鹿児島県

海自2等海曹 隊員から23万円恐喝で懲戒免職

MBC南日本放送
2017年11月20日(月)19時30分

海自2等海曹 隊員から23万円恐喝で懲戒免職

海上自衛隊は、霧島市の施設に勤務する2等海曹が、隊員を脅して、自分の口座におよそ23万円を振り込ませたとして、懲戒免職としました。

海上自衛隊佐世保地方総監部によりますと、懲戒免職の処分を受けたのは、鹿児島音響測定所に勤務する2等海曹の男性です。

この2等海曹は、別の部隊に勤務していた去年4月から7月にかけて、かつて指導していた隊員に対して、
「物品の管理が不十分なまま異動したせいで、後任者に指導が必要になった」などとインターネットのSNS上で脅しました。そして、「後任者への指導料」として、自らの銀行口座におよそ23万円を振り込ませたものです。

被害を受けた隊員が上司に相談して発覚したもので、2等海曹は恐喝を認め、全額を返済したということです。

佐世保地方総監部管理部長の藤木幹1等海佐は「誠に遺憾で、再発防止に努めたい」とコメントしています。


試着室を盗撮 税務署職員を逮捕

MBC南日本放送
2017年11月13日(月)12時01分

試着室に盗撮カメラ設置 税務署職員の男逮捕

鹿児島市の商業施設の試着室に盗撮目的でビデオカメラを設置したとして、鹿児島税務署の25歳の職員の男が逮捕されました。

鹿児島県不安防止条例違反などの疑いで逮捕されたのは、鹿児島税務署の職員で鹿児島市下伊敷の久永捷真容疑者(25)です。

鹿児島中央警察署によりますと、久永容疑者は12日午後6時半すぎ、鹿児島市の商業施設にある衣料品などを販売する店舗で、2つの試着室に少なくともあわせて3台の小型ビデオカメラを設置し、試着中の女性を盗撮しようとした疑いがもたれています。

試着室を利用した男性客がカメラに気づき、試着室の近くにいた久永容疑者に声をかけたところ、カメラの設置を認めたということです。

警察の取り調べに対し、久永容疑者は「間違いありません」と話しているということで、警察で押収したカメラの撮影記録の確認を進めるとともに、余罪についても調べています。

鹿児島税務署の松尾英樹副署長は「職員が逮捕されたことは大変遺憾。国民の皆さまの信頼を損なう事態であり、大変申し訳ない」とコメントしています。

自衛官が自宅に放火

テレ朝news
2017年08月22日(火)17時19分

自衛官の男が自宅に“放火” 妻と口論後ライターで

油を床にまき、ライターで火を付ける様子を妻が見ていました。自宅に火を付けて一部を焼いたとして自衛官の男が放火の疑いで逮捕されました。

 警察によりますと、陸上自衛隊川内駐屯地所属の3等陸曹・窪薗裕司容疑者(37)は20日の夜、鹿児島県薩摩川内市の自宅に火を付け、台所の床などを焼いた疑いです。窪薗容疑者は気道に軽いやけどを負いましたが、命に別状はなく、同居している妻と息子も火事に気付いて逃げ出してけがはありませんでした。妻と口論になった後、油を床にまいてライターで火を付けるのを妻が見ていました。火を付けたことは認めているものの、「自宅を燃やすつもりはなかった」と容疑を一部否認しているということです。

記事検索
最新トラックバック
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
QRコード
QRコード
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ