福井県

福井県警本部長が交通違反

NHK NEWS WEB
2020年07月07日(火)06時49分

福井県警本部長が交通違反

福井県警察本部の聖成竜太本部長が、ことし5月、勤務時間外に福井市内で車を運転した際、通行が禁止されている道路を走行して交通違反切符を切られていたことがわかりました。

福井県警察本部監察課によりますと、聖成本部長はことし5月に福井市内で車を運転していたところ、通行が禁止されている道路を走行したとして現場にいた警察官に検挙され、交通違反の青切符を切られたということです。

聖成本部長は当時、勤務時間外で自分の車を運転していたということで、その後、反則金として7000円を納めたということです。

監察課は、これまで明らかにしなかった理由は、「発表するような内容ではないと判断した」としています。

福井県警察本部の聖成本部長は「取り締まる側のトップとして県民のみなさまには申し訳ない」とコメントしています。

福井県議がカラ出張

共同通信
2020年2月8日(土)02時00分

福井県議、カラ出張44回か
政務活動費280万円受給

 福井県の石川与三吉県議(89)=自民=が2013~16年度に44回、現地に足を運ばないカラ出張を繰り返し、政務活動費計約280万円を不正に受給した疑いがあることが7日、分かった。石川氏は共同通信の取材に「現地に行っていない」とする一方、「誰かが誤って(出張に関する)書類を作成、提出したのかもしれない。不正という指摘があるなら返還したい」と述べた。

 政活費の不正受給は一時、各地の議会で問題になり、詐欺事件にも発展した。石川氏も捜査を受ける可能性がある。

 福井県は条例に基づき、過去6年分の政務活動費の支払いに関する書類を公表している。

続きを読む

飲酒運転 福井県職員を逮捕

読売
2019年12月23日(月)11時10分

県職員が飲酒運転、信号待ちの車に追突…「事故のことはよく覚えていない」

 飲酒運転して人身事故を起こしたとして、福井県警福井署は23日、県森づくり課の課長補佐の男を自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致傷)、道路交通法違反(酒気帯び)両容疑で逮捕した。「事故当時のことはよく覚えていない」と容疑を一部否認している。

 発表によると、男は22日午後6時5分頃、福井市宝永の県道で、酒を飲んで乗用車を運転し、交差点で信号待ちをしていた同市の飲食店従業員男性(62)の車に追突して男性の首などに軽傷を負わせた疑い。事故後の検査で、男の呼気から基準値(1リットル当たり0・15ミリ・グラム)以上のアルコール分が検出された。

 姫川祐一・県人事課長は「誠に遺憾で、深くおわび申し上げる。事実を確認した上で厳正に対処したい」とコメントしている。

記事検索
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ