テレビ西日本
2019年11月12日(火)20時30分

「衝動を抑えられなかった」30代陸自一等陸尉 飲食後に路上で女性の体触る 停職60日 福岡県

陸上自衛隊福岡駐屯地は、路上で見知らぬ女性の体を触ったとして、30代の男性自衛官を停職の懲戒処分としました。

12日付けで停職60日の懲戒処分を受けたのは、福岡駐屯地に所属する30代の男性1等陸尉です。

この1等陸尉は2018年8月の深夜、福岡市の路上で見知らぬ女性の体を触ったとして警察に摘発されていました。

福岡駐屯地によりますと1等陸尉は、同僚と食事をしたあと1人で帰宅中だったということで、聞き取りに対し「酒を飲んでいて衝動を抑えられなかった」と話しているということです。

その後被害者の女性と示談が成立したため、1等陸尉は不起訴処分となっています。

福岡駐屯地は「自衛官として、また一社会人として、順守すべき事項について厳しく徹底する」とコメントしています。