神奈川県

「用を足している女性を見たい…」消防士の男を逮捕

テレ朝news
2020年08月02日(日) 18時01分

「用を足している女性を見たい…」消防士の男を逮捕

 公園の女子トイレに侵入したとして横浜市の消防士の男を逮捕です。

 2日午前8時すぎ、神奈川県藤沢市片瀬海岸にある公園のトイレに入った女性から「盗撮している人がいる」と110番通報がありました。男は逃げ出しましたが、通り掛かった男性が追い掛けて取り押さえ、建造物侵入の疑いで現行犯逮捕されました。捕まったのは茅ケ崎市に住む横浜市の消防士・江守大輔容疑者(25)で警察の取り調べに対し、「女子トイレで用を足している女性を見たいと思った」と容疑を認めています。警察は盗撮目的で侵入したとみて、所持していたスマートフォンの中身などを調べています。

セクハラ行為で横浜市職員を停職処分

テレビ神奈川
2020年07月30日(木)

セクハラ行為で横浜市職員を停職処分

横浜市は女性職員にセクハラ行為などをしたとして男性担当課長を停職処分にしました。

横浜市によりますと停職4カ月の懲戒処分となった市民局の48歳の男性担当課長は女性職員に性的な関係を求めるメールを送ったり、この女性職員の自宅近くをうろついたりしたということです。 男性担当課長はことし4月に警察からストーカー規制法に基づく警告が行われています。
市の聞き取りに対し男性担当課長は「一方的に恋愛感情を持ってしまった」と話しているということです。
また政策局の38歳の男性担当係長が帰宅途中に路上に止めてあった自転車を無断で使用し窃盗の疑いで検挙されたとして停職3カ月の懲戒処分になっています。

女子高生につきまとい 川崎市職員停職

神奈川新聞
2020年07月15日(水)21時37分

ベランダ侵入教諭、女子高生つきまとい係長 川崎市が停職

 川崎市は15日、住居侵入容疑で逮捕された市立麻生小学校の男性教諭(26)を停職3カ月、ストーカー規制法に基づく警告を出された多摩区役所勤務の男性係長(60)を停職1カ月の懲戒処分にした、と発表した。教諭は同日付で依願退職したという。

 市教育委員会によると、教諭は同市多摩区のマンション1階ベランダにのぞき目的で侵入したとして、5月27日に住居侵入の疑いで多摩署に逮捕された。被害者と示談が成立し、6月30日に不起訴となった。

> 市教委によると、教諭は友人とオンラインで飲み会をした後、ごみを捨てに外に出た際、マンションの前を通り掛かったといい、「1階のシャッターが少し開いていたため、住居を見てみたいという思いが抑えきれなくなった」と釈明したという。

 一方、市人事課によると、係長は昨年9月、通勤時に電車内で見掛けた女子高校生に好意を抱き、計10回程度、車内で横に立ったり、生徒が利用する駅のホームで待ち伏せをしたりした。

 生徒が署に被害を相談。署員が付きまといなどを車内で確認し、係長に任意同行を求めた。生徒の申し出を受け、署は昨年11月、ストーカー規制法に基づく警告を出した。係長は「かわいかったので近づきたかった」と市に説明したという。市は付きまといの回数が多いことから、処分内容を決めた。

記事検索
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ