鹿児島県

相次ぐ不祥事 鹿児島県警幹部が陳謝

MBC南日本放送
2018年03月21日(水)19時34分

相次ぐ不祥事 鹿児島県警幹部が陳謝

相次ぐ不祥事に、20日夜、会見した鹿児島県警の幹部は陳謝しました。

(県警 前山良民首席監察官)「県警察を挙げて非違(違法)事案の再発防止に取り組んでいるさなかに、県民の信頼を損なう事案が再度発生したことは誠に遺憾であり、規律の振粛を図り、非違事案の再発防止と県民の信頼回復に努める。」

県警の不祥事は、この3か月あまりの間で、今回の事務職員逮捕が3件目です。

去年12月、鹿児島西警察署では男性の事務職員が、保管期限を過ぎ廃棄されることになっていた落とし物の電子マネー付きICカードを横領したなどとして書類送検されました。
また、今月9日には、県警本部警備課の男性巡査が女性2人の住宅に侵入したとして、停職6か月の懲戒処分を受けています。

相次ぐ不祥事に県警は、全職員に対して職責の自覚を強く促すとしています。

窃盗未遂容疑 鹿児島県警職員を送検

MBC南日本放送
2018年03月21日(水)16時20分

窃盗未遂容疑 鹿児島県警職員を送検

他人の自宅の敷地に侵入し、車の中を物色した疑いで20日に逮捕された鹿児島県警察本部の事務職員の男の身柄が、21日、鹿児島地方検察庁に送られました。

住居侵入と窃盗未遂の疑いで送検されたのは、県警本部・免許管理課の事務職員で、鹿児島市中山2丁目の野口和秋容疑者(54)です。

県警によりますと、野口容疑者は、20日午前3時ごろ、鹿児島市中山町の面識のない男性の自宅敷地に侵入し、とめてあった乗用車の車内を物色した疑いが持たれています。

野口容疑者は、車のドアを開けたことは認めているということですが、「お金やものを盗むためにしたことではない」と供述し、窃盗目的は否認しています。
一方、野口容疑者が手袋をしていたことなどから、警察は盗み目的だった疑いがあるとみて調べています。

海自2等海曹 隊員から23万円恐喝で懲戒免職

MBC南日本放送
2017年11月20日(月)19時30分

海自2等海曹 隊員から23万円恐喝で懲戒免職

海上自衛隊は、霧島市の施設に勤務する2等海曹が、隊員を脅して、自分の口座におよそ23万円を振り込ませたとして、懲戒免職としました。

海上自衛隊佐世保地方総監部によりますと、懲戒免職の処分を受けたのは、鹿児島音響測定所に勤務する2等海曹の男性です。

この2等海曹は、別の部隊に勤務していた去年4月から7月にかけて、かつて指導していた隊員に対して、
「物品の管理が不十分なまま異動したせいで、後任者に指導が必要になった」などとインターネットのSNS上で脅しました。そして、「後任者への指導料」として、自らの銀行口座におよそ23万円を振り込ませたものです。

被害を受けた隊員が上司に相談して発覚したもので、2等海曹は恐喝を認め、全額を返済したということです。

佐世保地方総監部管理部長の藤木幹1等海佐は「誠に遺憾で、再発防止に努めたい」とコメントしています。


記事検索
最新トラックバック
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
QRコード
QRコード
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ