熊本県

消防士を児童買春容疑で逮捕

2017年5月16日(火)10時38分 日テレNEWS24

女子中学生とみだらな行為 レスキュー隊員

 熊本市の消防士が女子中学生に現金を渡し、みだらな行為をしたとして逮捕された。  児童買春の疑いで逮捕されたのは、熊本市消防局の消防士・平山亮介容疑者(29)。警察によると、平山容疑者は去年12月、熊本市内のホテルで女子中学生(当時15)に現金数万円を渡し、みだらな行為をした疑いが持たれている。  警察が今年2月、SNSで売春相手を探す少女の書き込みを見つけて補導し、発覚した。調べに対し、平山容疑者は「15歳くらいだと知っていた」と供述し、容疑を認めているという。  平山容疑者はレスキュー隊の隊員で、熊本市消防局は「事実であれば厳正に対処したい」とコメントしている。


警部補が指紋証拠を偽造 熊本県警、停職処分

2017年3月29日(水)06時00分 西日本新聞

警部補が指紋証拠を偽造 熊本県警、停職処分

 熊本県警は28日、採取した容疑者の指紋を悪用して証拠を偽造したとして、熊本北署の鑑識係長の50代男性警部補を停職6カ月の懲戒処分にしたと発表した。当時の部下4人を戒告の懲戒処分、別の部下5人を本部長訓戒などとした。

 県警によると、偽造の疑いがある捜査資料は約6年間で約120件。うち10件について29日、証拠偽造容疑で警部補と当時の部下5人を書類送検する方針。

女子高生買春で防衛支局事務官を停職

2016年12月16日(金)18時02分 SANSPO.COM

女子高生にわいせつ行為、買春の防衛支局事務官を停職

 九州防衛局は16日、女子高生に現金を渡してわいせつな行為をしたとして、熊本防衛支局の事務官(46)を停職20日の懲戒処分とした。

 防衛局によると、事務官は5月5日、福岡市のホテルで17歳だった女子高生に5千円を渡してわいせつな行為をし、裸の写真を撮影した。2人は女子高生が所属するモデル事務所が企画した撮影会で知り合ったという。

 事務官は11月、児童売春・ポルノ禁止法違反(買春)の疑いで逮捕され、防衛局によると、福岡簡裁が罰金80万円の略式命令を出した。既に納付したという。

記事検索
最新トラックバック
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
QRコード
QRコード
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ