日テレNEWS24
2018年8月8日(水)18時49分

盗撮、児童ポルノ販売の交通局職員を懲戒免職 名古屋市(愛知県)

 名古屋市は8日、記者会見を開き、市交通局職員の懲戒免職処分を発表しました。発表によると、懲戒免職処分を受けたのは、名古屋市交通局市バス緑営業所の職員・長谷川弘被告(39)。長谷川被告は、兵庫県の入浴施設で女児を盗撮し、児童ポルノ画像を販売したなどとして今年4月と6月に起訴されていました。また、今年7月、地下鉄走行中に業務と関係ない本を読んだとして、交通局の男性車掌を8日付で停職3か月の懲戒処分としました。