千葉県

詐欺の受け子か19歳消防士逮捕

NHK NEWS WEB
2018年02月04日(日)11時59分

詐欺の受け子か19歳消防士逮捕

千葉市の70歳の男性から現金1000万円をだまし取ろうとしたとして、東京消防庁深川消防署の19歳の消防士が、詐欺未遂の疑いで逮捕されました。
警察は、詐欺グループが関わっているとみて調べています。

警察によりますと、今月、千葉市緑区の70歳の男性の自宅に息子を名乗る男から「会社から金を借りたが、監査が入ることになった。返さなければならないので、1000万円貸してほしい」などと電話があったということです。
男性が、息子に確認の電話をしてうそと分かり、警察が、現金の受け渡し場所の千葉市のJR土気駅に現れた男を詐欺未遂の疑いで逮捕しました。
警察によりますと、逮捕されたのは、東京消防庁深川消防署に勤務する19歳の消防士で、調べに対し、容疑を認めているということです。
警察は、詐欺グループが関わっているとみて事件のいきさつを調べています。
東京消防庁は「事実の詳細は確認中ですが、確認できしだい、厳正に対処します」とコメントしています。

父親殺害の鴨川市職員に懲役3年

産経ニュース
2018年2月1日(木)14時11分

父親に暴行し死なす 鴨川市職員の男に懲役3年判決 千葉地裁

 平成28年8月、自宅で同居する父親=当時(71)=に暴行し死なせたとして、傷害致死罪に問われていた千葉県鴨川市職員の森住繁被告(43)=休職中=に対する判決公判が31日、千葉地裁であった。野原俊郎裁判長は「犯行態様が執拗(しつよう)で悪質であったとはいえない」として、懲役3年(求刑懲役6年)を言い渡した。

横領で船橋市職員を懲戒免職

千葉日報
2018年2月2日(金)05時00分

船橋市職員、横領で免職 市管理の口座から77万円

 船橋市は1日、市救急医療シンポジウム実行委員会の口座などから約77万円を横領したとして、健康福祉局健康政策課、横松一也主事(31)を同日付で懲戒免職処分にしたと発表した。

 市によると、横松主事は昨年8~11月、複数回にわたって市が事務局を務める同実行委員会などの銀行口座からチラシ、ポスターの印刷代など約77万円を引き出しながら支払いにあてず、着服したという。

 先月12日に印刷業者が代金未払いがあると市に問い合わせ、横領が発覚した。同15日になって横松主事が全額を返還した。市は刑事告訴について警察と相談している。

 横松主事は、横領した金を生活費や旅行代に使ったと話しているという。

 健康福祉局の女性参事ら計5人の管理監督責任を問い、処分した。松戸徹市長は「市民の信頼を裏切り、大変申し訳なく、心からおわびする。適正な事務執行と職員の服務規律を徹底させ、市民の信頼回復に努める」とコメントした。

記事検索
最新トラックバック
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
QRコード
QRコード
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ