東京都

巡査部長が窃盗事件の公判で虚偽証言

top_header_logo4 2017年06月27日(火)16時22分

「GPS使用ない」と虚偽証言=窃盗事件公判で捜査員-警視庁

 警視庁は27日、東京地裁で開かれた窃盗事件の公判に出廷した捜査員が、実際には捜査に全地球測位システム(GPS)端末を使用していたにもかかわらず、使っていないと虚偽の証言をしていたと発表した。同庁によると、捜査員はGPS捜査の保秘徹底を指示されていたため、法廷でも明らかにできないと考えたという。
 同庁刑事総務課によると、2014年9~12月に群馬県内で起きた4件の空き巣事件の公判に、捜査3課の30代の男性巡査部長が証人として出廷。弁護人とのやりとりで、「捜査にGPSは使っていない」との趣旨の発言をした。
 一審で昨年11月、被告に懲役3年の実刑判決が言い渡され、今年5月に控訴審第1回公判が開かれた後、東京高検からGPS使用の有無について問い合わせがあった。上司が確認したところ、巡査部長が虚偽の発言を認めたという。
 同課は「組織的に隠蔽(いんぺい)した事実はない」と説明。偽証罪に当たる可能性もあり、「これから所要の捜査を行う」としている。

機動隊員がスカート内盗撮

2017年6月14日(水)14時37分 SANSPOCOM

ゲーセンで女性のスカート内を盗撮、容疑で機動隊員逮捕

 ゲームセンターで女性のスカート内を盗撮しようとしたとして、警視庁の機動隊員が東京都迷惑防止条例違反容疑で逮捕されていたことが14日、同庁への取材で分かった。隊員は容疑を認めており、釈放された。

 同庁によると、逮捕されたのは特科車両隊の20代の男性巡査。6日、東京都多摩市のゲームセンターで、女性のスカート内にスマートフォンを差し向けたところを近くにいた人が取り押さえ、警視庁多摩中央署員に引き渡した。

 警視庁は「現在、調査中」としている。

強制わいせつで渋谷警察署の巡査部長を逮捕

2017年5月3日(水)7時03分 NHK NEWS WEB

渋谷署の巡査部長をわいせつ容疑で逮捕 警視庁は発表せず

警視庁渋谷警察署に勤務する30代の巡査部長が先月、都内の駅で面識のない女性に、わいせつな行為をしたとして、逮捕されていたことが捜査関係者への取材でわかりました。

捜査関係者によりますと、逮捕されたのは、警視庁渋谷警察署の生活安全課に所属する30代の巡査部長です。

巡査部長は先月、東京・江東区内の地下鉄の駅で面識のない女性に、わいせつな行為をしたとして、強制わいせつの疑いが持たれています。

巡査部長は当時、酒を飲んだあとだったということで、容疑については一部否認しているということです。

警視庁は巡査部長が逮捕されたことについて発表していません。

続きを読む
記事検索
最新トラックバック
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
QRコード
QRコード
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ