奈良県

奈良市職員が駅のホームを飛び移る危険行為

関西テレビ
2020年01月20日(月)18時42分

奈良市職員、ホームを飛び移る「危険行為」…線路に転落 近鉄に謝罪

動画がインターネット上に投稿され発覚

インターネットで拡散している動画に、駅のホームで線路を飛び越えようとしている男性が映っています。

この危険な行為を行っていたのは、奈良市の職員でした。

【撮影者の声】
「時間ないから! ギャハハハ! もう1回もう1回もう1回、もう1回か?」

近鉄奈良駅のホームで、助走を付けて隣のホームへ飛び移ろうとする男性。

失敗して、線路に落ちる様子まで映っています。

この動画は18日、ツイッターに投稿されたもので、「奈良市職員」だと名指しされていました。

これを受け、奈良市は20日午後、緊急会見を開きました。

【奈良市の会見】
「本件の該当職員につきましては、道路建設課の主事である30歳の技術職員でございます」

動画に映っているのが職員であると認め、20日、上司とともに近鉄奈良駅の駅長に謝罪したことを明らかにしました。

奈良市によると、職員は友人と大阪で酒を飲んだ帰りにふざけてやってしまったということです。

撮影された時期について、職員は「覚えていない」と話しているということですが、動画に映っている車両や駅の掲示物から、職員が入庁した翌年の2015年12月以降であることが分かっています。

線路内に立ち入ると、鉄道営業法違反として処罰の対象になることがあります。

奈良市は、さらに調査を進めて処分を含めた対応を検討するとしています。



アルバイト応募者の履歴書を無断で拡散

毎日新聞
2020年1月16日(木)12時10分

履歴書撮影、LINEで送信 天理市職員を懲戒 「応募者が見つかり、安堵して」

 奈良県天理市は16日、総務部の課長級の50代男性職員が、市のアルバイト応募者の履歴書を無断でスマートフォンで撮影し、無料通信アプリ「LINE(ライン)」で同僚や友人に送ったとして、職員を減給10分の1(6カ月)の懲戒処分にしたと発表した。処分は15日付。

 市によると男性は昨年12月、総務部で募集していたアルバイトの応募者1人の履歴書の写真や住所、経歴などが記載されている部分をスマホで撮影。個人的につながりがあった同僚やOB職員、友人ら計23人に送信した。

 男性は日常生活の様子などを普段から知人らにアプリで報告していたといい、「いつものように軽い気持ちで送ってしまった。(応募者が)やっと見つかったという安堵(あんど)の気持ちもあった」と話しているという。受け取った同僚らが男性の上司などに指摘して発覚したという。

 同市の並河健市長は「市民の皆さまの信頼を著しく損なう事案が発生したことは誠に遺憾であり、心よりおわび申し上げます」とのコメントを発表した。

ヘイトスピーチで 安堵町の町議に辞職勧告

奈良テレビ
2019年11月11日(月) 19時40分

ヘイトスピーチで 安堵町の町議に辞職勧告

 自らのSNSに、差別的な内容を投稿したとして安堵町の町議にきょう、辞職勧告決議案が提出され全会一致で可決されました。

 辞職勧告決議を受けたのは、安堵町の増井敬史議員です。増井議員は、今年の8月、自らのFacebookに「韓国の強姦と売春の文化は世界中ですでに有名」などと投稿。さらに、先月にも外国人の生活保護の受給について「日本人にタカることが目的」などと投稿していました。安堵町議会はこうした内容が外国人に対するヘイトスピーチに当たるとして、きょうの臨時議会で辞職勧告決議案を、全会一致で可決しました。増井議員は、去年の1月にも同様の投稿で批判を浴び、議員を辞職していましたが、ことし4月の町議会選挙で当選していました。ただ、議会の決議には強制力はなく、増井議員もこのようにのべています。

増井敬史町議
「私自身には差別的な意図はなく日本人の若い女性が性犯罪に巻き込まれないようにというような注意喚起の意味でコメントさせていただきました こんな事態になるとは予想もせずに考えが甘かったんですけれども、今回はやめずに辞職勧告という事態になったんですけど、頑張ろうと思っています」

記事検索
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ