静岡県

富士市職員が無免許運転

産経ニュース
2018年1月17日(水)15時51分

富士市職員 7年間無免許運転で停職処分 静岡

 静岡県富士市は、約7年間無免許のまま公用車や自家用車を運転していたとして、資産経営課の男性職員(33)を停職6カ月の懲戒処分にしたと発表した。処分は15日付。

 職員は運転免許を取得したことがないが、平成23年ごろから自家用車で通勤しており、月に数回公用車を運転することもあった。同市では抜き打ちで免許証の確認を行っているが、この職員は公用車を運転する頻度が低く、発見できなかった。

 昨年12月に市立中学教諭が道路交通法違反(無免許運転)で逮捕されたことを受け、市が全職員を対象に免許証の確認調査を実施し、発覚した。


静岡県無免許が運転

産経ニュース
2018年1月14日(日)18時20分

静岡県危機情報課長を無免許運転で逮捕 平成26年から更新せず

 乗用車を無免許で運転し通行禁止違反をしたとして、静岡県警浜北署は14日、道路交通法違反(無免許運転など)の疑いで、同県危機情報課長の藤田和久容疑者(54)=静岡市駿河区鎌田=を現行犯逮捕した。同署によると、藤田容疑者は「平成26年から免許を更新していない」と容疑を認めている。

 逮捕容疑は同日午後0時半ごろ、浜松市浜北区内で乗用車を無免許で運転し、通行禁止違反をしたとしている。

 同署によると、右折禁止の市道交差点を藤田容疑者が右折したのをパトロール中の同署員が見つけ、無免許運転が発覚した。

 藤田容疑者の逮捕を受け、伊藤篤志県経営管理部長は「このような事態を招いたことを大変深刻に受け止めている。綱紀の厳正保持を徹底し、厳正に対処していく」とのコメントを発表した。

女子中学生の水着盗む 巡査部長を逮捕

静岡新聞
2017年12月7日(木)07時50分

県警巡査部長を逮捕 静岡の中学校で水着窃盗容疑

 静岡市内の中学校で女子生徒の水着を盗んだとして、県警は6日、窃盗の疑いで県警警備課の巡査部長(29)=同市葵区=を逮捕した。

 容疑者の自宅からは18歳未満の女児の裸が写った児童ポルノも見つかり、県警は児童買春・ポルノ禁止法違反(単純所持)容疑でも立件する方針。

 逮捕容疑は7月12日午後4時10分ごろから午後6時15分ごろまでの間、静岡市内の中学校の屋外通路に置いてあった女子生徒の水着など6点が入ったバッグ(6100円相当)を盗んだ疑い。県警によると、容疑を認めている。

 県警監察課によると、容疑者が児童ポルノを所持している疑いが浮上し、11月に自宅を捜索したところ、女子生徒の水着が見つかった。容疑者は当日は勤務日だった。女子生徒と面識はなかったという。県警は今後、余罪についても調べる。

 容疑者は2006年に警察官になり、今年春から県警警備課で勤務していた。

 県警の高橋靖警務部長は「誠に遺憾で被害者と県民の皆さまに深くおわび申し上げる。捜査結果を踏まえ、厳正に対処する」とコメントした。

続きを読む
記事検索
最新トラックバック
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
QRコード
QRコード
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ