京都府

公衆浴場で幼女盗撮の自衛官停職

京都新聞
2018年02月20日(火)11時48分

公衆浴場で幼女盗撮の自衛官停職 「性的な関心からやった」

 公衆浴場で幼女を盗撮したとして、陸上自衛隊福知山駐屯地(京都府福知山市天田)は20日、第7普通科連隊の3等陸曹(36)を、停職15日の懲戒処分にした。

 同駐屯地によると、3等陸曹は昨年6月3日午後4時ごろ、大阪市の公衆浴場で、父親と入浴中の18歳未満の幼女を小型カメラで盗撮した。大阪府警に児童買春・ポルノ禁止法違反容疑で書類送検され、罰金刑を受けた。

 3等陸曹は「性的な関心からやった」と話し、辞職の意向を示しているという。第7普通科連隊の飯島達也連隊長は「隊員への教育・指導を徹底し、再発防止に万全を期したい」としている。

建造物侵入容疑で亀岡市職員逮捕

京都新聞
2018年01月11日(木)22時20分

「盗撮目的」市職員がマンション侵入 京都、容疑で逮捕

 京都府警北署は11日、建造物侵入の疑いで、亀岡市農林振興課主事の男(23)=京都市上京区御前通一条下ル=を逮捕した。

 逮捕容疑は、11日午前1時40分ごろ、北区の学生マンション1階のベランダ部分に侵入した疑い。

 北署によると、男は1階に住む女性を窓越しにスマートフォンで撮影していた。女性と面識はなく、「盗撮目的で侵入した」と容疑を認めているという。

宇治と亀岡で市職員の逮捕相次ぐ

NHK NEWS WEB
2018年01月11日(木)21時50分

宇治と亀岡で市職員の逮捕相次ぐ

宇治市の37歳の職員が、京都市内の駅で女子高校生のスカートの下にスマートフォンを差し出して盗撮しようとしたとして、府の迷惑行為防止条例違反の疑いで逮捕されました。
逮捕されたのは、宇治市建設総務課主任の吉村敬司容疑者(37)です。
警察によりますと、吉村主任は11日午前7時45分ごろ、京都市伏見区の京阪電鉄中書島駅の階段で女子高校生のスカートの下にスマートフォンを差し出して盗撮しようとしたとして、府の迷惑行為防止条例違反の疑いが持たれています。
先月、駅の利用者から警察に「盗撮をしている男がいる」という情報が寄せられていたため、警察官が警戒にあたり、吉村主任が手提げかばんの脇のポケットにスマートフォンを入れて女子高校生のスカートの下に差し出したため、その場で逮捕しました。
調べに対し、吉村主任は容疑を認めているということです。
職員の逮捕を受けて宇治市の山本正市長は、「大変遺憾で厳粛に受け止めている。速やかに事実関係を確認し、厳正に対処する」というコメントを出しました。

一方、亀岡市の23歳の職員は、京都市北区のマンションの敷地内に侵入したとして建造物侵入の疑いで逮捕されました。
逮捕されたのは、亀岡市農林振興課の職員、川並大悟容疑者(23)で、警察の調べに対して「盗撮目的で敷地内に入った」と供述し、容疑を認めているということです。
亀岡市は、「捜査の状況を確認し、厳正に対処したい」とコメントしています。

記事検索
最新トラックバック
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
QRコード
QRコード
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ