テレビ長崎
2019年12月4日(水)18時50分

不倫繰り返した警察官を本部長訓戒処分 職場の事務職員含む2人の女性と…【長崎】

結婚しているにも関わらず職場の事務職員を含む2人の女性と不倫したとして、長崎県警は30代の男性巡査長を本部長訓戒処分としました。

11月11日付けで本部長訓戒処分を受けたのは県南の警察署に勤務する30代の男性巡査長です。

長崎県警監察課によりますと、男性巡査長は既婚者ですが、おととし7月ごろから今年10月ごろまでの間に、妻とは別の2人の女性と不倫していたということです。

今年9月、男性巡査長が職場の上司に「一般女性と不倫をしていました」と申し出ました。

その後の調査で男性巡査長は同じ警察署に勤務する20代の女性事務職員とも不倫していたことが発覚しました。

20代の女性事務職員は11月11日付けで本部長・所属長注意の処分を受けています。

長崎県警監察課は「再発防止策に全力で取り組み(長崎)県民の信頼回復に努めていく」とコメントしています。