鹿児島県

町長が出張旅費を横領

MBC南日本放送
2019年12月25日(水)19時31分

屋久島 町議会議長 出張旅費の着服を認める

屋久島町では、荒木耕治町長が出張用に購入した航空券を払い戻すなどして出張旅費を横領した疑いがあるとして、住民が刑事告発を検討しています。そうした中、町議会議長がこの手法で出張旅費を着服していたことを認めました。

出張旅費の着服を認めたのは、屋久島町議会の岩川俊広議長です。岩川議長によりますと、出張用に町の支出で購入した航空券を空港のカウンターで払い戻し、さらに安いシルバー割引の航空券を購入してその差額を着服したということです。

差額は1便あたりおよそ1万円で、おととし10月に議長に就任してから行った7回の県外出張のうち4回程度、払い戻しを行い、着服額は合計で5万円ほどとみられるとしています。岩川議長は、くわしい金額を調べて町に返還するとしています。

岩川議長が着服を認めたことを受けて、一部の議員が議長の説明を受けるための全員協議会の開催を求め、26日の開催が決まりました。

岩川議長は26日の全員協議会で自身の進退についても協議したいとしていて、議会事務局も議長の説明を聞いた上で、今後の対応を決めるとしています。

続きを読む

飲酒運転 日置市教委職員を停職

NHK NEWS WEB
2019年11月21日(木)13時39分

飲酒運転 日置市教委職員を停職

日置市教育委員会の50代の男性職員が酒を飲んで車を運転し、物損事故を起こしていたことが分かり、日置市教育委員会はこの職員を停職6か月の懲戒処分にしました。

懲戒処分を受けたのは、日置市教育委員会で主幹を務めている50代の男性職員です。

日置市教育委員会によりますと、この職員は先月2日夜遅く自宅で酒を飲んだあと、自家用車を運転してコンビニエンスストアに行ったということです。

そして、その帰りに県道の歩道に乗り上げて街路灯を倒す物損事故を起こし、病院に搬送されていました。

日置市教育委員会は本人からの報告を受けて調査し、21日付けで停職6か月の処分にしました。

この職員は「深く反省している。申し訳ないことをした」と話しているということです。

この件を受けて日置市は、管理責任があるとして教育長のほか、市長と副市長についても給与を減額するための条例の改正案を議会に提出することにしています。

日置市教育委員会の奥善一教育長は「日置市の教育行政の信頼を大きく損ねたことを市民や関係機関の皆さまに深くおわびします。再発防止と信頼回復に取り組んで参ります」というコメントを出しました。

県が被爆者への手当1675万円を不適切支給

MBC南日本放送
2019年11月18日(月)19時33分

県が被爆者への手当1675万円を不適切支給

鹿児島県は、原爆被爆者に支給する健康管理手当について職員の不適切な事務処理により、31人分、1675万円を期限が過ぎた後も支給し、国に返還することになったと発表しました。

県によりますと、不適切な処理によって支給されたのは、原爆被爆者に対して国から支給される健康管理手当で、2015年度から2017年度までの3年間で31人分、合わせて1675万円に上ります。

この手当は、症状などに応じて支給期間が決まっていて、満了期間後も受け取るためには更新などの手続きが必要になりますが、担当した当時の職員がその更新作業が煩雑なことを理由に、管理システムに登録されている満了期間の情報を不正に書き換え、手当ての支給が続くように処理していたということです。

この職員は不正に処理したことを認め、年度内に一括で弁済する意向を示しているということです。県では、不適切な処理で支給した分を国に返還するための費用を12月補正予算案に計上する方針です。

記事検索
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ