沖縄県

空自自衛官 傷害の疑いで逮捕

NHK NEWS WEB
2018年02月25日(日)14時47分

空自自衛官 傷害の疑いで逮捕

25日未明、那覇市の飲食店で、航空自衛隊那覇基地に所属する25歳の空士長が、同じ店内にいた客を殴り、軽いけがを負わせたとして傷害の疑いで逮捕されました。

逮捕されたのは、航空自衛隊那覇基地に所属する空士長、仲原英利容疑者(25歳)です。
警察によりますと、仲原空士長は、25日午前3時すぎ、那覇市久茂地の飲食店で、同じ店内にいた会社員の顔を殴って、軽いけがを負わせたとして、傷害の疑いが持たれています。
調べに対し「酒に酔っていて覚えていない」と容疑を否認しているということで、警察が事件の詳しいいきさつを調べています。
航空自衛隊那覇基地司令の稲月秀正空将補は「隊員が逮捕されたことは大変遺憾に思っています。再発防止に向けて服務指導の徹底を図り、規律の維持、向上にさらに努めます」とコメントしています。

セクハラ 県警警視を懲戒処分

NHK NEWS WEB
2018年02月16日(金)16時23分

セクハラ 県警警視を懲戒処分

沖縄県警察本部は、58歳の男性警視が知人の男性にキスをするなどのセクハラ行為をしたとして、16日付けで停職6か月の懲戒処分にしました。
警視は依願退職したということです。

懲戒処分を受けたのは、県警察本部に勤務する58歳の男性警視です。
警察によりますと、この警視はおととし11月、那覇市内の居酒屋で知人の男性にキスをしたほか、去年4月にも沖縄市内で同じ男性に対して、警視が所有する車の中でキスをするなどのセクハラ行為をしたということです。
警視は「体育会系のノリで悪ふざけだった」と話し、これらの行為について認めているということで、警察は16日付けで、警視を停職6か月の懲戒処分としました。
警視は16日付けで依願退職したということです。
県警察本部の平良英俊首席監察官は「県警の幹部職員による今回の事案は誠に遺憾だ。関係者や県民の皆様に深くおわび申し上げ、再発防止に取り組んでいきます」とコメントしています。

傷害容疑で海上保安官を逮捕

沖縄タイムス
2018年2月5日(月)14時44分

勤務中に飲酒・暴行か 沖縄県警、海上保安官を緊急逮捕

 沖縄県警うるま署は5日、傷害容疑で中城海上保安部所属の1等海上保安士の男(28)を緊急逮捕した。調べに容疑を否認しているという。同保安部によると同保安士は事件当時、所属船の当直勤務中だったが、うるま市内の飲食店で酒を飲んでいたとみられ、勤務状況について確認している。

 逮捕容疑は5日午前2時25分ごろ、うるま市赤道の路上で飲食店の男性従業員(32)の顔面や首を殴るなどし、皮下出血のけがを負わせた疑い。同署によると、同保安士は店の外で男性従業員に暴行を加えたという。トラブルの原因を調べている。


記事検索
最新トラックバック
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
QRコード
QRコード
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ