熊本県

あおり運転後に暴行 熊本市職員逮捕

毎日新聞
2018年6月13日(水)00時04分

熊本県警
あおり運転後に暴行容疑 59歳熊本市職員逮捕

 熊本県警熊本北合志署は12日、熊本市交通局主任技工、安永憲将容疑者(59)=同県大津町大津=を暴行容疑で現行犯逮捕した。同署によると、安永容疑者はあおり運転した後に相手に暴行したとみられる。調べに対し、容疑を否認している。

 逮捕容疑は同日午後6時ごろ、同県合志市御代志のガソリンスタンドで、軽乗用車の運転席にいた同市の公務員男性(43)の胸ぐらを窓越しにつかむなどしたとしている。通報を受けて駆け付けた同署員が逮捕した。

 同署によると、被害男性は「後ろの車にあおられ、ガソリンスタンドまでついてきた」と話しているという。安永容疑者は仕事から帰宅途中だった。

 熊本市は「職員が逮捕されたことは聞いているが詳細は確認中」としている。

天草市職員 私的流用で停職処分

NHK NEWS WEB
2018年06月08日(木)15時46分

天草市職員 私的流用で停職処分

 天草市の30代の職員が同僚から懇親会費として徴収した金を私的に流用したとして、市はこの職員を停職2か月の懲戒処分にしました。

 懲戒処分を受けたのは、天草市の33歳の男性職員です。
 天草市によりますと、この職員は自分が所属する部署の親睦会の会計を平成25年度から2年間担当していましたが、会費を現金で保管し、一部を生活費や遊興費にあてていたということです。
 職員の同僚が市に相談して発覚し、職員が保管していた領収書などをもとに確認した結果、およそ44万円が使われていたことがわかったということです。
 処分について職員は、「すぐに返せばよかったが、現金のないときに使ってしまった」と話しているということです。
 天草市の中村五木市長は「不適切な金銭管理が発生したことを深くおわび申し上げます。今後はこのようなことが起きないよう再発防止に努めたい」とコメントしています。


女児の裸を盗撮した自衛官停職

産経WEST
2018年6月4日(月)21時53分

女児の裸盗撮で2曹停職、熊本陸自健軍駐屯地

 陸上自衛隊健軍駐屯地(熊本市)は4日、女児の裸を盗撮したとして、西部方面情報隊本部の兼沢英矢2等陸曹(39)を、停職20日の懲戒処分にした。「盗撮に興味を持っていた」と話しているという。

 駐屯地によると、2曹は与那国沿岸監視隊に所属していた平成28年8月中旬、帰省中に大阪市の入浴施設で、男湯の更衣室にいた女児の裸を、自身のスマートフォンで動画撮影した。

 大阪府警が昨年8月、この一件を摘発したのを機に、健軍駐屯地が事態を把握した。

 2曹は調べに「26年以降に同じ施設で7、8回、女児を盗撮した」と供述したという。

記事検索
最新トラックバック
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ