東京都

救急搬送の女性にメールで処分 東京消防庁、減給3カ月

東京新聞
2019年10月31日(木)17時02分

救急搬送の女性にメールで処分 東京消防庁、減給3カ月

 東京消防庁は31日、救急搬送した急病の20代女性に私用の携帯電話からメールを送ったとして、牛込消防署の男性消防副士長(28)を減給100分の20(3カ月)の懲戒処分にした。消防副士長は「男女関係への発展を期待していた」と話しているという。

 同庁によると、消防副士長は9月2日に女性を搬送。当初のメールは事務的なやりとりだったが、2回目に「話をしたい」との内容を送信した。女性の知人男性が同庁に連絡して発覚した。

 大石正年服務監察課長は「真摯に受け止め、再発防止に努める」とコメントした。

児童買春疑い、消防士逮捕

産経新聞
2019年10月11日(金)14時35分

児童買春疑い、消防士逮捕

 警視庁高島平署は高校1年の女子生徒に約1万円相当の帽子を買い与え、みだらな行為をしたとして、児童買春・ポルノ禁止法違反(児童買春)の疑いで、千葉県習志野市中央消防署秋津出張所の消防士長中村天治容疑者(29)=習志野市本大久保=を逮捕した。

 同署によると、「高校生ぐらいの女の子だった」と容疑を認めている。2人は約1年前からインターネット上でやりとりをしていたとみられる。

 逮捕容疑は昨年3月8日、18歳未満と知りながら、当時高校1年の女子生徒にみだらな行為をしたとしている。

 サイバーパトロールで、女子生徒の会員制交流サイト(SNS)から中村容疑者とのやりとりが判明し、捜査していた。

武蔵村山市の職員が収賄容疑

NHK NEWS WEB
2019年9月26日(木)14時23分

委託業務めぐり収賄容疑 市職員逮捕 東京 武蔵村山市

東京 武蔵村山市の職員が、市の街路樹を手入れする委託業者を決める入札をめぐり予定価格に関する情報を漏らすなどした見返りに、造園会社から現金20万円を受け取ったとして収賄の疑いで警視庁に逮捕されました。市内の造園会社の社長も贈賄の疑いで逮捕され、警視庁は詳しい経緯を捜査しています。

逮捕されたのは、東京 武蔵村山市の道路下水道課の主任 叶野淳容疑者(49)です。

警視庁によりますと、叶野主任は、市内の自転車道沿いの桜並木を手入れする委託業者を決める入札をめぐり、予定価格に関する情報や他社の入札状況について、市内の造園会社に漏らすなどした見返りに、去年からことしにかけて、この業者から現金合わせて20万円を受け取ったとして、収賄の疑いが持たれています。

また、武蔵村山市の造園会社「庭芳」の社長、及川智勝容疑者(41)も贈賄の疑いで逮捕されました。

問題となった入札は去年10月に指名競争入札で行われ、市内の業者5社が参加し、最も低い価格で入札した及川社長の造園会社が230万円で落札していました。

これまでの調べで、叶野主任は借金を抱えていたということで、警視庁は、金に困って造園会社に不正を持ちかけたとみて、詳しい経緯を捜査しています。

記事検索
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ