奈良県

奈良市 職員7人を懲戒処分

奈良テレビ
2021年2月2日(火)18時56分

奈良市 職員7人を懲戒処分

 奈良市はきょう、職員7人を2月1日付で懲戒処分としたと発表しました。

奈良市の会見-

「再発防止に向けまして市として全力をあげて取り組んでまいります。誠に申し訳ございませんでした。」

 奈良市によりますと、このうち1人は平成27年度と28年度、まち美化推進課に勤務していた主務です。この職員にセクハラとパワハラを受けたとして、当時、同僚だった元非常勤嘱託職員の女性が裁判を起こし、去年10月、大阪高裁は市に対して50万円の支払い命令を出し、市が上告しなかったため判決が確定しました。

奈良市は「判決を真摯に受け止める」とし、この主務を減給10分の1、4カ月の懲戒処分としました。また、この裁判で市が控訴するにあたり、議会に報告し承認が必要だったにも関わらず失念していたとして、当時のまち美化推進課長を戒告処分としました。

このほか、勤務中に公用のパソコンで業務に関係の無いウェブサイトを閲覧し株取引をしたとして、地籍調査室の主任を減給10分の1、6カ月。

通行していた車にエアガンを発砲し車体を傷つけた南消防署の小隊長を減給10分の1、1カ月としました。

奈良市の仲川市長は「信頼回復と再発防止に向けて全力を挙げて取り組む」とコメントしています。

続きを読む

セクハラ

毎日放送
2020年12月01日(火)13時30分

【独自】「離島で2人になってもお前なんかに手を出さない」市職員がセクハラ繰り返す

 奈良市環境部でごみ収集の電話受け付けを担当していた男性職員が、同僚の女性職員にセクハラ行為を繰り返していたことがわかりました。市は懲戒処分を検討しているということです。

 同僚の女性職員にセクハラを行っていたのは奈良市環境部の50代の男性職員です。女性が奈良地裁に提訴し、今年10月に大阪高裁でセクハラが認定され、奈良市が女性に対して慰謝料50万円を支払う判決が確定しました。

 判決によりますと、男性職員は2015年から2017年にかけて、同僚の嘱託職員の女性に対して、「離島でお前と2人きりになっても絶対お前なんかに手を出さない」「お前の胸は絶対に垂れている」などと発言したり、頬や首に触れたりするなどのセクハラ行為を行ったということです。

 奈良市は懲戒処分を検討しています。


消防署員、車にエアガン発射で逮捕

TBS
2020年8月20日(木)13時09分

消防署員、車にエアガン発射で逮捕

 奈良市消防局の消防司令補の男が、自宅前の道路を走っていた車に向けてエアガンを撃ったとして逮捕されました。

 器物損壊の疑いで逮捕されたのは、奈良市消防局南消防署に勤務する消防司令補の福田貴之容疑者(48)です。

 警察によりますと福田容疑者は19日午後5時半ごろ、奈良県平群町で40歳の女性が運転する軽乗用車に向けて自宅の敷地内からエアガンを発射した疑いがもたれています。

 運転中に「パチン」という音を聞いた女性が帰宅後に車を確認しドア付近に複数の傷があったため夫と共に現場に戻ったところ、福田容疑者が別の車に向けてエアガンを撃っているのを目撃、警察に通報したということです。

 調べに対し福田容疑者は、「家の前を速いスピードで走る車に腹が立った」と容疑を認めているということです。

記事検索
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ