奈良県

巡査、少女を知人宅に泊まらせわいせつ行為

読売
2020年06月27日(土)09時12分

巡査、少女を知人宅に泊まらせわいせつ行為

 18歳未満の少女にわいせつな行為をしたとして、奈良県警が、県内の警察署に勤務する20歳代の男性巡査を県青少年健全育成条例違反の疑いで地検に書類送検し、減給1か月(100分の10)の懲戒処分としていたことがわかった。いずれも5日付。巡査は同日付で依願退職した。

 県警監察課によると、巡査は友人男性の知人だった少女を18歳未満と知りながら、4月21、27日に友人男性宅に宿泊させ、27日には少女の体を触るなどわいせつな行為をした疑い。4月下旬に情報提供があって発覚した。

 県警の調べに対し、巡査は「警察官でありながらこのような事件を起こしてしまい、大変申し訳ない」と謝罪したという。監察課は「今後職員の指導教育を徹底し、再発防止に努める」としている。

 地検は巡査を6月22日付で不起訴(起訴猶予)とした。

少女にわいせつ行為をした疑い…20代の警察官を書類送検

フジテレビ
2020年6月24日 水曜 午後1時04分

少女にわいせつ行為をした疑い…20代の警察官を書類送検

奈良県警の20代の男性巡査が、少女にわいせつな行為をしたとして、書類送検されていたことがわかりました。

青少年育成条例違反の疑いで書類送検されたのは、奈良県警の警察署に勤務する20代の男性巡査です。

奈良県警によると、男性巡査は、ことし4月、少女が18歳未満だと知りながら知人男性の家に宿泊させ、体を触るなどわいせつな行為をした疑いが持たれています。

少女は、知人男性と知り合いだったということです。

奈良県警は男性巡査を減給1ヵ月の懲戒処分とし、男性巡査は依願退職しました。

男性巡査は「警察官でありながら、このような事件を起こし、申し訳ない」と話していて、奈良県警は「職員への指導を徹底し、再発防止に努めます」とコメントしています。

トイレ盗撮で懲戒免職

奈良テレビ
2020年4月23日(木)19時31分

更衣室やトイレで盗撮 巡査長を書類送検・懲戒免職

 奈良県警の巡査長が、女性トイレなどで盗撮行為などを行った疑いで書類送検されました。

 県迷惑防止条例違反などの容疑で書類送検されたのは県警の警備部機動隊に所属する30歳の男性巡査長です。

 警察の調べによりますと巡査長は、おととし6月から今年の1月にかけて、県警本部の更衣室やトイレなどで女性の着替えなどを盗撮した疑いがもたれています。ことし1月、女子トイレから出ようとしたところを、女性警察職員に見つかり、発覚したということです。その後の調べで、巡査長のスマートフォンなどには、大量の動画が見つかっていて、余罪は約30件に及ぶと見られています。

 調べに対し、巡査長は「性的欲求を抑えられなかった」と容疑を認めているといい、県警はきょう、この巡査長を懲戒免職処分にするとともに、奈良地検に書類送検しました。県警は、職員の指導・監督を徹底し、県民の信頼回復に努めたいとしています。

記事検索
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ