福井県

雪に埋もれ死亡の男性 110番するも警察が道路管理者に伝えず

NHK NEWS WEB
2018年2月10日(土)5時13分

雪に埋もれ死亡の男性 110番するも警察が道路管理者に伝えず

福井県坂井市の国道で今月7日、雪に埋もれた車の中で一酸化炭素中毒で死亡した男性が「身動きが取れない」と警察に通報しましたが、その情報は道路を管理する福井県に伝えられていなかったことが県と警察への取材でわかりました。県は「連絡があれば対応できた可能性がある」と話しています。

記録的な大雪となった今月7日夜、福井県坂井市の国道364号線で雪に埋もれた車の中で、富山県の19歳の男性が一酸化炭素中毒で死亡しているのが見つかりました。

男性はその9時間ほど前に「雪山に乗り上げ動けない」と110番通報し、これに対し警察は「除雪業者が向かっているので待っていてください」と伝えたということですが、警察はその情報を道路を管理する福井県に伝えていなかったことが県と警察への取材でわかりました。

県などによりますと、本来、大雪での立往生などの情報は警察から道路管理者に連絡する運用になっているということです。

また、この現場の近くではほかにも車が立往生し、県から委託を受けて除雪作業をしていた業者が通報からおよそ4時間後に偶然、雪に埋もれた男性の車を見つけていましたが、外からは車の中の人の姿は見えず、別の車の除雪作業のためその場を離れたということです。

道路を管理する県三国土木事務所はNHKの取材に対して、「男性からの通報について連絡を受けていれば対応できた可能性がある」と話しています。

福井県警察本部は「この日の午前中に現場近くからあった2件の立往生に関する通報については福井県に連絡をしていたが、死亡した男性からの通報については連絡をしていなかった。詳しい状況やいきさつを調べて今後の対応を検討したい」と話しています。

陸士長を逮捕 飲酒検査を妨害

産経WEST
2018年1月7日(日)11時36分

飲酒検査の風船捨てる 陸上自衛官を逮捕

 福井県警鯖江署は、警察官の飲酒検査を妨害したとして、公務執行妨害の疑いで陸上自衛隊鯖江駐屯地(同県鯖江市)の陸士長、北山裕基容疑者(21)=同市吉江町=を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は6日午後11時ごろ、鯖江市の市道で同署交通課の巡査(32)らによる飲酒検査中、自身の呼気が入った風船を奪って破り捨てたとしている。

 鯖江署によると、巡査らは北山容疑者からの「物損事故を起こした」との110番で現場に行き、同容疑者から酒の臭いがしたため呼気検査をした。逮捕後の検査で基準値を超えるアルコールが検出された。

 駐屯地司令の木村恒之2等陸佐は「厳正な規律維持の指導を徹底していく」とコメントした。

住居手当不正受給で職員夫婦をクビ

福井新聞
2017年12月26日(火)午前7時20分

県職員夫婦が住居手当を不正受給
8年間で255万円、懲戒免職

 福井県は25日、8年間にわたり住居手当計255万1500円を不正受給していたとして、福井県立病院薬剤師、高嶋尚未企画主査(38)と、夫の地域農業課、章敬企画主査(37)を懲戒免職処分とした。賃貸借契約書や通帳の写しなど申請書類を偽造しており、県は「計画的で悪質な行為」としている。

 県人事企画課によると、妻は独身だった2008年4月、実母が所有している福井市内のマンションに、所有の事実を知らず居住し、県に住居手当を申請。実母が偽造した賃貸借契約書を県に提出し、月額2万7千円を受給し始めた。10年4月に実母から賃借していないことを聞かされたが、県に報告せずに不正に受給を続けた。

 11年11月に夫と結婚し、このマンションで同居を始めた。13年1月に妻が育児休業取得、夫は手当を継続させるため受給者を自身に変更。その際に不正を知ったが、親族から賃借しているように見せかけた賃貸借契約書と、家賃を支払っているように偽造した通帳の写しを県に申請し、転出した16年3月まで受給し続けた。

 住居手当は月額2万7千円を上限に支給している。県会計課が年1回、手当の検認を行っているが、提出する通帳は写しでよく、家賃の引き落とし部分以外は黒塗りすることを認めていた。14、15年の検認時にも、夫は通帳の写しを偽造していた。

記事検索
最新トラックバック
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
QRコード
QRコード
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ