奈良県

消防副所長 悪ふざけで部下の髪の毛を刈る

YOMIURI ONLINE
2018年06月12日(火)07時26分

部下5人の頭髪「散髪したろか」バリカンで刈る

 勤務中に部下の頭髪をバリカンで刈るなどの不適切行為を繰り返したとして、奈良県広域消防組合は11日、橿原消防署(橿原市)の副署長だった男性消防司令長(53)を懲戒免職処分にした。

 消防司令長は「髪が伸びた署員への注意喚起のつもりだったが、悪ふざけの度が過ぎた」と話している。

 発表によると、消防司令長は昨年11~12月、男性署員5人に対し「散髪したろか」と署内の食堂に連れて行き、私物の電動バリカンで髪を刈った。モヒカン刈りのような髪形にされた署員もいたという。

 「人間関係が悪化するので、断れなかった」と説明している署員もおり、同消防組合は、パワーハラスメントに当たると判断。

 消防司令長は、同署で購入した草刈り機を無断で自宅に持ち帰ったり、不適切な物品購入をしたりしていたことも判明した。

町職員が浴場で女性盗撮

朝日新聞
2018年5月14日(月)05時32分

旅館浴場で盗撮容疑の従業員、実は町職員 黙って兼業か

 奈良県天川村の洞川(どろがわ)温泉の旅館の浴場で女性を盗撮したとして、奈良県警は13日、同県大淀町職員の米谷稔雄(こめたにとしお)容疑者(31)=同県橿原市=を県迷惑防止条例違反(盗撮)の疑いで逮捕し、発表した。県警によると、米谷容疑者はこの旅館で従業員として勤務していた。地方公務員法は原則として兼業を禁じているが、町総務課は「兼業は知らなかった。事実なら処分を検討する」としている。

 吉野署によると、米谷容疑者は12日午後11時半ごろから約30分間、旅館の大浴場に入浴中の20代女性2人をスマートフォンで撮影した疑いがある。米谷容疑者は「盗撮したことに間違いありません」と容疑を認めているという。

 署によると、米谷容疑者は浴場の隣のボイラー室から窓を開けて写真と動画を撮影し、被害女性の一人と目が合って発覚した。少なくとも約4年前にはこの旅館で働いており、旅館の責任者は「忙しい時に来てもらっている」と署に説明しているという。


県職員が万引きの疑いで現行犯逮捕

奈良テレビNEWS
2018年4月12日(木)19時00分

県職員が万引きの疑いで現行犯逮捕

 奈良県の男性職員がコンビニエンスストアで万引きした疑いで現行犯逮捕されました。

 窃盗の疑いで現行犯逮捕されたのは、県地域福祉課の主任主査・蓮川剛士容疑者(45)です。警察の調べによりますと、蓮川容疑者はきのう午後9時過ぎ、斑鳩町にあるコンビニエンスストアで、139円のカフェオレを盗んだ疑いです。店で同じような被害が相次いでおり、張り込んでいた警察官が商品をカバンに入れて店の外に出た蓮川容疑者を現行犯逮捕しました。警察の調べに対して、蓮川容疑者は「お金を払うのがもったいなかった」と容疑を認めているということです。警察は、余罪もあるとみて調べを進める方針です。


記事検索
最新トラックバック
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
QRコード
QRコード
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ