静岡県

駅で鎌を所持 厚労省の職員逮捕

NHK NEWS WEB
2019年02月15日(金)10時09分

駅で鎌を所持 厚労省の職員逮捕

厚生労働省の職員がJR富士駅で正当な理由が無いのに刃渡りおよそ13センチの鎌を所持していたとして銃刀法違反の疑いで14日逮捕されました。

 逮捕されたのは厚生労働省名古屋検疫所の中部空港検疫所支所の職員、深津一恵容疑者(34)です。
 警察によりますと深津職員は14日午後1時半ごろJR富士駅で正当な理由が無いのに刃渡り13センチの鎌を所持していたとして銃刀法違反の疑いが持たれています。
 深津職員は、電車の車内で複数の乗客と口論になったため、駅員に改札口付近まで連れ出され、駆けつけた警察官が深津職員が持っていたリュックサックを調べたところ中から鎌が見つかり、その場で逮捕したということです。
 深津職員は調べに対し、「護身用に持ち歩いていた」などと容疑を認めているということです。
 警察は詳しいいきさつを調べています。
 厚生労働省名古屋検疫所は「誠に遺憾であり、今後、警察の捜査に協力して参ります。事実関係を確認し、厳正に対処します」としています。

傷害容疑で自衛官逮捕 静岡

産経新聞
2019年2月10日(日)11時39分

傷害容疑で自衛官逮捕 静岡

 静岡県警御殿場署は10日、コンビニの駐車場で居合わせた男性を殴り、けがをさせたとして、傷害の疑いで、同県小山町須走、陸上自衛隊富士駐屯地所属の自衛官、近藤真彦容疑者(37)を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は10日午前4時15分ごろ、御殿場市新橋のコンビニ駐車場で、東京都の柔道整復師の男性(25)の顔を殴るなどし、けがを負わせたとしている。

 同署によると、近藤容疑者は10日は休みで、当時、酒に酔っていたという。男性とは面識がなかった。殴られた男性がその場で署に通報した。

パワハラで減給

共同通信
2019年1月18日(金)16時00分

パワハラで静岡県職員減給、部下は自殺

 静岡県は18日、部下に暴言を吐くなどのパワーハラスメントをしたとして課長級の男性職員(59)を減給の懲戒処分にした。部下は2017年3月に自殺した。

記事検索
最新トラックバック
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ