千葉県

酒酔い運転で壁に衝突

読売
2021年04月14日(水)09時56分

消防司令長、生ビール数杯飲み車を運転…民家の壁にぶつかる

 千葉県警木更津署は10日、木更津市消防署の消防司令長の男(50)(千葉県袖ケ浦市のぞみ野)を道交法違反(酒酔い運転)容疑で現行犯逮捕した。

 発表によると、男は10日午後10時30分頃、袖ケ浦市蔵波の市道で、酒に酔った状態で乗用車を運転した疑い。

 民家の壁にぶつかる事故を起こし、駆け付けた署員による呼気検査でアルコールが検出された。調べに「店で生ビールを数杯飲んだ後、帰ろうと車を運転した」と容疑を認めている。

 高岡禎暢・木更津市消防長は「誠に申し訳ない。二度とないよう、交通法令の順守の徹底、綱紀粛正を図り、信頼の回復に努める」とのコメントを出した。

消防署の職員 飲酒運転で逮捕 千葉 袖ケ浦

NHK NEWS WEB
2021年04月11日(日)12時01分

消防署の職員 飲酒運転で逮捕 千葉 袖ケ浦

10日夜、千葉県袖ケ浦市で消防署の職員が酒を飲んで車を運転したとして逮捕されました。

逮捕されたのは、木更津市消防署の警防隊主幹、鴇田英成容疑者(50)で、袖ケ浦市内で酒を飲んで車を運転した疑いがもたれています。
警察によりますと、10日午後10時半ころ、袖ケ浦市蔵波で「民家に車が突っ込んでいる」と近所の人から通報があり、警察が現場に駆けつけたところ、民家のブロック塀に乗用車が衝突しているのが見つかったということです。
鴇田警防隊主幹は、「飲食店でビールを3杯から4杯飲んだあと車を運転したと」と供述し、容疑を認めているということで、警察は詳しい経緯を調べています。
木更津市消防本部の高岡禎暢消防長は、「飲酒運転の不祥事が判明し誠に申し訳ございません。職員には二度とこのようなことがないよう交通法令の順守の徹底と綱紀粛正をはかって信頼の回復に努めます」とコメントしています。

無断欠勤

千葉日報
2021年4月2日(金)05時00分

無断欠勤293日 習志野市、37歳男性職員を懲戒免

 再三の指導にもかかわらず無断欠勤を293日重ね、療養休暇の対象と判断できる診断書も提出していないとして、習志野市は1日、健康福祉部生活相談課の男性主事(37)を懲戒免職処分にしたと発表した。処分は3月26日付。本人には文書の送付で通知した。

 市によると、男性は連絡が取れた際には体調不良で出勤できないと説明した日もあったが、2019年5月16日以降は一度も出勤せず、会えていないという。

 18年にも35日間の無断欠勤で停職3カ月の懲戒処分を受けていた。市は医療機関の受診と診断書の提出を再三要請したが、昨年5月に一度だけ提出された診断書は、自宅などでの療養が必要との内容ではなく、市が医師による面談機会を設けても来なかったという。

 14年に社会福祉士資格を持つ専門職として採用。市は、勤務上の悩みの申し出はなかったとしている。

記事検索
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ