大阪府

酒気帯び運転で逆走 自衛官を逮捕

産経WEST
2018年1月1日(日)10時56分

酒気帯び運転の19歳自衛官を逮捕 一通逆走で職務質問 大阪府警

 酒気帯び状態で乗用車を運転したとして、大阪府警南署は1日、道交法違反(酒気帯び運転)容疑で、府内の自衛官の男(19)を現行犯逮捕した。同署によると「間違いない」と容疑を認めているという。

 逮捕容疑は1日午前2時40分ごろ、大阪市中央区西心斎橋の市道で、酒気帯び状態で乗用車を運転したとしている。

 同署によると、近くにある韓国総領事館を警戒中の府警機動隊員が、一方通行の道を逆走する乗用車を発見。乗っていた自衛官に職務質問したところ酒の臭いがしたため、応援で駆けつけた同署員が現行犯逮捕した。

大阪府職員 痴漢で逮捕

日本経済新聞
2017年12月19日(火)0時02分

電車内で女性の体触る、容疑の大阪府職員逮捕 大阪・阿倍野

 電車内で女性の体を触ったとして、大阪府警は18日、大阪府保健医療企画課主事、徳田和実容疑者(25)=同府和泉市光明台1=を府迷惑防止条例違反の疑いで現行犯逮捕した。府警によると容疑を認めているという。

 逮捕容疑は同日午前8時ごろ、大阪市営地下鉄御堂筋線の電車内で30代女性の腹部に手を押しつけるなどした疑い。

 阿倍野署によると、女性から「痴漢を受けている」と府警に相談があり、警戒中の鉄道警察隊員が徳田容疑者を取り押さえたという。女性は11月末から複数回被害に遭っていたといい、同署は関連を調べる。

 大阪府は「事実を確認の上、厳正に対処する」とのコメントを出した。

大阪府警の巡査部長が酒気帯び運転

朝日新聞
2017年12月14日(木)12時24分

警官が酒気帯び運転の疑い 「事故なければ大丈夫かと」

 大阪府警曽根崎署刑事課の男性巡査部長(48)が飲酒運転していたとして、府警は14日、道路交通法違反(酒気帯び運転)の疑いで今後書類送検する方針を明らかにした。容疑を認め、「事故を起こさなければ大丈夫と思った。大変なことをしてしまった」と話しているという。

 監察室によると、巡査部長は13日午後10時ごろ、大阪府松原市の阪神高速松原線で、酒を飲んで車を運転した疑いがある。大型トラックと接触する物損事故を起こした際、呼気から基準値を超えるアルコールが検出された。巡査部長は勤務後に大阪市内の実家に寄り、ビール大瓶2本を飲んでマイカーで奈良県の自宅に帰る途中だったという。

 宮田雅博・監察室長は「飲酒運転を取り締まるべき立場の警察官としてあってはならない言語道断の行為。厳正に対処する」とのコメントを出した。

記事検索
最新トラックバック
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
QRコード
QRコード
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ