福井県

越前署の警部補を書類送検

福井新聞
2018年5月19日(土)午前7時20分

警官署内侵入、女性履物におい嗅
「好意持っていた」、県警書類送検

 福井県警越前署の30代男性警部補が深夜、女性署員の履物のにおいを嗅ぐ目的で同署内の事務室に侵入したとして、県警が5月18日、男性警部補を建造物侵入の疑いで書類送検したことが分かった。県警は同日、警部補を本部長訓戒処分とし、警部補は容疑を認めて辞職した。

 県警監察課によると、警部補は当直勤務中だった2月下旬の深夜、マスターキーを使って施錠、消灯されていた事務室に侵入。女性の履物のにおいを嗅いだり私物を触ったりした疑いがある。以前にも事務室から出てくる警部補を見て不審に感じた別の署員が室内にビデオカメラを設置、一連の行為が映っていたため発覚した。

 関係者によると、行為は約1分間にわたった。警部補は係長で、当直幹部としてマスターキーを持てる立場を悪用したとみられる。

 警部補は調べに対し「女性に好意を持っていた」と供述。「浅はかなことをしてしまい、深く反省している」と話しているという。

 監察課は「においを嗅ぐ行為自体は刑罰法令に触れるものではないが、警察官としてふさわしい行為ではない。本来の目的以外で事務室に入ることは建造物侵入罪に該当しうる」としている。

 警部補は事件発覚後休んでいた。県警は18日、当時の署長と副署長の監督責任を問い、口頭で厳重注意した。

不正事務処理で懲戒処分

福井新聞
2018年3月23日(金)午前7時00分

上司名の印鑑購入し不正事務処理
敦賀市職員を懲戒処分

 上司名の印鑑を勝手に購入するなどして計16件の公金支出文書に決裁印を押印したとして、福井県敦賀市は3月22日、危機管理対策課の男性係長(39)を減給10分の1(3カ月)の懲戒処分とした。公金の不正支出はなかったことから刑事告訴は検討していない。

 市によると係長は、2016年度に行われた西浦小中と常宮小の放射線防護システムの各点検業務で、業者への支出に向けた起案書作成を失念。17年1~2月に当時の市民生活部長や危機管理対策課長の印鑑に似た印影のものを購入したり、同課員の印鑑を無断で持ち出したりするなど、不正に事務処理を行った。

 係長は手書きで印影をまねたりするなど、その後もさらに14件の会計伝票などへの無断押印を行った。内部調査に係長は「上司に怒られるのが嫌だった」と話しているという。昨年12月、同じ課の職員が伝票を整理した際、印影がおかしいことに気付き、不正が発覚した。

 市は22日会見を開き、刀根茂総務部長が「公務員としてあるまじき信用を失墜する行為。深くおわび申し上げる」と陳謝した。再発防止の具体策として▽決裁印を厳重に管理する▽公文書は課全体で管理する-などを挙げた。

 監督責任を問い、市民生活部長と危機管理対策課長を総務部長口頭訓告に、農林水産振興課長と危機管理対策課長補佐を厳重注意とした。

雪に埋もれ死亡の男性 110番するも警察が道路管理者に伝えず

NHK NEWS WEB
2018年2月10日(土)5時13分

雪に埋もれ死亡の男性 110番するも警察が道路管理者に伝えず

福井県坂井市の国道で今月7日、雪に埋もれた車の中で一酸化炭素中毒で死亡した男性が「身動きが取れない」と警察に通報しましたが、その情報は道路を管理する福井県に伝えられていなかったことが県と警察への取材でわかりました。県は「連絡があれば対応できた可能性がある」と話しています。

記録的な大雪となった今月7日夜、福井県坂井市の国道364号線で雪に埋もれた車の中で、富山県の19歳の男性が一酸化炭素中毒で死亡しているのが見つかりました。

男性はその9時間ほど前に「雪山に乗り上げ動けない」と110番通報し、これに対し警察は「除雪業者が向かっているので待っていてください」と伝えたということですが、警察はその情報を道路を管理する福井県に伝えていなかったことが県と警察への取材でわかりました。

県などによりますと、本来、大雪での立往生などの情報は警察から道路管理者に連絡する運用になっているということです。

また、この現場の近くではほかにも車が立往生し、県から委託を受けて除雪作業をしていた業者が通報からおよそ4時間後に偶然、雪に埋もれた男性の車を見つけていましたが、外からは車の中の人の姿は見えず、別の車の除雪作業のためその場を離れたということです。

道路を管理する県三国土木事務所はNHKの取材に対して、「男性からの通報について連絡を受けていれば対応できた可能性がある」と話しています。

福井県警察本部は「この日の午前中に現場近くからあった2件の立往生に関する通報については福井県に連絡をしていたが、死亡した男性からの通報については連絡をしていなかった。詳しい状況やいきさつを調べて今後の対応を検討したい」と話しています。

続きを読む
記事検索
最新トラックバック
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
QRコード
QRコード
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ