京都新聞
2020年7月5日(日)19時51分

消防士が飲酒運転、国道ガードレール衝突

 京都府警福知山署は5日、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで、福知山市消防本部の消防士(25)=京丹後市=を逮捕した。

 逮捕容疑は同日午前3時20分ごろ、福知山市下天津の国道175号で乗用車を飲酒運転し、ガードレールに衝突した疑い。

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
京都新聞
2020年7月30日(木)20時13分

酒気帯び事故の25歳消防士を懲戒免職に コロナで家族以外と飲食自粛要請中

 福知山市消防本部(京都府福知山市)は30日、道交法違反(酒気帯び運転)で逮捕された福知山消防署東分署の男性消防士(25)を懲戒免職にしたと発表した。同本部は新型コロナウイルスの感染拡大を受けて家族ら以外との飲食を自粛するよう職員に求めていたが、男性消防士を含む職員5人が会食に同席していたことが分かり、4人を戒告などの処分とした。

 同本部によると、5人は4日夜、市内で知人らと計10人で会食した。男性消防士は別の店で一人で飲酒後、車で帰宅中の5日午前3時20分ごろ、福知山市内でガードレールに衝突した。

 同本部は職員のうち2人は指導的立場や会食を主催した責任があるとして戒告、他の2人は訓告とした。管理監督責任があるとして上司4人も戒告とした。

 水口学消防長は「信頼を著しく損なう行為でおわびする。改めて全職員に対して法令順守を徹底し、再発防止に取り組む」とコメントした。