読売
2020年01月16日(木)10時39分

免停中に報告せず救急車6回運転、消防士を懲戒免職

 免許停止期間中に救急車を運転したとして、岩手県花巻市は花巻北消防署の男性消防士(26)を14日付で懲戒免職処分にした。

 市によると、消防士は昨年6月、金ヶ崎町の東北自動車道を自家用車で走行した際、時速147キロを出して30日間の免許停止処分を受けたが、報告せずに9~10月の免停期間中に計6回、救急出動時に救急車を運転した。花巻区検は昨年12月24日、道路交通法違反で略式起訴した。

 市は監督者責任も問い、市消防本部の消防監1人と消防司令長2人を減給10分の1(1か月)の懲戒処分とした。上田東一市長は「消防職員に対し運転免許証の保持・有効期限確認を1か月に1度行うなどして再発防止に取り組んでいく」とのコメントを発表した。