福井県

飲酒運転 福井県職員を逮捕

読売
2019年12月23日(月)11時10分

県職員が飲酒運転、信号待ちの車に追突…「事故のことはよく覚えていない」

 飲酒運転して人身事故を起こしたとして、福井県警福井署は23日、県森づくり課の課長補佐の男を自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致傷)、道路交通法違反(酒気帯び)両容疑で逮捕した。「事故当時のことはよく覚えていない」と容疑を一部否認している。

 発表によると、男は22日午後6時5分頃、福井市宝永の県道で、酒を飲んで乗用車を運転し、交差点で信号待ちをしていた同市の飲食店従業員男性(62)の車に追突して男性の首などに軽傷を負わせた疑い。事故後の検査で、男の呼気から基準値(1リットル当たり0・15ミリ・グラム)以上のアルコール分が検出された。

 姫川祐一・県人事課長は「誠に遺憾で、深くおわび申し上げる。事実を確認した上で厳正に対処したい」とコメントしている。

娘殺害の疑いで市職員の女を起訴

福井新聞
2019年11月20日(水)午後5時00分

娘殺害の疑いで市職員の女を起訴
共謀した死亡の夫は書類送検、福井

 福井県永平寺町の住宅で親子2人の遺体が見つかった事件で、福井地検は11月18日、夫と共謀して娘を殺害した殺人罪で勝山市職員、中川洋子容疑者(47)=同市=を起訴した。裁判員裁判の対象となる。県警は19日、殺人の疑いで夫=当時(45)=を容疑者死亡のまま書類送検した。

 地検は洋子被告について、9月17日から11月12日まで約2カ月間鑑定留置を実施。鑑定結果を踏まえて刑事責任を問えると判断した。

 起訴内容は、夫と共謀し9月2日夜、長女=当時(13)=の首にロープを巻き付けて窒息死させたとされる。

 洋子被告は9月3日、福井署などに殺人容疑で逮捕された。夫は住宅の2階で首をつった状態で見つかった。県警によると、洋子被告は逮捕後、「夫が娘の首を絞めた」「娘を殺して自分たちも死ぬつもりだった」という趣旨の供述をしていた。


警部が警察手帳紛失

福井新聞
2019年5月28日(火)午前7時00分

警察手帳なくして本部長訓戒処分
40代男性警部、今も見つからず

 福井県警が、警察手帳を紛失した40代男性警部を本部長訓戒処分にしていたことが5月27日分かった。県警監察課によると、手帳は今も見つかっていないが悪用された形跡はない。

 同課によると、警部は3月に警察署から本部交通部へ異動した際に手帳を紛失した。処分は4月19日付。

 県警は紛失が明らかになった後、全警察官に手帳の所持確認の徹底を求めている。

記事検索
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ