日刊スポーツ 
2018年11月8日(木)17時10分

電車内で女子高生に痴漢容疑で区役所職員を逮捕

広島東署は8日、電車内で女子高校生の尻を触ったとして、県迷惑防止条例違反の疑いで、広島市佐伯区役所職員の竹内康彦容疑者(63=同市安佐南区)を現行犯逮捕した。「スカートに触れたことは間違いないが痴漢をしたつもりはない」と容疑を否認している。

逮捕容疑は8日午前7時45分ごろ、広島市東区の新交通システム「アストラムライン」不動院前駅に停車中の電車内で、女子高校生(18)の尻を服の上から触った疑い。

10月下旬にこの生徒が通う高校の関係者から「生徒2人が痴漢にあった」と同署に相談があり、警察官が張り込んでいた。