熊本県

酒気帯び運転で停職

熊本日日新聞
2019年8月21日(水)08時50分

酒気帯び運転で職員停職4カ月 天草市

 天草市は20日、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで県警に摘発された係長級の男性職員(40)を、同日付で停職4カ月の懲戒処分にしたと発表した。

 市によると、職員は6月7日午後6時ごろから約2時間半、市内の飲食店で飲酒した。店近くの駐車場の車で仮眠を取った後、帰宅のため運転。同11時40分ごろ、パトカーに停車を求められ、呼気1リットルあたり0・17ミリグラムのアルコールが検出された。職員は7月30日付で、天草簡易裁判所から罰金30万円の略式命令を受けた。

 中村五木市長は「市民の信頼を裏切る事態となり、深くおわび申し上げる。交通法規の順守、交通事故防止について職員への指導を徹底する」とのコメントを出した。

路上で女性の胸触る 長崎市職員逮捕

RKK 熊本放送
2019年04月29日(月)11時55分

長崎市職員の男 強制わいせつ容疑で逮捕

29日未明熊本市の繁華街で長崎市職員の男が歩いていた女性の胸を触ったとして現行犯逮捕されました。

強制わいせつの疑いで現行犯逮捕されたのは長崎市職員の池田健太郎容疑者(26)です。

警察によりますと池田容疑者は29日午前3時半ごろ熊本市中心部の「下通アーケード」で通りかかった23歳の女性の胸を背後から触った疑いがもたれています。
女性が別の事件で居合わせた警察官に被害を訴え女性の友人が、その場から立ち去った池田容疑者を追いかけ警察に居場所を伝えたということです。

池田容疑者は友人たちと連休を利用して長崎から熊本に来ていて午後7時ごろからビールやハイボールを少なくとも10杯以上飲んだとみられています。

警察の調べに対し池田容疑者は「酔っぱらって気が大きくなりついやってしまった」と容疑を認めているということです。

女子高校生を買春疑い 熊本県職員逮捕

産経新聞
2019年2月18日(月)13時52分

女子高校生を買春疑い 熊本県職員逮捕

 熊本県警八代署は18日、女子高校生に対する児童買春・ポルノ禁止法違反(買春)の疑いで、熊本市北区、県職員、松岡貴浩容疑者(52)を逮捕した。署によると「やっていない」と容疑を否認している。

 県によると、松岡容疑者は県北広域本部の水産課に所属。平成27年2月にもJR熊本駅で別の女子高校生の体を触ったとして県迷惑行為防止条例違反(痴漢)の疑いで現行犯逮捕され、罰金20万円の略式命令を受けた。このとき県は停職5カ月の懲戒処分にした。

 今回の逮捕容疑は昨年2月中旬ごろ、熊本市北区の店舗の駐車場に止めた乗用車内で、当時16歳の女子高校生を買春した疑い。署によると、2人は会員制交流サイト(SNS)で知り合ったとみられる。

続きを読む
記事検索
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ