愛知県

愛知県警の警部補が児童買春

毎日新聞
2018年6月18日(月)13時28分

買春容疑
警部補逮捕 愛知県警、18歳未満少女に現金

 15歳の少女を買春したとして、愛知県警は18日、県警捜査1課の警部補、前田賢三容疑者(40)=同県東浦町生路=を児童買春・児童ポルノ禁止法違反容疑で逮捕した。行為を認め「18歳以上かどうかは確認していない」と供述しているという。

 逮捕容疑は6月3日昼、同県刈谷市のホテルで少女が18歳未満と知りながら、現金を渡す約束をして淫らな行為をしたとしている。

 県警によると、前田容疑者と少女は5月31日、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)の掲示板を通じて知り合った。実際に現金を渡したかどうかは明らかにしていない。少女が県警に相談して発覚した。

 前田容疑者は14日、同県蒲郡市で捜査車両を運転中に単独事故を起こしてけがで入院していたが、体調が回復したため、県警が18日に逮捕した。捜査1課は殺人や強盗事件などの捜査を担当する。

 県警の松田英視首席監察官は「誠に遺憾で県民の皆様に深くおわびします。捜査・調査を徹底し、厳正に対処する」とコメントした。

わいせつ行為で消防司令補を停職処分

毎日新聞
2018年6月16日(土)

わいせつ行為
同僚の体触った消防司令補処分 名古屋市 /愛知

 名古屋市は15日、同僚の女性職員にわいせつ行為をしたとして、港消防署に勤務する男性消防司令補(50)を停職1カ月の懲戒処分にしたと発表した。

 市消防局によると、司令補は4月27日夜、同市中区内の飲食店で開かれた職場の歓送迎会の2次会で、掘りごたつ式の席の対面に座った30代女性職員の下腹部を、服の上から足で触る行為をした。女性が「やめてください」と拒否したが、司令補はわいせつ行為を約10分続けたという。


窃盗で自衛官を逮捕

中日新聞
2018年6月2日(土)14時47分

名古屋・錦三で置引の疑い、陸自隊員を逮捕

 名古屋・中署は2日、窃盗の疑いで、愛知県豊川市の陸上自衛隊豊川駐屯地所属の2等陸曹、島尻拓哉容疑者(31)=豊川市穂ノ原1=を逮捕した。

 逮捕容疑では、同日午前1時40分ごろ、名古屋市中区錦三の飲食店で、カウンター席にいた女性(21)が目を離したすきに、財布などが入ったハンドバッグ(計8万円相当)を盗んだとされる。

 署によると、「お金が欲しかった」と容疑を認めている。店内に設置した防犯カメラに同容疑者の犯行の様子が写っていた。豊川駐屯地業務隊長の岩塚寿文1等陸佐は「誠に遺憾。今後、教育指導を徹底し、再発防止を図る」とコメントを出した。

記事検索
最新トラックバック
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
QRコード
QRコード
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ