埼玉新聞
2020年6月20日(土)

児童ポルノを製造、消防士を処分 児童自らが撮影の裸の画像、携帯電話に送信させ保存/深谷市消防本部

 深谷市消防本部は19日、児童ポルノを製造した消防士の主事補(24)を停職6カ月の懲戒処分にしたと発表した。主事補は同日付で依願退職した。

 同消防本部によると、主事補は18歳に満たない児童と知りながら、児童が自ら撮影した裸の画像を携帯電話に送信させて保存し、児童ポルノを製造したとして児童ポルノ禁止法違反の疑いで今年1月20日に逮捕、今月5日に罰金20万円の略式命令を受けていた。