栃木県

宮内庁職員が酒気帯び運転

NHK NEWS WEB
2021年03月27日(土)21時39分

宮内庁職員追突事故 酒気帯び運転か逮捕 栃木 高根沢町

27日朝早く、栃木県高根沢町の国道で、乗用車で追突事故を起こした宮内庁職員の男が、酒気帯び運転の疑いで逮捕されました。

調べに対し、「酒が体から抜けていると思った」と供述し、容疑を否認しているということです。

逮捕されたのは、栃木県高根沢町の宮内庁職員、篠原一雄容疑者(49)です。

警察によりますと篠原容疑者は27日午前5時半ごろ、自宅近くの国道408号線で乗用車を運転し、信号待ちをしていた別の乗用車に追突する事故を起こしました。

この事故によるけが人はありませんでした。

篠原容疑者から酒のにおいがしたため警察が調べたところ、基準を超えるアルコールが検出され、酒気帯び運転の疑いで逮捕しました。

調べに対して、篠原容疑者は「酒が体から抜けていると思った」と供述し容疑を否認しているということです。

警察はどこで酒を飲んだかなど、当時の状況を詳しく調べています。


女性宅侵入で逮捕

読売
2020年11月23日(月)09時52分

知人女性宅に侵入か、56歳消防司令を逮捕…「ドア開けたが家の中に入っていない」

 栃木県警宇都宮東署は21日、宇都宮市消防局の消防司令(56)(宇都宮市越戸町)を住居侵入の疑いで逮捕した。

 発表によると、消防司令は20日午前2時半頃、県央に住む知人の女性方に正当な理由なく侵入した疑い。女性の同居家族が物音に気づき110番した。当時は勤務時間外だったといい、調べに対し、「玄関ドアは開けたけれど、家の中には入っていない」と容疑を否認しているという。

 市消防局は「現段階ではコメントできない」としている。


警部補が万引き

共同通信
2020年11月20日(金)11時44分

栃木県警警部補が万引の疑い
スーパーで、処分公表せず

 宇都宮市内のスーパーで万引したとして、栃木県警が窃盗の疑いで、県警本部勤務の50代男性警部補を書類送検したことが20日、捜査関係者への取材で分かった。警部補は懲戒処分を受けて依願退職したが、県警は公表していない。

 捜査関係者によると、書類送検容疑は10月上旬、市内のスーパーで食料品数千円相当を万引した疑い。警備員が目撃し、店が110番した。県警は任意で捜査し、今月17日に書類送検。警部補を減給10分の1(3カ月)の懲戒処分とした。

 警部補は容疑を認め「申し訳ない」と話しているという。県警監察課は「公表事案ではないのでコメントできない」としている。


記事検索
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ