秋田県

警察官が酒気帯び運転

秋田テレビ
2019年12月11日(水)12時00分

酒気帯び運転で警察署に!?秋田県警由利本荘署の男性警察官 書類送検へ

 秋田県警由利本荘警察署に勤務する20代の男性警察官が、11月酒気を帯びた状態で車を運転したとして書類送検される見通しであることが分かった。

 書類送検される見通しとなっているのは、由利本荘警察署に勤務する20代の男性警察官。この男性警察官は、11月下旬、夜に同僚と酒を飲んで、翌朝酒気を帯びた状態で車を運転し警察署に出勤した疑いが持たれている。

 上司が酒のにおいに気が付き呼気検査をしたところ、基準値を超えるアルコールが検出された。県警は近く懲戒処分する方針。

同僚の財布から現金盗んで懲戒免職

秋田テレビ
2019年11月26日(火)19時00分

同僚の財布から現金盗む 秋田駐屯地の男性自衛官を懲戒免職

 同僚の財布から現金2万円を盗んだとして、陸上自衛隊秋田駐屯地の男性自衛官(33)が懲戒免職となった。

 懲戒免職となったのは、陸上自衛隊秋田駐屯地第11施設群に所属する男性3等陸曹(33)。2017年6月、秋田市の秋田駐屯地内で、同僚の自衛官の財布から現金2万円を盗んだ。3等陸曹は「申し訳ないことをした」と反省していて、警務隊によって窃盗の疑いで書類送検されたが、秋田地検は不起訴処分としている。

 今回の事案を受けて、第11施設群の坂本浩紀群長は「誠に遺憾。再発防止に努めたい」とコメントしている。


同僚の金を盗み懲戒免職

秋田テレビ
2019年10月04日(金)19時00分

同僚の金盗む…40代男性2等陸曹を懲戒免職 秋田

 同僚の机から現金を盗んだとして、自衛隊秋田地方協力本部は4日、40代の男性2等陸曹を懲戒免職とした。

 懲戒免職となったのは、自衛隊秋田地方協力本部に勤務する40代の男性2等陸曹。去年10月、所属する男性隊員から現金1万2000円がなくなっていると報告を受け、調査した結果 男性2等陸曹が盗んだことを認めた。

 なお本部は警察に届け出ていない。

 自衛隊秋田地方協力本部の大久保正広本部長は「国民の信頼を失うことで大変申し訳ない。指導を徹底していく。」とコメントしている。

記事検索
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ