兵庫県

警察官が自分の娘にわいせつ行為

神戸新聞
2018年9月1日(土)06時00分

娘にわいせつ容疑、40代巡査長を逮捕 兵庫県警

 10代の娘にわいせつな行為をしたとして、兵庫県警が監護者わいせつの疑いで、県東部の警察署に勤務する40代の巡査長の男を逮捕していたことが31日、捜査関係者への取材で分かった。

 男は監護者としての影響力を利用し、わいせつな行為をした疑いが持たれている。娘は児童相談所に保護されているという。児相から通報を受けた県警が8月30日に男を逮捕した。容疑を認めているという。

 親などの監護者が立場を利用し、18歳未満の者に対してわいせつな行為に及ぶ「監護者わいせつ罪」は、「監護者性交等罪」とともに昨年7月施行の改正刑法で新設された。暴行や脅迫がなくても成立し、同法で旧強姦(ごうかん)罪から改められた強制性交等罪などと同様、被害者からの告訴がなくても起訴することができる。

買春目的で少女に現金、兵庫・西宮市の男性係長を停職

産経WEST
2018年8月31日(金)09時22分

買春目的で少女に現金、兵庫・西宮市の男性係長を停職

 兵庫県西宮市は30日、家出中の少女にみだらな行為をしようと現金を支払ったとして、児童買春・ポルノ禁止法違反(買春)容疑で逮捕された建築指導課の男性係長(52)を停職1カ月の懲戒処分にした。

 同市によると、男性係長は平成28年12月、無料通信アプリで知り合った中学3年生の少女=当時(15)=に現金3万円を渡し、大阪府内のホテルでみだらな行為をしようとしたとして、昨年12月に大阪府警に逮捕された。大阪地検岸和田支部は今年3月、嫌疑不十分で不起訴とした。

 係長は市の聞き取りに「18歳未満と知らなかった。金は払ったが、性行為はしていない」と話しているという。市は「規範意識が欠けていた。綱紀粛正を徹底したい」としている。

姫路市職員を逮捕 プールで女性触った疑い

ytv 読売テレビ
2018年08月27日(月)11時51分

姫路市職員を逮捕 プールで女性触った疑い

 兵庫県姫路市の市民プールで26日、女性の下半身を触ったとして、姫路市役所の職員の男が逮捕された。

 兵庫県の迷惑防止条例違反の疑いで逮捕されたのは、姫路市役所・下水道整備室の職員、小田茂博容疑者(61)。小田容疑者は、26日午後5時ごろ、姫路市民プールで、17歳の女性の下半身を触った疑いが持たれている。

 現場は、人工の波を楽しむプールで、警察によると、大勢の客が波に揺られている中、水中に潜って近づいてくる小田容疑者に女性の友人が気づき、犯行を目撃したため、警察に通報した。小田容疑者は、調べに対し、「一切触れていません」などと容疑を否認しているという。

記事検索
最新トラックバック
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
QRコード
QRコード
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ