徳島県

無免許運転

徳島新聞.
2020年6月27日(土)5時00分

三好市任用職員が4年間無免許運転 退職届受理、処分せず

 徳島県三好市の老人福祉施設に勤務する会計年度任用職員の40代男性が、2016年に運転免許を失効してから約4年間、無免許運転をしていたことが26日分かった。

 市によると、男性は25日午後3時ごろ、自家用車でシートベルトを着用せず三好市池田町内の県道を走行。警察に停止を求められ、無免許が発覚した。免許証は16年8月26日に失効しており、2年前に気付いていたが、そのまま運転を続けていた。

 懲戒免職処分にしても労働基準法の規定で1カ月分の給料を支払う必要があったことから、26日付で男性が提出した退職届を受理した。また、同施設の施設長は指導監督の責任を怠ったとして戒告処分となった。

 市の聴取に男性は「無免許のままズルズルときていた。申し訳ない」と説明。市は「全職員に対して免許証の確認をさらに徹底したい」としている。

県立病院の職員を傷害容疑で逮捕

NHK NEWS WEB
2020年06月16日(火)17時00分

県立病院の職員を傷害容疑で逮捕

今月、徳島市で女子高校生など男女2人に暴行を加えてけがをさせたとして徳島市の県立中央病院に勤務する35歳の男が、傷害の疑いで逮捕されました。警察の調べに対し男は容疑を否認しているということです。

逮捕されたのは、県立中央病院事務局の主任主事で徳島市南二軒屋町の新居資一郎容疑者(35)です。

警察によりますと、新居主任主事は今月2日の午後10時すぎ、徳島市内の住宅街で3人組の女子高校生らに「うちに来ないか」と声をかけたものの「キモイ」と言われると、女子高校生を追いかけて腕をつかんだり、髪を引っ張ったりして頭や腕に全治1週間のけがをさせたということです。

さらに女子高校生の悲鳴を聞いて駆けつけた50代の男性が声をかけたところ、いきなり男性の顔を殴りつけ、あごに全治1週間のけがをさせたということです。

目撃情報などを元に警察が捜査していたところ、新居主任主事の犯行の疑いが強まり、16日、傷害の疑いで逮捕しました。

警察の調べに対して新居主任主事は「正当防衛を主張します」と容疑を否認しているということです。

警察が事件のいきさつや動機を調べています。

職員の逮捕を受けて、県病院局の勢井研局長は「公務員として、あってはならないことであり、被害を受けた方、また県民の皆さんに対して心からおわび申し上げます。詳細な事実関係の確認を行い、厳正に対処します」とコメントしています。

市女性職員、毎日5分遅刻を8年間…匿名通報で発覚

読売
2020年04月18日(土)10時19分

市女性職員、毎日5分遅刻を8年間…匿名通報で発覚

 徳島県美馬市は17日、遅刻を8年間繰り返したとして、市民環境部くらし・人権課の文化会館館長補佐の女性職員(51)を停職2か月の懲戒処分にした。

 発表によると、女性は2012年4月~20年3月、午前8時30分の出勤に平均で毎日5分遅刻。市は延べ20日間の欠勤に相当すると判断した。女性は「体調不良が理由」と話しているという。

 市に3月下旬、匿名の通報が寄せられて発覚。上司だった元館長(現農林課事務主任)(60)と現館長(50)は、遅刻を知りながら十分な注意をしていなかったといい、それぞれを減給の懲戒処分とした。

記事検索
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ