神奈川県

窃盗の自衛官 懲戒免職

神奈川新聞
2019年11月14日(木)19時44分

脱衣所で鍵を盗み、客室から財布盗む 海自隊員を懲戒免職

 海上自衛隊は14日、ホテル客室から財布を盗んだとして、横須賀基地業務隊の男性1等海士(26)を懲戒免職処分とした。

 海自横須賀地方総監部によると、男性海士は5月16日朝、宿泊していた群馬県伊勢崎市内のホテルで、大浴場の脱衣所から客室の鍵を盗んで客室に侵入、現金約4万円が入った財布を窃取した、としている。当日は休暇を取って帰省中だった。財布を盗んだ宿泊客と面識はなく、男性海士は「飲食代など欲しさにやった」と話している。

 男性海士は7月10日に窃盗容疑で群馬県警桐生署に逮捕され、今月11日に前橋地裁桐生支部で懲役1年8月、執行猶予4年の判決を受けた。

警察官が雑居ビルの外階段でわいせつ行為

東京新聞
2019年11月8日(金)17時07分

五輪対策課の警部を書類送検 公然わいせつ疑い、神奈川

 雑居ビルの外階段で女性とわいせつな行為をしたとして、神奈川県警は8日、公然わいせつの疑いで、県警オリンピック・パラリンピック対策課の男性警部(44)を書類送検し、減給10分の1(6カ月)の懲戒処分とした。起訴を求める「厳重処分」の意見を付けた。警部は同日付で依願退職した。

 県警によると、警部は昨年10月から東京五輪・パラリンピックの大会組織委員会に派遣されていたが、発覚後に取りやめになった。「性欲のまま行為に及んでしまった」と話している。

 書類送検容疑は8月19日午前4時半ごろ、神奈川県二宮町の雑居ビル外階段で、30代女性とわいせつな行為をした疑い。


警部補が暴行

テレ朝news
2019年11月11日(月)12時06分

神奈川県警の警部補 路上でバイクの男性暴行か

 酒に酔った神奈川県警の男性警部補が横浜市の路上でバイクで信号待ちをしていた男性の顔を殴ったとして、警察が暴行事件として捜査していることが分かりました。

 今年9月、横浜市港南区の路上で、バイクで信号待ちをしていた男性が男に顔を殴られました。捜査関係者によりますと、男性を殴ったのは神奈川県警の警部補で、バイクの音が「うるさい」と注意した後に殴り掛かったということです。男性警部補は当時、酒に酔っていて、バイクの男性からの通報を受けて駆け付けた警察官に対し、暴行容疑を認めました。神奈川県警は任意で捜査を続けています。神奈川県警ではこれまでにも特殊詐欺に関わったとして警察官が逮捕されるなど、先月から不祥事が3件相次いでいます。


記事検索
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ