熊本県

女子高校生を買春疑い 熊本県職員逮捕

産経新聞
2019年2月18日(月)13時52分

女子高校生を買春疑い 熊本県職員逮捕

 熊本県警八代署は18日、女子高校生に対する児童買春・ポルノ禁止法違反(買春)の疑いで、熊本市北区、県職員、松岡貴浩容疑者(52)を逮捕した。署によると「やっていない」と容疑を否認している。

 県によると、松岡容疑者は県北広域本部の水産課に所属。平成27年2月にもJR熊本駅で別の女子高校生の体を触ったとして県迷惑行為防止条例違反(痴漢)の疑いで現行犯逮捕され、罰金20万円の略式命令を受けた。このとき県は停職5カ月の懲戒処分にした。

 今回の逮捕容疑は昨年2月中旬ごろ、熊本市北区の店舗の駐車場に止めた乗用車内で、当時16歳の女子高校生を買春した疑い。署によると、2人は会員制交流サイト(SNS)で知り合ったとみられる。

続きを読む

SNS盗み見→女性を叩く 県職員を懲戒処分

RKK 熊本放送
2019年02月15日(金)19時02分

SNS盗み見→女性を叩く 県職員を懲戒処分

県は、女性の顔を平手で叩き、けがをさせるなどした42歳の男性職員を減給処分としました。

減給10分の1(3か月)の懲戒処分を受けたのは、県商工観光労働部の42歳の男性職員です。

人事課によりますと、男性職員は去年9月、交際中の女性職員が酒に酔って寝ていたところ、その指をスマートフォンにあてて指紋認証のロックを解除。

盗み見たSNSの内容に激高し、女性の顔を平手で数回叩き、唇を切るけがをさせ、さらにスマートフォンを投げつけて壊したということです。

男性職員は「謝罪の言葉が見つからないほど申し訳ない気持ちでいっぱい」と話しています。

刑務所看守 女性職員にセクハラ

YOMIURI ONLINE
2018年12月22日(土)11時34分

PC操作の女性職員に手を重ね…看守長ら処分

 熊本刑務所は21日、同じ女性職員にセクハラ行為をしたとして、男性看守長(51)を減給10分の2(2か月)、男性看守(31)を同10分の1(1か月)の懲戒処分にしたと発表した。

 発表によると、看守長は京町拘置支所(熊本市中央区)に勤務していた昨年6月~今年2月、業務時間中に作成した卑わいな表現を含んだ文書を複数回、女性職員に見せた。看守は同じ女性職員がパソコンを操作する際に手を重ねたり、腹部を触らせたりした。

 女性職員から2月に相談があり、発覚した。同刑務所の平床隆二所長は「職員への指導・監督を徹底し、再発防止に努める」とのコメントを出した。


記事検索
最新トラックバック
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ