福岡県

巡査が酒気帯びでパトカーを運転

日本経済新聞
2017年9月21日(木)12時59分

パトカー酒気帯び疑い 福岡、巡査を停職処分

 早朝まで飲酒し、酒気帯びの疑いがある状態でミニパトカーを運転したとして、福岡県警は21日、県警早良署の男性巡査(21)を停職1月の懲戒処分にした。一緒に飲酒していた同署の巡査(24)も所属長訓戒の処分とした。2人は同日付で依願退職した。男性巡査は「朝方まで飲んでいたことが分かると叱られると思った」などと話しているという。

 県警によると、2人は8月1日夜~2日午前5時ごろまで、2軒で飲酒。その後、男性巡査は午前9時10~20分ごろ、署から勤務先の交番までミニパトカーを運転した。

 男性巡査は当初、上司に対し「午前2時ごろに宿舎に戻った」などと説明。飲酒から時間がたっているとして飲酒検知を実施しなかったことなどから、酒気帯び状態で運転したかどうかは立証できず、立件は見送った。

 また県警は同日、証拠品の大麻を盗み、所持したなどとして大麻取締法違反(所持)と窃盗罪で起訴された県警南署の佐藤昭義被告(42)を懲戒免職処分とした。

 福岡県警の不祥事は相次いでおり、今年に入り懲戒処分は20人となった。


職権乱用の巡査部長を書類送検

top_header_logo4
2017年08月24日(木)19時29分

捜査名目、女性宅でビール要求=職権乱用容疑、巡査部長書類送検-福岡県警

 薬物事件の捜査を名目に女性宅を訪れ、ビールの提供などを要求したとして、福岡県警は24日、公務員職権乱用の疑いで県警中央署組織犯罪対策2課の男性巡査部長(35)を書類送検した。「下心があった。多大な迷惑を掛けて申し訳ない」と容疑を認めている。
 県警は減給100分の10(6カ月)の懲戒処分にした。巡査部長は同日付で辞職した。
 県警によると、巡査部長は5月22日午後7時ごろ、薬物事件で任意捜査していた30代女性の自宅に「事件のことで聞きたいことがある」と電話。訪問して、ビール数本とすし、たばこを要求した。その後、女性に抱き付くなどしたという。
 県警は脅迫や暴行はなかったとして、強制わいせつには当たらないとしている。

“浴場に侵入” 福岡県職員を逮捕

RKB毎日放送
2017年8月22日(火)12時08分

“浴場に侵入” 福岡県職員を逮捕

福岡県の職員の男が、きのう、長崎県内のホテルの浴場にカメラを隠し持って侵入したとして逮捕されました。

建造物侵入の疑いで現行犯逮捕されたのは、福岡県職員の池田満容疑者です。

池田容疑者は、きのう午後5時15分ごろ、長崎県佐世保市ハウステンボス町のホテルで、男性用の浴場の脱衣所に、小型カメラを隠し持って侵入した疑いが持たれています。

警察によりますと、池田容疑者は子供2人と、このホテルに宿泊していて、取り調べに対し、「盗撮をしようと思った」、「男性に興味があった」と容疑を認めているということです。

池田容疑者は、今年4月から福岡女子大学に事務職員として派遣されていました。

職員の逮捕を受け、福岡県は「誠に遺憾であり、大変申し訳なく思っています」とコメントしています。


記事検索
最新トラックバック
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
QRコード
QRコード
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ