青森県

女性警察官にセクハラ 男性警部補を減給処分

朝日新聞
2017年11月19日(日)23時22分

警部補、部下の女性警察官の体触る 居酒屋から帰る車内

 部下の女性警察官に対して体を触るなどのセクハラ行為をしたとして、八戸署地域課の30代の男性警部補が減給処分を受け退職していたことが19日、関係者への取材でわかった。

 関係者によると、男性警部補は10月中旬、部下の女性警察官ら10人ほどと県南の居酒屋に行った帰りの車内で、女性警察官の体を触るなどしたという。女性警察官が翌日、県警に相談して発覚した。男性警部補は既婚者だった。

 県警は11月10日付で男性警部補を減給10分の1の懲戒処分とした。男性警部補はその後、依願退職したという。

強制わいせつ 2等空曹逮捕

デーリー東北
2017年10月25日(水)21時56分

強制わいせつ容疑で空自三沢の自衛官逮捕

 三沢署と青森県警機動捜査隊は25日、強制わいせつの疑いで、航空自衛隊三沢基地の航空保安管制群三沢管制隊2等空曹、東谷優至容疑者(36)=三沢市三沢後久保=を逮捕した。容疑を否認している。

 逮捕容疑は、13日午前0時ごろ、青森県南地方の飲食店内で県内在住の30代女性に対し、体を押さえつける暴行などを加え、わいせつな行為をした疑い。

強制わいせつ容疑で自衛隊員逮捕

NHK NEWS WEB
2017年10月17日(火)12時50分

強制わいせつ容疑で自衛隊員逮捕

 海上自衛隊大湊基地に所属する自衛隊員が、去年、八戸市で、通りがかった女子中学生に抱きつき、無理やり体に触ったとして、強制わいせつの疑いで警察に逮捕されました。
 逮捕されたのは、海上自衛隊大湊基地に所属する当時19歳だった隊員です。
 警察の調べによりますと、この隊員は去年10月、八戸市内の路上で、通りかかった女子中学生に後ろから近づいて抱きつき、無理やり体に触ったとして、強制わいせつの疑いが持たれています。
 警察によりますと、隊員は容疑を認め、「女性の体に触りたかった」などと供述しているということです。
 隊員が逮捕されたことについて海上自衛隊大湊基地は、「被害に遭われた方に心よりお詫び申し上げる。再発防止のため、服務指導を徹底するとともに、捜査の進行状況を見ながら処分内容を検討する」としています。

記事検索
最新トラックバック
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
QRコード
QRコード
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ