熊本県

酒気帯びか県職員に停職6か月

NHK NEWS WEB
2020年01月14日(火)17時15分

酒気帯びか県職員に停職6か月

熊本県は、去年11月、26歳の男性主事が、酒を飲んで車を運転したとして、14日付で停職6か月の懲戒処分にしました。

懲戒処分を受けたのは、熊本県市町村課の篤永直樹主事(26)です。

県によりますと、篤永主事は去年11月、夜遅くに、熊本市中央区の飲食店で同僚たちと酒を飲んだあと、自家用車を運転していたところ、警察の検問を受け、酒気帯び運転容疑で検挙されました。

当時、篤永主事は、ジョッキ4杯分のビールを飲んでいたということで、呼気から基準値の倍以上のアルコールが検出されたということです。

検挙された直後、本人から上司に電話があり、酒気帯び運転が発覚したということで、県は、14日付けで停職6か月の懲戒処分としました。

県の聞き取りに対して、篤永主事は「運転代行業者を利用する予定だったが、早く帰りたくなり、自分で運転してしまった」と話しているということです。

熊本県人事課の小原雅之課長は「飲酒運転という非常に悪質な行為が発生してしまい、県民の皆さまに深くお詫び申し上げる」と話しています。

同僚にセクハラした警部補を減給処分 熊本県警、公表せず

西日本新聞.
2019年12月20日(金)21時14分

同僚にセクハラした警部補を減給処分 熊本県警、公表せず

 熊本県警の40代男性警部補が同僚の女性職員に抱きつくなどのセクハラ行為を繰り返したとして、県警が減給10分の1(1カ月)の懲戒処分としていたことが分かった。

 県警監察課によると、警部補は2018~19年、職場の飲み会で複数回にわたり女性職員2人の脇腹を触ったり、抱きついたりしていた。別の職員が同課に相談して発覚。県警は今年3月18日付で処分し、警部補は別の部署に異動した。

 さらに、別の20代男性巡査長が6月、勤務時間外に熊本市内の飲食店で女性店員の胸を触ったとして、県警は県迷惑行為等防止条例違反容疑で書類送検した。女性と示談が成立し、不起訴(起訴猶予)になったが、8月23日付で本部長訓戒処分とした。

 県警は、いずれの事案も公表していない。「プライベートな事案のため、警察庁の指針を参考に判断した」と説明している。

組合費着服で南関町の職員を懲戒処分

RKK 熊本放送
2019年11月26日(火)11時55分

組合費着服で南関町の職員を懲戒処分

南関町は複数年にわたり組合費を着服していたとして40代の男性課長補佐の懲戒処分を発表しました。

「ご心配、ご迷惑をおかけして申し訳ありません」(佐藤安彦南関町長)
25日付けで停職6か月の懲戒処分となったのはまちづくり課に勤務する課長補佐の男性(47)です。
男性は2013年7月から南関町職員組合の会計を担当していましたが、
2016年度までの間に複数回に渡り、組合費からあわせておよそ46万円を着服していたということです。

今年9月の監査で発覚し組合が聞き取り調査をしたところ
着服の事実を認め、翌月全額返金しました。

町の聞き取りに対して男性は
「会計を担当してすぐに組合費48万円を紛失し、個人で補填した。それを回収しようと着服した」と話しているということです。

南関町の佐藤安彦町長は
「このようなことが二度とないよう職員一同、職務にあたっていく」としています。

記事検索
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ