岩手日報
2018年05月15日(火)

女性にみだらな行為、陸士長停職処分 陸自岩手駐屯地

 陸上自衛隊岩手駐屯地は14日、18歳未満の女性にみだらな行為をしたとして、同駐屯地第9高射特科大隊の男性陸士長(19)が停職7日の懲戒処分を受けたと発表した。陸士長は退職を申し出ている。

 同駐屯地によると、陸士長は2017年8月中旬、県内で、会員制交流サイト(SNS)で知り合った18歳未満の女性にみだらな行為をし、携帯電話に女性のわいせつな画像を数点保存していた。

 仙台中央署によると、陸士長は入隊前の児童買春・ポルノ禁止法違反の容疑で18年1月に同署が逮捕し、送検した。同駐屯地によると、この逮捕が端緒となり、今回の行為が発覚した。