していた。

 府警の調査に送信を認めた上で、「他の警察官に(画像を)送ってもらった」と説明しているという。

 知人女性が、警部補との交際トラブルを府警に相談した際に、写真の流出が発覚。女性は事件と無関係で、女性以外への流出はないとみられる。


同僚に暴行

京都新聞
2021年2月15日(月)16時35分

同僚殴り、網膜剥離のけが負わせる 陸自40代陸曹を懲戒処分「肩つかまれ立腹してしまった」

 陸上自衛隊宇治駐屯地(京都府宇治市)は15日、同僚を殴ってけがを負わせたとして、関西補給処の40代男性陸曹を停職15日の懲戒処分にしたと発表した。

 同駐屯地によると、男性陸曹は2017年4月21日夜に駐屯地外の宿泊施設で同僚の顔面を殴打し、網膜剥離による視力の低下など症状固定に10カ月かかるけがを負わせた。男性陸曹は「同僚に注意され、肩をつかまれたことに立腹してしまった」と話しているという。


記事検索
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ